このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    背信的悪意者と転得者
     【新規講座】

     重要先例総Check講座

     詳しくは,この記事をお読みください。



    【販売中の電子書籍】

    [セット]
    NEW!!! 
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度から平成27年度までの択一式問題】

    NEW!!! 
    □ 司法書士試験の過去問【平成27年度択一式試験】

    NEW!!! マイナンバー法関連の改正対策
    □ 【セット】マイナンバー法関連の登記法令の解説
    (個別) マイナンバー法関連の不登令及び不登規の改正の解説
         マイナンバー法関連の商登法及び商登規の解説(別紙付)


    □ 平成28年度司法書士試験対策 答案作成に当たっての注意事項集
             DLmarketで購入
     参考: 紹介記事である「続・ほんまに分かって作ってるん?」をお読みください。


    □ 平成27年商業登記規則改正通達完全対応問題集
              DLmarketで購入
     参考: 紹介記事である「平成27年商業登記規則改正通達完全対応問題集」をお読みください。


    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
              DLmarketで購入

    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降)
              DLmarketで購入

    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降)
              DLmarketで購入



    【公開中の動画】

     2015年本試験分析セミナー
       動画: TAC動画チャンネル

     中上級者のための合格の方法論
       動画: TAC動画チャンネル

     択一式対策講座【理論編】民法第1回
       動画: TAC動画チャンネル

     弱点克服講座ガイダンス「よく深く知る!会社法学習のコツ&苦手意識を克服しよう!」
       動画: TAC動画チャンネル

     秋から始める2016年度本試験対策
       動画: TAC動画チャンネル

     答練を活用した合格の戦略
       動画: TAC動画チャンネル

     本試験の的中率が実証する「択一式対策講座実践編」&記述式対策講座「体験講義」
       動画: TAC動画チャンネル

     択一式対策講座[実践編]
       動画: TAC動画チャンネル

     収録講師が語るここだけの話!~今年の本試験はこうなる~
       動画: TAC動画チャンネル



     
     
     こんばんは@渋谷です。

     今日は,択一式対策講座【実践編】供託法・司法書士法第2回の講義でした。

     供託法大好き!以上!!


     



     今回は,民法の話です。

     「背信的悪意者と転得者」といえば,

     背信的悪意者が出現した後,非背信的悪意者である転得者が出現する事例が有名です。

     この点については,最判平8.10.29が以下のとおり判示しています。


     所有者甲から乙が不動産を買い受け,その登記が未了の間に,丙が当該不動産を甲から二重に買い受け,更に丙から転得者丁が買い受けて登記を完了した場合に、たとい丙が背信的悪意者に当たるとしても,丁は,乙に対する関係で丁自身が背信的悪意者と評価されるのでない限り,当該不動産の所有権取得をもって乙に対抗することができる。




     この判例がすごいのは,その出題実績です。

     H11-13で推論問題で問われた後,H16-11-イ,H17-8-ウ,H24-7-ウで出題されています。






     でも,僕は,そんな誰でも分かることを書きたいわけではありません。

     僕が書きたいのは,

     非背信的悪意者が出現した後,背信的悪意者である転得者が出現する事例

     です。

     「そんな事例知らない?」

     いや,それは,おかしい。

     S61-21で出題されていますから。


     昭和61年度一次試験第21問
    ※ このS61-21カッコ良いでしょ?当時の問題を,表現まで含めて現代風に仕上げています。


     非背信的悪意者が出現した後,背信的悪意者である転得者が出現する事例についての判例は,皆さんのお手持ちの過去問集を見ていただければ分かりますが,東京高判昭57.8.31です。

     この東京高判昭57.8.31は,この事例について,以下のとおり判示しました。


     信義則の理念に基づいて背信的悪意者を登記制度の庇護の下から排斥しようとする法理であるから,登記欠缺者と当該背信的悪意者間の法律関係について相対的に適用されるべきものであり,善意の中間取得者の介在によって,その適用が左右される性質のものではない。




     皆さんは,こう思うでしょう?


     「高裁判例を題材に推論問題を作成するなんて,おかしい!」


     もっともな意見です。


     でも,東京高判昭57.8.31は,出題しても全く問題ないんです。


     それは,東京高判昭57.8.31は,その後,上告され,最高裁が,例文で,上告を棄却しているからです。

     いわゆる,三行決定です。

     つまり,東京高判昭57.8.31は,ある意味,最高裁判例です。

     
     ということで,東京高判昭57.8.31は,出題しても全く問題ありません。


     



     今晩も過去問分析は尽きません。
     

     では,また。
     
     
     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!民法の判例の確認がしたい皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016/05/06(金) 09:14:13 | | #[ 編集]
    Re: タイトルなし
    執行供託は深くやればやるほど面白いですよ!誕生日おめでとうございます!

    > ずっと大嫌いだった執行供託が少し面白く感じられてきた今日この頃…
    > これも姫野効果?
    > 今日は勉強三昧の誕〇日にするぞ!
    2016/05/06(金) 23:13:22 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    渋い問題だ(笑)
    先生のメジャー論点の脇にそっと潜んでる論点をすくい上げる渋い過去問セレクト好きです(笑)楽しませて頂きました。頭使う問題はやはり楽しいですね。民法推論近いうちにまた全部解きなおして遊んでみますね。@カプセルホテルからコメントしてみました。ではでは。
    2016/05/06(金) 23:28:24 | URL | kei #-[ 編集]
    Re: 渋い問題だ(笑)
    今日も講義お疲れ様でした!カプセルホテルからありがとうございます。民法推論の解き直しは,直前期にふさわしい対策だと思います。

    > 先生のメジャー論点の脇にそっと潜んでる論点をすくい上げる渋い過去問セレクト好きです(笑)楽しませて頂きました。頭使う問題はやはり楽しいですね。民法推論近いうちにまた全部解きなおして遊んでみますね。@カプセルホテルからコメントしてみました。ではでは。
    2016/05/07(土) 00:24:54 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する