このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    【解決済】謎の登記先例
    【新規講座】

     重要先例総Check講座

     詳しくは,この記事をお読みください。



    【販売中の電子書籍】

    [セット]
    NEW!!! 
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度から平成27年度までの択一式問題】

    NEW!!! 
    □ 司法書士試験の過去問【平成27年度択一式試験】

    NEW!!! マイナンバー法関連の改正対策
    □ 【セット】マイナンバー法関連の登記法令の解説
    (個別) マイナンバー法関連の不登令及び不登規の改正の解説
         マイナンバー法関連の商登法及び商登規の解説(別紙付)


    □ 平成28年度司法書士試験対策 答案作成に当たっての注意事項集
             DLmarketで購入
     参考: 紹介記事である「続・ほんまに分かって作ってるん?」をお読みください。


    □ 平成27年商業登記規則改正通達完全対応問題集
              DLmarketで購入
     参考: 紹介記事である「平成27年商業登記規則改正通達完全対応問題集」をお読みください。


    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
              DLmarketで購入

    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降)
              DLmarketで購入

    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降)
              DLmarketで購入



    【公開中の動画】

     2015年本試験分析セミナー
       動画: TAC動画チャンネル

     中上級者のための合格の方法論
       動画: TAC動画チャンネル

     択一式対策講座【理論編】民法第1回
       動画: TAC動画チャンネル

     弱点克服講座ガイダンス「よく深く知る!会社法学習のコツ&苦手意識を克服しよう!」
       動画: TAC動画チャンネル

     秋から始める2016年度本試験対策
       動画: TAC動画チャンネル

     答練を活用した合格の戦略
       動画: TAC動画チャンネル

     本試験の的中率が実証する「択一式対策講座実践編」&記述式対策講座「体験講義」
       動画: TAC動画チャンネル

     択一式対策講座[実践編]
       動画: TAC動画チャンネル

     収録講師が語るここだけの話!~今年の本試験はこうなる~
       動画: TAC動画チャンネル




     

     こんばんは。

     いきなりですが,不動産登記法の択一式問題において,1つの申請情報による申請の論点は,出題可能性が高いと思います。

     この1つの申請情報による申請の論点において,随分と前から理解できない登記先例があります。

     それが,以下の登記先例です。


     売買による所有権の移転の登記の申請情報と併せて提供された印鑑証明書を,その前提登記である所有権の登記名義人の住所の変更の登記の申請情報と併せて提供する住所証明情報としてこれを援用することができる(昭48.1.29民三817号)。




     以下の書籍によると,この先例は,「住所証明情報として提供された印鑑証明書を同時に申請する所有権の移転の登記の登記義務者の印鑑証明書とする方法として,1件目に住所証明情報として提供した印鑑証明書について原本還付の手続をし,2件目の所有権の移転の登記の申請情報と併せてその原本を提供する取扱い」を示しているようです。



    * 「2」が刊行される予定なし…。


     僕の知識だと,印鑑証明書には住所の履歴は記載されないため,印鑑証明書は名変登記の変更証明情報にはならないと思うのですが,なぜ上記登記先例は,名変登記の変更証明情報として印鑑証明書を添付することを認めているのでしょうか?


     昔から色々調べてはいるのですが,いまだに理由が分かっていません。

     謎の登記先例です。


    【追記】 「通りすがり」さんからコメントをいただきました。昔の印鑑証明書は,同一の市町村内での住所移転があった場合には,旧住所が抹消され,新住所が併記される取扱いだったようです。この取扱いであれば,住所の履歴が確認できるため,印鑑証明書が名変登記の変更証明情報になりますね。


     最後に,この時期,意外と大切なことを。


     登記先例は,ワンダーランドな部分があります。

     今は,理解よりも暗記を優先させてください。

     
     では,また。
     

     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!1つの申請情報による申請をチェックしていただける皆さん,クリックお願いします!!!宜しくお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    ご参考
    昔の印鑑証明書は、同一の市町村内での住所移転があった場合、旧住所を横線で抹消し、上部に新住所を記載し、横に住所移転年月日が記載されていたように思います。
    2016/06/10(金) 07:34:31 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
    全く疑問に思っていませんでした!
    言われてみればその通りですね。
    所有権保存、所有権移転の際に、住所証明情報として印鑑証明書の記載を援用できる事から、同じ住所証明情報として、法務省が安易に承認してしまったんでしょうか?(笑)
    2016/06/10(金) 07:56:02 | URL | dachshund #-[ 編集]
    Re: 全く疑問に思っていませんでした!
    「通りすがり」さんのコメントの通りのようです。

    > 言われてみればその通りですね。
    > 所有権保存、所有権移転の際に、住所証明情報として印鑑証明書の記載を援用できる事から、同じ住所証明情報として、法務省が安易に承認してしまったんでしょうか?(笑)
    2016/06/10(金) 08:18:12 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: ご参考
    ありがとうございます。長年の疑問が解消されました!

    > 昔の印鑑証明書は、同一の市町村内での住所移転があった場合、旧住所を横線で抹消し、上部に新住所を記載し、横に住所移転年月日が記載されていたように思います。
    2016/06/10(金) 08:18:47 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    お客さんが戸籍の除附票持ってきた場合も使えます。
    除附票は現在の住所の証明をしてる訳ではないと思うので
    1/2で除附票と印鑑証明の原本還付
    2/2の移転で印鑑証明
    ってな感じで使えますでしょうか??
    2016/06/10(金) 13:25:40 | URL | 丸メガネ #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    戸籍の除附票は,履歴が記載されているので,大丈夫ですね!

    > お客さんが戸籍の除附票持ってきた場合も使えます。
    > 除附票は現在の住所の証明をしてる訳ではないと思うので
    > 1/2で除附票と印鑑証明の原本還付
    > 2/2の移転で印鑑証明
    > ってな感じで使えますでしょうか??
    2016/06/10(金) 18:07:55 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する