このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    施行日や経過措置の出題
     【お知らせ】 

    1 2016年度本試験分析セミナー
     7月18日(月・祝) 14:00~16:00 TAC渋谷校

     以下のサイトで動画をご視聴いただけます。
    honshikenbunsekisemina2.jpg
    * 画像をクリックすると,動画が配信されるサイトへ移動します。


    2 平成28年度本試験分析と記述式問題の解法
     7月30日(土) 11:00~12:30 TAC福岡校
     7月30日(土) 16:00~17:30 TAC熊本校
     8月21日(日) 14:00~15:30 TAC名古屋校
     8月28日(日) 12:00~13:30 TAC徳島校
     8月28日(日) 16:00~17:30 TAC高松校
     9月4日(日)  14:00~15:30 TAC金沢校


    3 中上級者のための合格の方法論
     8月12日(金) 18:30~20:00 TAC梅田校 藤岡先生+姫野
     8月13日(土) 14:00~15:00 TAC渋谷校 姫野
     8月17日(水) 19:00~20:30 TACなんば校 中山先生


    4 択一式対策講座【理論編】民法
     TAC渋谷校
     第1回 8月19日(金) 18:30~21:30
     第2回 8月20日(土) 10:00~13:00
     第3回 8月20日(土) 14:00~17:00


    5 より深く知る!会社法&マイナー科目の学習のコツ!~苦手意識を克服しよう!
      8月27日(土) 18:00~19:00 TAC渋谷校




     
     おはようございます。

     先日お伝えしたとおり,法務省は,平成28年度午後の部第21問について,次のように取り扱うことを明らかにしました。


     午後の部第21問は,地上権の登記事項に関して誤っている肢の組合せを選択する問題ですが,誤っている肢は,イ,ウ及びオの3つであると解されますので,3又は4のいずれも正解とすることとしました。




     問題となった設問は,ウです。


    nH28-21.jpg


     詳しい解説は,以下の記事をご参照ください。

      参考: 平成28年度司法書士試験(13)-午後の部第21問ウ(平成19年借地借家法改正と事業用借地権)


     法務省は,平成19年改正(施行日は,平成20年1月1日)により創設された借地借家法23条1項の事業借地権が平成5年に登記されているのはおかしいと考え,ウを誤りの設問とし,結果として,平成28年度午後の部第21問については,3又は4のいずれも正解としたと考えられます。


     ところで,このように,施行日だとか,経過措置だとか,そういう点が真正面から出題されたことがあるのをご存知でしょうか?

     上記のように,出題ミスでなく,もっと明確な意思に基づいての出題がありました。

     
    【平成20年度午後の部第23問ウ】
    H20-23.jpg


     平成20年度午後の部第23問ウは,賃借権の先順位抵当権に優先する同意の登記は,民法第387条の改正規定の施行の日(平成16年4月1日)前に設定された賃借権について賃借権の先順位抵当権に優先する同意の登記をすることができるか否かを問うものであり,正解は,「誤り」です。

     すなわち,民法387条の規定は,改正法の施行の日(平成16年4月1日)前に設定された賃借権についても適用されます(平15.12.25民二3817号)。

     平成20年度午後の部第23問は,「平15.12.25民二3817号で1問作成する。」という方針の下で作成されたため,経過措置が問われたのだと思います。


     …。


     こういう出題って,困りますよね。

     
     では,また。

     
     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!「色々な過去問があるな~」と思った皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
     
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する