このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    【訂正あり】条文を題材とする問題の出題手法(1)
     【お知らせ】 

    1 2016年度本試験分析セミナー
     7月18日(月・祝) 14:00~16:00 TAC渋谷校

     以下のサイトで動画をご視聴いただけます。
    honshikenbunsekisemina2.jpg
    * 画像をクリックすると,動画が配信されるサイトへ移動します。


    2 平成28年度本試験分析と記述式問題の解法
     7月30日(土) 11:00~12:30 TAC福岡校
     7月30日(土) 16:00~17:30 TAC熊本校
     8月21日(日) 14:00~15:30 TAC名古屋校
     8月28日(日) 12:00~13:30 TAC徳島校
     8月28日(日) 16:00~17:30 TAC高松校
     9月4日(日)  14:00~15:30 TAC金沢校






     
     こんばんは。

     予告どおり,条文を題材とする問題の出題手法について考えていきましょう。

     先にお答えしておきます。

     「姫野は,なぜそんなに条文を題材とする問題に対して真面目なのか?」

     それは,条文を題材とする問題の出題手法が分かれば,条文を読むときのポイントが明らかになるからです。


     



     もし皆さんが択一式問題を作成することとなったとしましょう。

     題材とするのは,条文です。

     どんな問題にしますか?

     通常は,条文の文言の一部を変更すると思います。これが,条文問題作成の基本です。

     ちなみに,条文問題作成の応用は,不存在規定。存在しない規定を,あたかも存在するように見せるというもの。

     これは,作成する側にも高度な技術が求められますが,徳川解く側も大変です。

     一緒にやってみますか?


    【平成26年度午前の部第33問エ】

      社債管理者が社債権者集会を招集するには,裁判所の許可を得なければならない。




     正解は,「×」。 そんな規定,ありません。


     以下の記事にも書きましたが,会社法の出題に不存在規定が多いため,「条文をしっかり読んでも会社法で点数が取れない!」とお悩みの皆さんは,この観点で問題文を見てみてください。

      参考: 不存在規定の怖さ【本編】






     話を戻します。

     
     条文問題作成の基本は,条文の文言の一部を変更することです。

     変更の内容は,

     ・ 結論を逆にする
     ・ 文言を別の文言にする
     ・ 数字を別の数字にする 等

     色々あります。


     ちなみに,予備校では,

     ・ 「善意」と「悪意」
     ・ 「みなす」と「推定する」
     ・ 「証明」と「疎明」

     等に注意しましょう等という,僕からすると「そんなん出題されてへんし,今後も出題されへんやろ」と思える指導もされています。

     …。

     上記のうち,「証明」と「疎明」,これ平成27年度に初登場…。
    【訂正】 「証明」と「疎明」のひっかけは,平成20年度午後の部第6問イに出題されていました。


     以下の記事では,平成27年度における「しょうもないひっかけ問題」を特集しています。


      参考: 平成27年度司法書士試験(16)-ひっかけ

     
     上記の記事にあるように,平成27年度においては,数字のひっかけが多く,「ひっかけたい心」の表れか,数字を題材とする設問はその正誤が「誤り」となることが多いようです。←こういう,いかにも予備校テクニック的なやつ,大好物です。

     
     では,平成28年度における条文を題材とする問題には,どのような特徴があったのでしょうか?


     (明日に続く)


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!「条文を題材とする問題の深さ」に気付いた皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
     
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    おや
    授業の時の質問で「数字がらみの問題って○×どっち多いの」って聞いた覚えがあります。やっぱりやりたくなりますよね出題する側的には。○にすれば邪推したら間違いですし、×にすれば条文正確に覚えてるか試せますし。
    2016/08/02(火) 16:33:49 | URL | Kei #-[ 編集]
    Re: おや
    Kei さん

     一般論としては,そんな傾向ですよね。


    > 授業の時の質問で「数字がらみの問題って○×どっち多いの」って聞いた覚えがあります。やっぱりやりたくなりますよね出題する側的には。○にすれば邪推したら間違いですし、×にすれば条文正確に覚えてるか試せますし。
    2016/08/02(火) 22:10:39 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する