このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    順位の変更の登記と官公署との関係
     【新規講座】

     重要先例総Check講座

     詳しくは,この記事をお読みください。



    【販売中の電子書籍】

    [セット]
    NEW!!! 
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度から平成27年度までの択一式問題】

    NEW!!! 
    □ 司法書士試験の過去問【平成27年度択一式試験】

    NEW!!! マイナンバー法関連の改正対策
    □ 【セット】マイナンバー法関連の登記法令の解説
    (個別) マイナンバー法関連の不登令及び不登規の改正の解説
         マイナンバー法関連の商登法及び商登規の解説(別紙付)


    □ 平成28年度司法書士試験対策 答案作成に当たっての注意事項集
             DLmarketで購入
     参考: 紹介記事である「続・ほんまに分かって作ってるん?」をお読みください。


    □ 平成27年商業登記規則改正通達完全対応問題集
              DLmarketで購入
     参考: 紹介記事である「平成27年商業登記規則改正通達完全対応問題集」をお読みください。


    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
              DLmarketで購入

    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降)
              DLmarketで購入

    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降)
              DLmarketで購入



    【公開中の動画】

     2015年本試験分析セミナー
       動画: TAC動画チャンネル

     中上級者のための合格の方法論
       動画: TAC動画チャンネル

     択一式対策講座【理論編】民法第1回
       動画: TAC動画チャンネル

     弱点克服講座ガイダンス「よく深く知る!会社法学習のコツ&苦手意識を克服しよう!」
       動画: TAC動画チャンネル

     秋から始める2016年度本試験対策
       動画: TAC動画チャンネル

     答練を活用した合格の戦略
       動画: TAC動画チャンネル

     本試験の的中率が実証する「択一式対策講座実践編」&記述式対策講座「体験講義」
       動画: TAC動画チャンネル

     択一式対策講座[実践編]
       動画: TAC動画チャンネル

     収録講師が語るここだけの話!~今年の本試験はこうなる~
       動画: TAC動画チャンネル





     おはようございます@渋谷です。

     昨日は,3コマ8時間半の講義をやりました。まだまだ行けまっせ。

     今回は,真面目に論点解説やりましょう。

     扱うのは,「順位の変更の登記と官公署との関係」についてです。

     なお,順位の変更の登記については,択一式・記述式ともに,出題可能性があるサイクルにあります。

     「順位の変更の登記と官公署との関係」で考えておかなければならないのは,申請方式登記識別情報登録免許税についてです。

     過去問番号も併せて示しますので,「えっ,過去問にあるんや!?」と驚きとともに,過去問をきっちり仕上げる必要性に気付いていただきたいと思います。


    1 申請方式

     順位の変更の登記の当事者に官公署が含まれている場合には,官公署は,他の当事者の承諾証明情報を提供して,順位の変更の登記を「嘱託」することができます。。この場合,官公署の登記済証又は登記識別情報を提供することを要しません(登記研究474号P142)。

      なお,後記のとおり,順位の変更の登記を「申請」することもできるが,この場合には,官公署の登記識別情報又は登記済証を提供しなければなりません(登記研究366号P87)。


    2 登記識別情報

     前記のとおり,申請人の「一部」に官公署を含む順位の変更の登記の「申請」情報と併せて,その官公署の登記識別情報を提供しなければなりません(登記研究366号P87)【H3-16-3】。

     これに対して,「官公署のみ」が申請人となって順位の変更の登記を「申請」する場合には,登記識別情報の提供を要しません(登記研究474号P142)。


     登記識別情報についてだけ,ちょっとしたまとめを。

     順位の変更の登記を「嘱託」する場合:常に登記識別情報は不要
     順位の変更の登記を「申請」する場合:申請人の「一部」が官公署のときは,登記識別情報の提供が必要
     順位の変更の登記を「申請」する場合:申請人の「全部」が官公署のときは,登記識別情報の提供は不要




    3 登録免許税

     順位を変更する抵当権者の「一部」に官公署が含まれている場合は,登録免許税は課せられます(昭48.10.31民事三8188号,登記研究385号P83)【H13-11-オH3-28-1S57-24-3】。

     これに対して,順位の変更をする抵当権者の「全部」が官公署である場合には,非課税です(登記研究314号P67)。


     以上です。


     今後も,こういうコンパクトな論点解説・まとめをやっていきたいと思います。


     未出知識は,既出知識と絡めて覚えるのが一番です。

     なぜなら,出題される未出知識は,既出知識の周辺知識であるからです。



     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!コンパクトな論点解説・まとめを読みたい皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    いつもは択一理論編のテキストをまわしているので、直前期にこのような比較、まとめは個人的にとても助かります!

    有難うございます!
    2016/04/30(土) 10:07:31 | URL | ドルトムント #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    こちらこそ,いつも読んでいただきありがとうございます!

    > いつもは択一理論編のテキストをまわしているので、直前期にこのような比較、まとめは個人的にとても助かります!
    >
    > 有難うございます!
    2016/05/01(日) 21:54:00 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する