このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    試験委員の記述式問題作成能力
     【お知らせ】 

    1 2016年度本試験分析セミナー
     7月18日(月・祝) 14:00~16:00 TAC渋谷校

     以下のサイトで動画をご視聴いただけます。
    honshikenbunsekisemina2.jpg
    * 画像をクリックすると,動画が配信されるサイトへ移動します。


    2 平成28年度本試験分析と記述式問題の解法
     7月30日(土) 11:00~12:30 TAC福岡校
     7月30日(土) 16:00~17:30 TAC熊本校
     8月21日(日) 14:00~15:30 TAC名古屋校
     8月28日(日) 12:00~13:30 TAC徳島校
     8月28日(日) 16:00~17:30 TAC高松校
     9月4日(日)  14:00~15:30 TAC金沢校




     

     こんばんは。
     
     更新が遅くなってごめんなさい。

     ここ数日,平成28年度の不動産登記法の記述式問題の解説を書いています。

     解説は,記述式対策講座で解説する解法に基づき,具体的にどのように問題文を処理していくかを明らかにするものです。

     択一式問題もそうですが,解説を書いていると,問題文を作成するに当たって考慮された点や問題作成者の能力が明らかになります。

     試験委員の記述式問題の作成能力について,皆さんはどう思いますか?

     僕は,色々なところで話していますが,


     試験委員は,記述式問題を

     作り慣れていない反面,作り込める。



     そして,近年の記述式問題は,明らかに「作り込める」という受験生の方にとって悪い面が出ています。

     
     皆さんも思っているはず。

     「答練・模試の記述式問題よりも,平成28年度の記述式問題の方が難しい。」と。


     これは,予備校の人間として,非常に恥ずかしい。


     ただ,予備校側もちゃんと分かっています。


     答練・模試を練習,本試験を本番とすれば,練習の方が本番よりもきついことは当然のことです。

     したがって,平成29年度合格目標の答練・模試で出題される記述式問題のレベルは,かなり上がる気がします。

     

     でも,そんなことはどうでも良い。


     
     僕は,どのような記述式問題でも機械的に解く方法(=解法)をきっちり示します。僕のすることは,それだけです。


     平成29年度本試験に向けて,まだまだ時間があるこの時期だから言いますが,

     答案構成用紙に問題文の要約を書きながら(以下「そういう作業」といいます。)記述式問題を解く受験生の皆さん,そういう作業をしない受験生の方すら時間が足りないのが,現代の記述式問題ですから,そういう作業をする受験生の皆さんが時間内に解くことは非常に難しいです。

     今から平成29年度本試験に向けて,そういう作業をやりながらスピードアップを図るのか,それともそういう作業を止めて別のやり方で解くのか,決めるのは,できるだけ早い時期にお願いします。

     
     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!平成28年度の記述式問題に恐怖を感じる皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    記述式対策について
    姫野先生

    私は,平成28年度合格目標の山本オートマチックのweb通信を受講していた者です。
    姫野先生には,答練と模試の講義でお世話になりました。

    今年の試験は,択一午前27,午後24,記述は不登商登合わせて35点以下(だと思われる)の成績でしたので,答練模試での姫野先生の講義が良かったこともあり,「上級総合本科生(通信)」を受講することを決めました(奨学生選抜試験の結果がでましたら,直ぐに受講申込みます)。

    そこで質問なのですが,「上級総合本科生」の記述式対策講座が始まる来年1月まで,記述式の勉強はどうしたら良いでしょうか?
    1月まで,毎日不登,商登ともに30分ひな形の素振りをするか,姫野先生のモデルノートを読み込むか?
    自分は答案構成用紙を使用するスタイルなので,姫野先生の使用しないスタイルをマスターするため1月まで構成用紙使用スタイルの癖を取るため,本試験形式の問題はしない方がよいか?等も悩んでいます。

    ご多忙のところ恐縮ですが,アドバイス頂けました幸いです。

    よろしくお願い申し上げます。
    2016/07/21(木) 09:30:42 | URL | ジーメー #-[ 編集]
    Re: 記述式対策について
    ジーメー さん

     ご受講ありがとうございます。

     記述式対策ですが,僕が提案させていただく解法は,不動産登記法や商業登記法の論点がちゃんと理解・暗記されていることを前提とするため,択一式対策講座【理論編】不動産登記法や商業登記法の講義を聴き,しっかり復習をし,択一式問題の過去問を演習していただくことをもって,年内の対策としています。

     もちろん,ご自身で考える対策を行っていただいても全く問題ありません。ただし,講義にちゃんとついてきて,講義を理解すれば合格できるように設計していますので,講義の復習をした後の時間で,お願いします。
     
    > 姫野先生
    >
    > 私は,平成28年度合格目標の山本オートマチックのweb通信を受講していた者です。
    > 姫野先生には,答練と模試の講義でお世話になりました。
    >
    > 今年の試験は,択一午前27,午後24,記述は不登商登合わせて35点以下(だと思われる)の成績でしたので,答練模試での姫野先生の講義が良かったこともあり,「上級総合本科生(通信)」を受講することを決めました(奨学生選抜試験の結果がでましたら,直ぐに受講申込みます)。
    >
    > そこで質問なのですが,「上級総合本科生」の記述式対策講座が始まる来年1月まで,記述式の勉強はどうしたら良いでしょうか?
    > 1月まで,毎日不登,商登ともに30分ひな形の素振りをするか,姫野先生のモデルノートを読み込むか?
    > 自分は答案構成用紙を使用するスタイルなので,姫野先生の使用しないスタイルをマスターするため1月まで構成用紙使用スタイルの癖を取るため,本試験形式の問題はしない方がよいか?等も悩んでいます。
    >
    > ご多忙のところ恐縮ですが,アドバイス頂けました幸いです。
    >
    > よろしくお願い申し上げます。
    2016/07/21(木) 13:52:21 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する