このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    本試験に棲む魔物(1)
    【新しい電子書籍】


    NEW!!! 平成10年~平成26年までの民法の重要判例をすべて示しています。すべての問題について一問一答形式の設問付きです。
       民法の重要判例[平成10年-平成26年]


    * この電子書籍の紹介については,この記事をご参照ください。


    □ 平成26年会社法改正基本通達完全対応問題集
    □ 商業登記規則等の一部改正の解説  
    □ 商業登記規則61条2項~4項の解説
    □ 平成26年会社法等一部改正の解説
    □ 平成26年会社法等一部改正一問一答問題集




    【直近の企画】

     補欠役員の論点(1)
     補欠役員の論点(2)

     区分建物の罠(1)
     区分建物の罠(2)
     区分建物の罠(3・完)

     昭和VS平成(1)
     昭和VS平成(2)
     昭和VS平成(3)
     昭和VS平成(4・完)

     定款の自動変更(1)
     定款の自動変更(2)
     定款の自動変更(3・完)





     こんにちは。

     皆さんは,本試験に棲む魔物に遭遇したことはありますか?

     すなわち,信じられないケアレスミス,覚えているはずなのに思い出せない事項,信じられない思考過程,名前等の書き忘れなど,普段の学習の中ではあり得ないミスをしたことはありませんか?


     僕は,皆さんと一緒に,この魔物を捕獲したいと考えています。


     といっても,現場で捕獲することは無理なので,今この時期に捕獲です。


     つまり,魔物というミスを先に挙げておき,正確な知識を習得しておこうということです。


     ただし,すべての魔物を捕獲することは難しいので,魔物の習性をできるだけイメージで掴むことが大切です。

     
    <魔物の捕獲>


    1 業務執行取締役については,責任制限の定めを設けることができない(会社法427条1項)。

         ↓

    2 非取締役会設置会社においては,定款に別段の定めがない限り,各取締役が業務執行権を有する(会社法348条1項)。

         ↓

    3 申請会社の定款には,別段の定めはない(答案作成に当たっての注意事項)。

         ↓

    4 非取締役会設置会社においては,取締役の全員が業務執行取締役であるため,責任制限の定めを設けることができない。



     
     皆さん,<魔物の捕獲>には,魔物がいますか?

     魔物を見つけたなら,捕獲してください。


     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!! 
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト