このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    記述式問題解答時間短縮プロジェクト(2)
    【新規講座】

     重要先例総Check講座

     詳しくは,この記事をお読みください。



    【販売中の電子書籍】

    [セット]
    NEW!!! 
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度から平成27年度までの択一式問題】

    NEW!!! 
    □ 司法書士試験の過去問【平成27年度択一式試験】

    NEW!!! マイナンバー法関連の改正対策
    □ 【セット】マイナンバー法関連の登記法令の解説
    (個別) マイナンバー法関連の不登令及び不登規の改正の解説
         マイナンバー法関連の商登法及び商登規の解説(別紙付)


    □ 平成28年度司法書士試験対策 答案作成に当たっての注意事項集
             DLmarketで購入
     参考: 紹介記事である「続・ほんまに分かって作ってるん?」をお読みください。


    □ 平成27年商業登記規則改正通達完全対応問題集
              DLmarketで購入
     参考: 紹介記事である「平成27年商業登記規則改正通達完全対応問題集」をお読みください。


    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
              DLmarketで購入

    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降)
              DLmarketで購入

    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降)
              DLmarketで購入



    【公開中の動画】

     2015年本試験分析セミナー
       動画: TAC動画チャンネル

     中上級者のための合格の方法論
       動画: TAC動画チャンネル

     択一式対策講座【理論編】民法第1回
       動画: TAC動画チャンネル

     弱点克服講座ガイダンス「よく深く知る!会社法学習のコツ&苦手意識を克服しよう!」
       動画: TAC動画チャンネル

     秋から始める2016年度本試験対策
       動画: TAC動画チャンネル

     答練を活用した合格の戦略
       動画: TAC動画チャンネル

     本試験の的中率が実証する「択一式対策講座実践編」&記述式対策講座「体験講義」
       動画: TAC動画チャンネル

     択一式対策講座[実践編]
       動画: TAC動画チャンネル

     収録講師が語るここだけの話!~今年の本試験はこうなる~
       動画: TAC動画チャンネル





     こんばんは。

     記述式問題解答時間短縮プロジェクトを進めましょう。

     ただし,少しずつ。

     この超直前期の大切な時間を使うわけですから,皆さんの中にしっかり染み込むように。

      
     記述式問題解答時間短縮プロジェクト(1)

     
     前回書いたことを確認します。


     記述式問題の解答は,通常,論点検討作業を行い,次に,答案作成作業を行う。
     そのため,解答時間の短縮方法を検討するに当たっても,論点検討作業時と答案作成作業時に分けて考える。




     今回は,論点検討作業時間の短縮方法について。


     誰でも分かることですが,これは厄介すぎる問題です。


     どうしても判断に躊躇し,何度も何度もページをめくってしまい(※),圧倒的に時間が浪費されます。

     ※ 僕は,毎年本試験の現場で,受験生の方が記述式問題を解いている時間帯に択一式問題を解いていますが,凄い音がしていますよ。バサバサバサバサバサバサバサバサ…。

     
     この状態への対策としては,「記述式問題用の知識をできるだけ多く正確に押さえておく。」というものがありますが,この対策,今回の企画として,不適切です。

     なぜなら,この企画は,平成28年度司法書士試験の現場における記述式問題の解答時間の短縮方法を検討するものであるからです。


     では,現場において何をするのか?


     「勇気を持って躊躇なく判断し,その判断の結果を貫く。」


     これができれば良いのですが,無理でしょう。

     例えば,2番抵当権者が担保不動産収益執行の手続の申立てをした場合,1番根抵当権の元本は確定しますか?
     例えば,会社更生法上の一定の罪を犯し,刑に処せられた日から3年を経過した者は,取締役となることができますか?
     
     こういう判断って,やっぱり迷いますよね。


     この企画は,あくまで一般的な受験生の方のために,記述式問題の解答時間の短縮方法を検討する企画ですから,誰でも簡単に本試験の現場でできるものでなければなりません。


     現場においては,「判断の躊躇」,「ページの複数回めくり」は,なくせません。


     したがって,それらを前提とする解き方をすべきです。


     そこで僕が提案する方法は,次のとおりです。


     (続く)


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!続きが気になる皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016/06/01(水) 01:15:03 | | #[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016/06/01(水) 11:04:00 | | #[ 編集]
    Re: タイトルなし
    > nさんへ。

     返信が遅くなってごめんなさい。気にする価値もないミスですが,職員の方の態度は問題です。ごめんなさい。
    2016/06/01(水) 15:05:11 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016/06/01(水) 22:04:59 | | #[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する