このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    本試験前夜
    【新しい電子書籍】


    NEW!!! 平成10年~平成26年までの民法の重要判例をすべて示しています。すべての問題について一問一答形式の設問付きです。
       民法の重要判例[平成10年-平成26年]


    * この電子書籍の紹介については,この記事をご参照ください。


    □ 平成26年会社法改正基本通達完全対応問題集
    □ 商業登記規則等の一部改正の解説  
    □ 商業登記規則61条2項~4項の解説
    □ 平成26年会社法等一部改正の解説
    □ 平成26年会社法等一部改正一問一答問題集




    【お知らせ】

     平成27年度司法書士筆記試験 解答速報会

       sokuhoukai.png
       * クリックするとリンク先に飛びます。




     
     こんばんは@ホテルです。

     今晩のホテルは,朝食無料です。

     今はシャワーして呑んでます。

     そう,本試験前日でも呑みます(受験生の頃はほぼ呑んでいません。)。

     なぜなら,呑まないと眠れない…。


     皆さんは,何していますか?


     もう眠れている人を,眠れない皆さんは羨ましく思っているのではないでしょうか?

     
     でも,もう良いじゃないですか?


     この時間帯までくれば,バタバタする必要もないので,眠れなくても寝転んで体休めて,ゴロゴロ寝返りして,気がついたら朝ですよ。

     「いよいよ明日だな~。」とか,そういうことを思う必要も,もうありません。

     とにかく「無」を意識して(何か宗教っぽいですが,僕は無宗教者です。),朝まで乗り切るって感じ。

     まあ,明日になったら,獰猛な本試験ハンターになって欲しいですけど。

     
     もうちょっと書いて良いですか?


     僕が,自分が担当する講座の最後に説明することです。


     あのね,よく商業登記法の記述式問題の添付書面欄とかを書く段階,すなわち,16時近くになって,「最後まで諦めない!!!」とか思って,ひたすら書き続ける受験生の方がいらっしゃいます(実際の本試験を受験しているので。)。

     でもね,現実的に考えて,それではダメです。

     僕は,思う。


     「なぜもっと早い段階で諦めない気持ちを出さなかった?


     「もっと早い段階」,それは,午前の部です。


     なぜなら,商業登記法の記述式問題は,不動産登記法の記述式問題の影響を受けるし,不動産登記法の記述式問題は午後の部の択一式問題の影響を受けるし,午後の部の択一式問題は午前の部の択一式問題の影響を受けるからです。


     もう本試験が開始したら,


     フルスロットルで,解きぬけてください。


     皆さんには,「温存」などという言葉はありません。


     本試験の問題を全力で仕留めよう。

     
     では,また。

     朝もブログ更新する予定です。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!  
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト