このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    午後の部の解答順序(2)
     【お知らせ】 

    1 2016年度本試験分析セミナー
     7月18日(月・祝) 14:00~16:00 TAC渋谷校

     以下のサイトで動画をご視聴いただけます。
    honshikenbunsekisemina2.jpg
    * 画像をクリックすると,動画が配信されるサイトへ移動します。


    2 平成28年度本試験分析と記述式問題の解法
     7月30日(土) 11:00~12:30 TAC福岡校
     7月30日(土) 16:00~17:30 TAC熊本校
     8月21日(日) 14:00~15:30 TAC名古屋校
     8月28日(日) 12:00~13:30 TAC徳島校
     8月28日(日) 16:00~17:30 TAC高松校
     9月4日(日)  14:00~15:30 TAC金沢校


    3 中上級者のための合格の方法論
     8月12日(金) 18:30~20:00 TAC梅田校 藤岡先生+姫野
     8月13日(土) 14:00~15:00 TAC渋谷校 姫野 8月20日動画配信開始
     8月17日(水) 19:00~20:30 TACなんば校 中山先生


    4 択一式対策講座【理論編】民法
     TAC渋谷校
     第1回 8月19日(金) 18:30~21:30
     第2回 8月20日(土) 10:00~13:00
     第3回 8月20日(土) 14:00~17:00


    5 より深く知る!会社法&マイナー科目の学習のコツ!~苦手意識を克服しよう!
      8月27日(土) 18:00~19:00 TAC渋谷校




     
     
     こんばんは。

     続きをやりましょう。

     午後の部の解答順序(1)

     
     今回は,僕の解答順序を紹介します。

     といっても,もうこのブログでも何度も書いていますし,講義でも説明しています。

     結構前の記事になりますが,以下の2本は読んでみてください。


     1 解く順序(2008/07/04(金))
     2 記述論⑥(2011/02/07(月))




     僕は,記述式問題から解いていました。


     その理由は,初学者の頃に,どこからで誰かから,「最後の何分かで適当にマークすれば正解できるかもしれないのが択一式問題。その反面,記述式問題は適当に正解することはできない。」 という意見です。

     なぜかこの意見に感化された僕は,それからずっと,記述式問題から解いていました。


     でも,合格した平成14年度の本試験の現場で,事件は起きました。

     いつものように,不動産登記法の記述式問題から解いていたところ,(詳しい論点解説は省略しますが)仮登記義務者に生じた相続について,本登記の前提として,相続登記を申請するかどうかを迷わせる問題でした。

     「相続登記の申請を要しない。」と覚えていたのに,問題文は,どう考えても相続登記を申請させたい模様。

     相続登記の申請を,するのか,しないか。

     どちらにするのか,なかなか決定できなかった僕は,先に,商業登記法の記述式問題を解くことにしました。

     メインの論点は,吸収合併です。 

     ここでも,迷った点が。

     今と少し法律自体が異なるのですが,あえていうなら,問題文からは,合併の効力発生日が到来していない模様。

     吸収合併の登記の申請を,するのか,しないか。

     どちらにするのか,なかなか決定できなかった僕は,生まれて初めて。

     先に,択一式問題を解くことにしました。

     択一式問題35問を解きながら,上記の各迷いについて,どうするのかを考えていました。

     「そんなことして大丈夫?」

     大丈夫。択一式問題は,満点でしたよ。ふふふ。


     択一式問題を解き終え,いざ決断のとき。

     結局,試験委員の出題意図を考慮し,いずれも積極としました。

     特に,商業登記法の記述式問題は,吸収合併の登記を申請しないと,答案用紙がすかすかになりますから。

     
     このように,本試験の現場で急遽解答順序を変更するという博打に出ました。

     
     なお,僕が合格した平成14年度における一般的な受験生の時間配分は,択一式問題1時間半・記述式問題1時間半でした。

     皆さんは信じられないと思いますが,本当にこのような時間配分が普通の時代でした。

     そのため,そもそも,


     択一式問題・記述式問題のどちらから解いても問題なかったと思います。


     ちなみに,今の僕も,変わらず,記述式問題から解いています。

     これは,本試験当日に行われる解答速報会で記述式問題の解説をするからです。

     しかも,例年,担当するのは商業登記法の記述式問題ですので,商業登記法の記述式問題,不動産登記法の記述式問題,択一式問題の順序で解いています。

     本試験当日に行われる解答速報会で記述式問題の解説だけをするのに,なぜ択一式問題まで解くのかというと,記述式問題の難易度・ボリュームは,択一式問題の難易度・ボリュームに影響を受ける部分があり記述式問題の正確な感想を述べるには,択一式問題の解答が必要と考えるからです。


     次回は,いよいよ,現代の司法書士試験と戦う皆さんにとっての解答順序を検討します。 


     (続く。)


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!「午後の部の解答順序」に興味がある皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する