このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    超直前期の記述式問題対策(1)
    【販売中の電子書籍】

    [セット]
    NEW!!! 
    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度から平成27年度までの択一式問題】

    NEW!!! 
    □ 司法書士試験の過去問【平成27年度択一式試験】

    NEW!!! マイナンバー法関連の改正対策
    □ 【セット】マイナンバー法関連の登記法令の解説
    (個別) マイナンバー法関連の不登令及び不登規の改正の解説
         マイナンバー法関連の商登法及び商登規の解説(別紙付)


    □ 平成28年度司法書士試験対策 答案作成に当たっての注意事項集
             DLmarketで購入
     参考: 紹介記事である「続・ほんまに分かって作ってるん?」をお読みください。


    □ 平成27年商業登記規則改正通達完全対応問題集
              DLmarketで購入
     参考: 紹介記事である「平成27年商業登記規則改正通達完全対応問題集」をお読みください。


    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】
              DLmarketで購入

    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降)
              DLmarketで購入

    □ 平成28年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降)
              DLmarketで購入



    【お知らせ】

    平成28年度司法書士筆記試験 解答速報会  

     kaitousokuhou.jpg
    * クリックするとリンク先に飛びます。





     こんばんは。

     超直前期において最も悩ましいのが,記述式問題対策だと思います。

     詰め込み型の勉強が効果的な択一式問題対策をやりたいのに,記述式問題のことが気になってしまう。

     そんな受験生の方が多いと思います。

     「毎日問題を解く。」等という雑な対策もありますが,僕からすれば,「そんな時間ないやん。」って感じです。

     今回と次回とで,僕なりの超直前期の記述式問題対策を提示したいと思います。






     上記のとおり,超直前期においては,詰め込み型の勉強が効果的ですから,記述式問題対策を考える上でも,詰め込むという点を重視します。

     そうすると,すべき対策はすぐに明らかになります。



     そう,申請情報例(不動産登記)と申請書例(商業登記)の確認作業です。



     とはいっても,僕の勝手な考えでは,申請情報例(不動産登記)は大丈夫であるはず。
     

     大切なのは,申請書例(商業登記)の確認作業です。
     

     平成28年度司法書士試験の最後の問題である商業登記法の記述式問題は,相当苦しい戦いになると考えられます。

     その苦しさが「ただ書ければ良い問題」であった場合には,事前の準備でその出来が決まってしまいます。


     そこで,以下の記事にも書きましたが,通常の設立,委員会系会社(監査等委員会設置会社,指名委員会等設置会社)への移行・逆移行,解散・清算・継続・清算結了,まだ出題されていない組織再編等について,実際に書かないまでも,目は通しておきましょう

     書けば良い(1)
     書けば良い(2・完)


     明日は,超直前期の記述式問題対策のうち論点面について。


     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!超直前期,記述式問題対策も頑張りたい皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する