このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    弱点克服講座が開講しました。
    【公開中の動画】

     2015年本試験分析セミナー
       動画: TAC動画チャンネル

     中上級者のための合格の方法論
       動画: TAC動画チャンネル

     択一式対策講座【理論編】民法第1回
       動画: TAC動画チャンネル

     弱点克服講座ガイダンス「よく深く知る!会社法学習のコツ&苦手意識を克服しよう!」
       動画: TAC動画チャンネル



     
     
    【販売中の電子書籍】

    □ 平成28年度司法書士試験対策【答案作成に当たっての注意事項集】
             DLmarketで購入
     参考: 紹介記事である「続・ほんまに分かって作ってるん?」をお読みください。


    □ 平成27年商業登記規則改正通達完全対応問題集
              DLmarketで購入
     参考: 紹介記事である「平成27年商業登記規則改正通達完全対応問題集」をお読みください。





     こんばんは@渋谷です。

     今日は,弱点克服講座【会社法編】第1回と択一式対策講座【理論編】民法第7回の講義でした。

     弱点克服講座【会社法編】第1回の講義では,監査等委員会設置会社指名委員会等設置会社及び株式会社の計算等を説明しました。

     論点の理解も重要ですが,まずは,「苦手」・「弱点」の本質を掴んでください。詳しくは,講義にて。

     択一式対策講座【理論編】民法第7回では,担保物権に本格的に突入しました。

     第7回のメイン論点は,物上代位でした。 

     本試験で出題される可能性がある物上代位の話は,全部しました。あとは,皆さんが理解して,暗記する番です。

     


     択一式対策講座【理論編】民法第7回において,同一の論点を題材とする推論問題の出題実績を示しました。

     平成16年度から平成27年度までの12回の司法書士試験の民法の出題において,同一の論点が出題されなかったのは,12回中4回です。

     ただ,その4回のうち2回は,そもそも民法の推論問題自体が出題されていないのため,同一の論点が出題されなかったのは,実質的には12回中2回です。


    skitch.png


     これでも,過去問集の推論問題を見て,「もう答えが分かるから,この問題はとばそう。」といいますか?


     前に書いたことがありますし,また書こうと思いますが,

     過去問というのは,

     答えを覚えているのは当然であって,答えを覚えてからが,本当の過去問の演習・分析です。


     過去問を繰り返す必要はないという意見も理解できますが,僕は,基礎講座時代に夢中で繰り返した過去問は,合格のために絶対役立っていると思います。

     
     では,また。 
     

     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!! 
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト