このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    試験委員の記述式問題作成時の視点
     【ガイダンス】

     テーマ: 本試験の的中率が実証する「択一式対策講座実践編」&記述式対策講座「体験講義」
     

     場所・日時
     2015年
      12月19日(土) 17時半~19時 TAC渋谷校

     2016年
      1月10日(日) 14時~15時半 TAC神戸校
      1月11日(月) 14時~15時半 TAC梅田校
      1月18日(月) 19時~20時半 TACなんば校
      1月24日(日) 14時~15時半 TAC高松校



    【新規講座】

     重要先例総Check講座

     詳しくは,この記事をお読みください。



    【販売中の電子書籍】

    [セット]
    NEW!!! 
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度から平成27年度までの択一式問題】

    NEW!!! 
    □ 司法書士試験の過去問【平成27年度択一式試験】

    NEW!!! マイナンバー法関連の改正対策
    □ 【セット】マイナンバー法関連の登記法令の解説
    (個別) マイナンバー法関連の不登令及び不登規の改正の解説
         マイナンバー法関連の商登法及び商登規の解説(別紙付)


    □ 平成28年度司法書士試験対策 答案作成に当たっての注意事項集
             DLmarketで購入
     参考: 紹介記事である「続・ほんまに分かって作ってるん?」をお読みください。


    □ 平成27年商業登記規則改正通達完全対応問題集
              DLmarketで購入
     参考: 紹介記事である「平成27年商業登記規則改正通達完全対応問題集」をお読みください。


    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
              DLmarketで購入

    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降)
              DLmarketで購入

    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降)
              DLmarketで購入



    【公開中の動画】

     2015年本試験分析セミナー
       動画: TAC動画チャンネル

     中上級者のための合格の方法論
       動画: TAC動画チャンネル

     択一式対策講座【理論編】民法第1回
       動画: TAC動画チャンネル

     弱点克服講座ガイダンス「よく深く知る!会社法学習のコツ&苦手意識を克服しよう!」
       動画: TAC動画チャンネル

     秋から始める2016年度本試験対策
       動画: TAC動画チャンネル

     答練を活用した合格の戦略
       動画: TAC動画チャンネル

     本試験の的中率が実証する「択一式対策講座実践編」&記述式対策講座「体験講義」
       動画: TAC動画チャンネル



       
     こんばんは@渋谷です。

     今回は,試験委員の記述式問題作成時の視点について,簡単に書いてみようと思います。

     試験委員が記述式問題を作成する場合,まず,出題する論点を決定します。

     次の,具体的な問題の作成を始めるわけですが,その際,出題する論点を隠すという視点があります。

     そう,論点は隠さないと,全員が正解できてしまうため,論点として機能しないことになります。
     でも,隠しすぎるのは問題。誰も正解できないと,これまた,論点として機能しないことになります。

     …。

     なぜこんな調子になったことを書いたのかというと,最近,商業登記法の記述式問題において絶対に示さなければならない「取締役の任期」を隠すことができないかを考えたからです。

     もちろん,通常の任期である約2年であれば,問題文に何も書かなければ良いわけですが,これは,色々な意味で面白くないので,この場合は除外です。

     で,考えた結果は…

     司法書士の聴取記録等に,以下の記述をしておくこと。


     ○○○○株式会社には,剰余金の配当等を取締役会が決定する旨の定款の定めがある。



     
     会社法459条1項により,剰余金の配当等を取締役会が決定する旨の定款の定めがあるということは,取締役(監査等委員会設置会社にあっては監査等委員である取締役以外の取締役に限る。)の任期は約1年ということになります。

     
     僕は,日々こういうことを考えながら過ごしています。


     記述式問題の出題手法を徹底的に分析して,解法をより精緻なものにしていきます。


     来週は,記述式対策講座が開講します。

     まずは,不動産登記法から。

     ご期待ください。

     
     なお,登記名義人の表示の変更の登記に関する情報を「隠す」ことについては,以下の記事の中の【登記名義人の表示の変更を示す情報 】というシリーズに書いているので,ぜひお読みください。

     【まとめ】登記名義人の表示の変更の登記に関する記事

     
     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!記述式対策講座に不安がある皆さん,クリックをお願いします!!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
     
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する