FC2ブログ
    このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    挑発に乗るのは来週にしよう
    【シリーズ】

     【追記あり】平成27年度司法書士試験(1)-基準点予想
     平成27年度司法書士試験(2)-解法の重要性
     平成27年度司法書士試験(3)-商業登記法の記述式問題(兼任禁止の論点の変遷)
     平成27年度司法書士試験(4)-出題予想
     平成27年度司法書士試験(5)-会社法・商業登記規則の改正論点の出題
     平成27年度司法書士試験(6)-供託規則の改正論点の出題
     平成27年度司法書士試験(7)-問題文の訂正
     【追記あり】【重要】平成27年度司法書士試験(8)-募集株式の発行による変更の登記はできない!?
     平成27年度司法書士試験(9)-募集株式の発行による変更の登記の可否
     平成27年度司法書士試験(10)-商業登記法の記述式問題の出題形式等
     平成27年度司法書士試験(11)-午後の部第25問エの正誤
     平成27年度司法書士試験(12)-動産・債権譲渡特例法の出題
     平成27年度司法書士試験(13)-商業登記法の択一式問題の出題分野
     平成27年度司法書士試験(14)-不動産登記法の記述式問題(なぜ譲渡する根抵当権の極度額を増額したのか?)
     平成27年度司法書士試験(15)-不動産登記法の記述式問題(フェイク)
     【予告】平成27年度司法書士試験(16)-ひっかけ
     平成27年度司法書士試験(16)-ひっかけ  




    【夏のイベント等】

     7月12日(日) 14:00~16:30 第1回奨学生選抜試験  TAC渋谷校

     7月20(月・祝) 14:00~16:00 本試験分析セミナー  TAC渋谷校

     8月1日(土) 11:00~12:30 平成28年度本試験対策 会社法・商業登記法&記述式対策  TAC小倉校

     8月1日(土) 16:00~17:30 平成28年度本試験対策 会社法・商業登記法&記述式対策  TAC熊本校

     8月2日(日) 11:00~12:30 平成28年度本試験対策 会社法・商業登記法&記述式対策  TAC福岡校

     8月12日(水) 18:30~20:00 中上級者のための合格の方法論  TAC渋谷校

     8月18日(火) 19:00~20:30 第1部:本試験分析セミナー 第2部:中上級者のための合格の方法論  TAC梅田校

     8月21日(金) 18:30~21:30 択一式対策講座【理論編】民法第1回 無料公開講座  TAC渋谷校

     8月22日(土) 17:30~18:30 弱点克服講座ガイダンス「よく深く知る!会社法学習のコツ&苦手意識を克服しよう!」  TAC渋谷校

     8月23日(日) 11:00~12:30 平成28年度本試験対策 会社法・商業登記法&記述式対策  TAC名古屋校



     

     こんばんは。

     まだまだ無敵の司法書士の「2015年本試験完全解説」を執筆中。

     ということで,今日は簡潔に。

     


     松本先生のブログに以下の記事がアップされています。
     

       【追記あり】午前択一の全肢の分析表をアップします!平成27年度司法書士試験
       今日は午後択一の全肢の分析表をアップします!平成27年度司法書士試験


     その中で「上記のような表を分析会で配布するのは,姫野先生と私くらいです」とあるので,これを勝手に挑発として受け止め,僕の資料の提供等についてお知らせしようと思います。


     僕の資料には,過去問からの出題率択一式対策講座【理論編】からの出題率の2種類があります。


     まず,過去問からの出題率ですが,例年どおり,正確さにこだわりました。

     すなわち,過去問の知識だけで解ける問題に限定し,類推して解けるものは含めていません。

     また,組合せをフル活用します。


     次に,択一式対策講座【理論編】からの出題率です。

     これはよく誤解されるのですが,こちらは,すべての問題の各設問について,テキストの該当箇所を示し,すべての設問の90%以上がテキストに掲載されているという内容です。


     具体的には,午前の部は176設問(※)中169設問を的中させたため的中率は96%,午後の部は175設問中160設問を的中させたため的中率は91.4%です。
    ※ 第3問の設問の数を6個と計算しています。


     特に注意していただきたいのは,


     過去問からの出題率とは異なり,「過去問で解けるでしょ?」とか,「組合せを利用した場合」とか,そういうのは,一切なしです。


     なぜなら,「過去問で解けるでしょ?」は,純粋にテキストからの出題率の調査になっていませんし,「組合せを利用した場合」だと組合せ方に左右されるテキストということになり,安心して使えませんから。


     以上の僕の資料ですが,まず,過去問からの出題率については,7月20日(月)にTAC渋谷校で実施される本試験分析セミナーのレジュメで公開し,択一式対策講座【理論編】からの出題率については,8月12日(水)にTAC渋谷校で実施される中上級者のための合格の方法論のレジュメで公開します。

     これらのガイダンスは,TAC動画チャンネルで視聴でき,そこでレジュメもダウンロードできると思いますが,このブログでもレジュメを公開する予定です。

     皆さんの平成27年度司法書士試験の分析を完結させることができるガイダンス+レジュメですので,ご期待ください。


     今日は記事を書きませんでしたが,僕は,今でも平成27年度司法書士試験と対峙しています。

     でも,なかなか以下の記事を超える分析はできません。 

       参考: 平成27年度司法書士試験(14)-不動産登記法の記述式問題(なぜ譲渡する根抵当権の極度額を増額したのか?)

     これをクリアできれば,過去問の使い方がかなり広がるというか,次に試験委員がアレンジしそうな過去問が見えてきます。
     

     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!  
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
     
    スポンサーサイト