このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    平成28年度司法書士試験(4)-午後の部第37問(代表取締役の予選)
     【お知らせ】 

    bunsekisemina.jpg
    * クリックすると,Wセミナーの「夏の大イベント開催」のページに進みます。






     おはようございます。


     平成28年度司法書士試験(1)-午前の部第32問5
     平成28年度司法書士試験(2)-基準点予想など
     平成28年度司法書士試験(3)-午後の部第36問(3番抵当権の登記の抹消の登記原因)

     
     今年度の商業登記法の記述式問題の登記不可事項は,代表取締役の予選でした。


    【姫野の実際の問題冊子】H27-37-7.jpg


     予想論点ファイナルチェックでも予想したので,受講生の皆さんが書けてたら嬉しいです。

     「俺(私)は,書けなかった…。」という皆さん,登記不可事項は,それほど配点が高くないとの分析結果があるので,それほど気にしないでください。

      
     



     解答速報会でも申し上げましたが,代表取締役の予選は,これまでに,3回も出題されており(平成20年度,平成14年度,平成8年度),登記不可事項ランキング第1位でした。

     今年度は,吸収分割に絡めて代表取締役の予選を出題している点で,平成14年度の出題手法に近いです。


    【平成14年度司法書士試験二次試験第37問の別紙4】
    H14-37-4.png
     

     商業登記法の記述式問題も,過去問分析をする必要があることを示しています。

     過去問知っていると,絶対ですから。





     
     代表取締役の予選については,このブログでも繰り返し書いています。

     もし,今年の問題で代表取締役の予選に気付くことができなかったり,何と言うか,ご自身の記述式問題の解き方に疑問を感じた方は,以下の記事をお読みください。


    【代表取締役の選定の論点の検討手順】※ タイトルがバラバラですが,以下の順序でお読みください。

    1 平成25年度の記述式問題対策(17)
    2 暴露します(1)
    3 暴露します(2・完)


     

     記述式問題には,解き方(解法)があります。

     時間がなく,焦っているときでも,その解き方(解法)を機械的に当てはめて,淡々と論点を処理していく。

     今年の問題も,解き方(解法)が有効に活用できる問題でした。

     
     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!記述式問題の解法が知りたい皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016/07/04(月) 12:25:36 | | #[ 編集]
    Re: 本試験について
    名無しさん

     僕が何かコメントする余地がないくらいの自己分析です。

     一括申請の可能性を検討できたこと,午前の部の反省,そして,吐きそうになった気持ち。全部,実力がある証拠です。

     僕の経験上,実力者は午後の部の点数が高い傾向にありますよ。

     今年の結果はまだ分かりませんが,絶対合格できます。
    2016/07/04(月) 12:58:20 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    こんにちは。

    結果が午前28の午後27でした。
    書式は不動産登記の3欄一括申請せず、他は大体かけました。
    商業登記は新株予約権の行使を書かず他は大体書けました。
    個人的に微妙なところかなとは思ってます。

    午前の32問目を5にしたのですが、5だと誤りなのでしょうか?
    2016/07/04(月) 14:19:14 | URL | 髭 #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    髭さん

     択一式問題、バランス良く仕上げてきましたね。

     記述式問題次第ですが,長いですよね。

     午前の部第32問5については,以下の記事をお読みください。
     
     http://hiroyukihimeno.blog42.fc2.com/blog-entry-3427.html
    2016/07/04(月) 15:21:09 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    こんにちは、いつもブログ欠かさず見ています
    午前26午後29でした、
    記述は不登枠ズレなしの書き切り、商登も登記不可事項含めて書き切りましたが
    時間切迫で債権者保護書面忘れでした
    午前さえ通ればというところなんですがやはり厳しいでしょうか?

    ところで先生凄いですね
    “ここ出るやん”全部出たやん(笑)
    先取特権も含めて(笑)
    2016/07/04(月) 15:35:11 | URL | 5回目の正直 #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    5回目の正直 さん

     そうですね。午前次第ですね。基準点突破の可能性はあると思います。

     出題予想が当たって嬉しいです!
    2016/07/04(月) 17:46:51 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する