このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    平成28年度司法書士試験(13)-午後の部第21問ウ(平成19年借地借家法改正と事業用借地権)
     【お知らせ】 

    1 2016年度本試験分析セミナー
     7月18日(月・祝) 14:00~16:00 TAC渋谷校

    2 平成28年度本試験分析と記述式問題の解法
     7月30日(土) 11:00~12:30 TAC福岡校
     7月30日(日) 16:00~17:30 TAC熊本校
     8月21日(日) 14:00~15:30 TAC名古屋校
     8月28日(日) 12:00~13:30 TAC徳島校
     8月28日(日) 16:00~17:30 TAC高松校
     9月4日(日)  14:00~15:30 TAC金沢校


    bunsekisemina.jpg
    * クリックすると,Wセミナーの「夏の大イベント開催」のページに進みます。




     

     おはようございます。


     平成28年度司法書士試験(1)-午前の部第32問5
     平成28年度司法書士試験(2)-基準点予想など
     平成28年度司法書士試験(3)-午後の部第36問(3番抵当権の登記の抹消の登記原因)
     平成28年度司法書士試験(4)-午後の部第37問(代表取締役の予選)
     平成28年度司法書士試験(5)-自己採点
     平成28年度司法書士試験(6)-午前の部第30問エ(公開大会社の機関設計)
     平成28年度司法書士試験(7)-過去問の知識のみで正解できる問題の数(民法と商法・会社法)
     平成28年度司法書士試験(8)-午後の部第37問(新株予約権関係論点)
     平成28年度司法書士試験(9)-午後の部第37問(登記不可事項の出題手法)
     平成28年度司法書士試験(10)-午後の部の問題冊子の表紙(消失)
     平成28年度司法書士試験(11)-午後の部第36問(3番抵当権の登記の抹消の登記原因)
     平成28年度司法書士試験(12)-午後の部第15問(極度額の増額と登記上の利害関係を有する第三者)


     受講生の方からご指摘があった点について書こうと思います。

     午後の部第21問ウの平成19年借地借家法改正と事業用借地権に関してです。

     まずは,午後の部第21問ウを確認しましょう。


    H28-21.jpg


    【予備知識】

    借地借家法23条1項の事業用借地権
     存続期間を30年以上50年未満とし,契約の更新及び建物の築造による存続期間の延長がなく,同13条の規定による買取りの請求をしないこととする旨を定めることができるとする借地権
      
    借地借家法23条1項の事業用借地権
     存続期間を10年以上30年未満として,同法3条から8条まで,13条及び18条の規定が適用されない借地権




     午後の部第21問ウに関して,おそらく,試験委員は,平成19年の借地借家法の改正(施行日は,平成20年1月1日)により創設された,同法23条1項の事業用借地権を問う趣旨であると考えられます。

     すなわち,出題の趣旨は,「借地借家法23条1項の事業用借地権は,同条2項の事業用借地権と異なり,存続期間40年でも良いですよね?」というものです。

     これによると,設問ウは,「正しい」です。


     このような出題に対し,鋭い指摘が。


     平成19年改正(施行日は,平成20年1月1日)により創設された借地借家法23条1項の事業借地権を,なぜ平成5年に登記できるのですか?




     これも,たしかに「A司法書士の補助者が登記記録を明らかに誤ってメモしたもの」といえます。

     ただ,他の設問イ及び設問オと異なり,登記事項の内容が誤っているというものではありません。

     また,多くの方が改正があった場合に気にすることがありますよね?

     受験案内書等に記載される,あの文章です。


     houreitekiyoubi.jpg

     
     ということで,僕は,設問ウは,「正しい」と考えます。

     でも,こういう部分に気付くことができるのは,本当にすごいと思います。

     
     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!「俺(私」も全く気付かなかった!という皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    姫野先生こんにちは。
    記述の基準点が不安で毎日が落ち着きません。
    wセミナーの受講生のみなさんで択一の足切りを突破している方々の出来具合はどうなんでしょうか?
    そして先日、LECの荻原講師が去年より基準点は2点ほど落ちるかも??というお話をされました。
    姫野先生の予想ではどのようにお考えになられているのか聞かせていただけると嬉しいです。
    ちなみに僕は択一が午前28午後29でした。
    2016/07/13(水) 00:48:06 | URL | #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    名無しさん

     たしかに名無しさんの点数だと筆記試験の合格発表まで落ち着きませんね。

     僕の回りだと,記述式問題の出来が満足できていない方が多いようです。

     採点基準の分析をしない僕の意見は,訊くだけ無駄だと思います(汗)。
    2016/07/13(水) 10:15:43 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する