このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    不動産登記法の記述式問題について最近考えていること。
     【お知らせ】 

    1 2016年度本試験分析セミナー
     7月18日(月・祝) 14:00~16:00 TAC渋谷校

     以下のサイトで動画をご視聴いただけます。
    honshikenbunsekisemina2.jpg
    * 画像をクリックすると,動画が配信されるサイトへ移動します。


    2 平成28年度本試験分析と記述式問題の解法
     7月30日(土) 11:00~12:30 TAC福岡校
     7月30日(土) 16:00~17:30 TAC熊本校
     8月21日(日) 14:00~15:30 TAC名古屋校
     8月28日(日) 12:00~13:30 TAC徳島校
     8月28日(日) 16:00~17:30 TAC高松校
     9月4日(日)  14:00~15:30 TAC金沢校


    3 中上級者のための合格の方法論
     8月12日(金) 18:30~20:00 TAC梅田校 藤岡先生+姫野
     8月13日(土) 14:00~15:00 TAC渋谷校 姫野 8月20日動画配信開始
     8月17日(水) 19:00~20:30 TACなんば校 中山先生


    4 択一式対策講座【理論編】民法
     TAC渋谷校
     第1回 8月19日(金) 18:30~21:30
     第2回 8月20日(土) 10:00~13:00
     第3回 8月20日(土) 14:00~17:00


    5 より深く知る!会社法&マイナー科目の学習のコツ!~苦手意識を克服しよう!
      8月27日(土) 18:00~19:00 TAC渋谷校




     
     
     こんばんは。

     現在,以下の企画が進行中ですが,今日は休憩して,僕が不動産登記法の記述式問題について最近考えていることを書きたいと思います。


     午後の部の解答順序(1)
     午後の部の解答順序(2)






     まずは,「事実関係に関する補足」と「答案作成に当たっての注意事項」との関係について。


     少し前の司法書士試験で出題される不動産登記法の記述式問題においては,「答案作成に当たっての注意事項」に,何でも色々示されていました。

     これに対して,ここ数年の司法書士試験で出題される不動産登記法の記述式問題においては,「事実関係に関する補足」と「答案作成に当たっての注意事項」とが明確に区別されており,聴取内容・事実関係・別紙を検討する前に読んでおくべきと考えられるのが,「事実関係に関する補足」だけのように思われます。


     問題文の同じ箇所を何度も読むことが貴重な解答時間を消費する原因であることを考慮すると,聴取内容・事実関係・別紙を検討する前に「事実関係に関する補足」だけを読めば足り,「答案作成に当たっての注意事項」を読まなくて良いとすると,今までよりも解答時間に余裕が生まれるのではないかと期待しています。


     ただ,まだまだ検証中。


     平成28年度においても,先に「答案作成に当たっての注意事項」を読んでおく方がお得なものがありますので。






     次に,答案作成作業に入るどこかのタイミングで「添付情報一覧」中の添付情報を種類ごとに分類する作業の有効性について。


     「添付情報一覧」から添付情報を選ぶ作業を少しでも楽にするため, 「添付情報一覧」中の添付情報を種類ごとに分類してはどうかという分析です。

     もちろん,「分類」といっても,大した作業はしません。

     もともと同じ種類の添付情報がまとめられているので,ある種類から別の種類になる部分を線で区切る等の作業をするだけです。

     問題は,この作業を行った場合と行わない場合とで,どれぐらい作業効率に差が生ずるのかです。

     僕は,最近自分で解くときはこの作業を行っていますが,何となく,添付情報が選びやすくなった気がしないでもない。


     …。






     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!「記述式問題の解法とは,ほんのひと手間なんだな~」と思った皆さん,クリックお願いします!!!正解っ!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する