このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    平成28年度において初めて示された出題手法
     【お知らせ】 

    1 2016年度本試験分析セミナー
     7月18日(月・祝) 14:00~16:00 TAC渋谷校

     以下のサイトで動画をご視聴いただけます。
    honshikenbunsekisemina2.jpg
    * 画像をクリックすると,動画が配信されるサイトへ移動します。


    2 平成28年度本試験分析と記述式問題の解法
     7月30日(土) 11:00~12:30 TAC福岡校
     7月30日(土) 16:00~17:30 TAC熊本校
     8月21日(日) 14:00~15:30 TAC名古屋校
     8月28日(日) 12:00~13:30 TAC徳島校
     8月28日(日) 16:00~17:30 TAC高松校
     9月4日(日)  14:00~15:30 TAC金沢校





     
     こんばんは。

     最近は時間を見つけて,平成28年度の記述式問題を詳細に分析しています。

     僕も使いますが,「分析」という作業。

     具体的に何をやっているのかイメージできますでしょうか?

     色々とあるのでしょうが,僕の場合は,まずは,まっさらな問題文を用意し(正確には,事務局の方に用意していただく。),そこに,色々と書き込みをしていきます。

     書き込むのは,過去の記述式問題の出題手法や,平成28年度において初めて示された出題手法です。

     平成28年度の不動産登記法においては,以下の点が初めて示された出題手法です。


     1 複雑すぎる申請順序情報(〔事実関係に関する補足〕6)
     2 答案用紙への記載事項の曖昧化(問1~問3)
     3 答案用紙への会社法人等番号の記載
     4 添付情報の選択+特定((答案作成に当たっての注意事項)4(5))








     については,このブログでも色々とまとめていました。

     参考: 【まとめ】申請順序情報

     これにより,申請順序情報の重要性には気付いていただいたとは思うのですが,それにしても複雑すぎる…。

     なお,上記の【まとめ】申請順序情報は,平成29年度用に改訂する予定です。






     については,「よく考えたな~」と感心しました。

     問1にある「登記記録の「権利者その他の事項」欄に記録される事項及び当該記録される事項に含まれない申請人(以下「申請j事項等」という。以下省略)」。

     何が言いたいのか分かりませんでしたが,これって結局,いつも書くことに加えて,『「登記すべき事項」がある場合は,ちゃんとそれも書いてね。』という指示だと思います。

     答案用紙に「登記すべき事項」の項目がある欄を設けてしまうと,それで申請すべき登記や順序が明らかになってしまいますし,逆に,全ての欄に「登記すべき事項」の項目を設けると,受験生の方に「なし」と書かせ過ぎることなる等,そんなことが考慮されたのか?

     
     



     についても,このブログでも色々とまとめていました。

     参考: マイナンバー法関連の不動産登記令及び不動産登記規則の改正が記述式問題に与える影響(1)
         マイナンバー法関連の不動産登記令及び不動産登記規則の改正が記述式問題に与える影響(2・完)

     ここは,答え合わせ的に検証しなければならない部分です。






     についても,素直に感心。でもいざ解き始めると,感心は怒りに。かなり大変な作業です。

     今までの不動産登記法の記述式問題の出題において,答案用紙への添付情報の記載方法の変化は凄いです。

     その変化の話はいつかするとして,添付情報が記号から選択する方式となって数年,これで安定するかと思えば,「添付情報の作成者」の記載が求められました。

     僕自身に対する怒りですが,

     なぜこの程度の出題手法が予想できないっ!!!!!

     自分の想像力の無さが情けないです。


     いつも言い聞かせています。


     既存の記述式問題の出題手法に囚われるな。
     出題手法は無限にある。その中で手堅いものを徹底的に潰せ。 
     





     以上のような新しい出題手法が見られた平成28年度の不動産登記法の記述式問題ですが,僕は,ボリュームが大きすぎる点を除いて,正常進化だと思います。

     試験委員の方は,記述式問題に毎年何らかの変化を持たせたいのだと思います。

     その変化が大幅なものか,又は平成28年度のように正常進化にとどまるのか。

     いずれにしても受験生の方が対応できるように,まずは,しっかりと分析したいと思います。


     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!「記述式問題の分析は姫野に任せた!」という皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
     
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する