このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    午後の部の解答順序(3・完)
     【お知らせ】 

    1 2016年度本試験分析セミナー
     7月18日(月・祝) 14:00~16:00 TAC渋谷校

     以下のサイトで動画をご視聴いただけます。
    honshikenbunsekisemina2.jpg
    * 画像をクリックすると,動画が配信されるサイトへ移動します。


    2 平成28年度本試験分析と記述式問題の解法
     7月30日(土) 11:00~12:30 TAC福岡校
     7月30日(土) 16:00~17:30 TAC熊本校
     8月21日(日) 14:00~15:30 TAC名古屋校
     8月28日(日) 12:00~13:30 TAC徳島校
     8月28日(日) 16:00~17:30 TAC高松校
     9月4日(日)  14:00~15:30 TAC金沢校


    3 中上級者のための合格の方法論
     8月12日(金) 18:30~20:00 TAC梅田校 藤岡先生+姫野
     8月13日(土) 14:00~15:00 TAC渋谷校 姫野 8月20日動画配信開始
     8月17日(水) 19:00~20:30 TACなんば校 中山先生


    4 択一式対策講座【理論編】民法
     TAC渋谷校
     第1回 8月19日(金) 18:30~21:30
     第2回 8月20日(土) 10:00~13:00
     第3回 8月20日(土) 14:00~17:00


    5 より深く知る!会社法&マイナー科目の学習のコツ!~苦手意識を克服しよう!
      8月27日(土) 18:00~19:00 TAC渋谷校






     こんばんは。

     いよいよ大詰めです。 


     午後の部の解答順序(1)
     午後の部の解答順序(2)


     僕が改めて午後の部の解答順序を検討するきっかけとなった受験生の方は,以下のように解答するそうです。


     

    不動産登記法の記述式問題 → 択一式問題 → 商業登記法の記述式問題




     ところで,僕は,基本的に「冒険しない性格」です。


     だから,普通に美味しくて接客が良い店等があれば,そこに通うことになるし,同じアイスクリームを買い込むのも,こういう性格の現れだと思います。


     何の話かというと,午後の部の解答順序です。


     上記のような順序は,僕の中では「冒険」です。


     だから,訊いてみました。

     「なぜ,そのような解答順序なのですか?」と。


     そうすると,僕の中で驚きの回答が…。


     

     その回答の趣旨は,「腕の疲労度」を考慮したものでした。

     
     すなわち,記述式問題を2問連続で解くと,腕が疲れ,ちゃんとした字を書くことができない。だから,上記のような解答順序にしており,この解答順序を変更することはできない。


     もっともです。


     普段あまり字を書かない僕も,本試験当日は,答案構成用紙を答案代わりにして,申請情報等を書きますが,本当に腕が辛くて,ちょっと省略した字を書いたり,適当な字で書いたりしてしまっています。


     各記述式問題の間に択一式問題を挟むことにより,腕の力を回復することができる。


     単純な戦略ですが,僕の中では,目から鱗でした。


     1 択一式問題 → 不動産登記法の記述式問題 → 商業登記法の記述式問題
     2 不動産登記法の記述式問題 → 択一式問題 → 商業登記法の記述式問題




     知識量が同じ受験生の方が,1と2の解答順序で解いた場合,どちらがちゃんとした答案になるかを考えると,どちらの解答順序が良いかは明らかです。


     解答順序に腕の疲労度を考慮する。


     皆さん,これどないでっか???


     平成29年度司法書士試験まで,まだまだ時間はあります。

     解答順序も含めて,一緒に記述式問題対策を考えていきましょう。


     では,また。

     
     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!「たしかに記述式問題を解くと腕が疲れる!」という皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    記述式の使用筆記具を、ボールペンから万年筆に変更したところ、腕の疲労度大幅減・筆記スピード上昇・字がきれいになる、といった効果がありました。
    自分に合った筆記具を選ぶことも記述式対策の一つではないかと感じました。
    2016/08/26(金) 06:53:29 | URL | リドル #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    リドル さん

     万年筆の効果すごいですね。解答順序と解答道具を工夫して,最高の状態で臨みたいですね。

     ちなみに,僕は,万年筆を体験したことがありません…。
    2016/08/26(金) 14:14:14 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    今年の試験から、不動産記述と商業登記記述の難易度差を考慮し、どちらから解くべきかを考慮する必要性がでてきたと思うのですが、
    問題を読む前に、難易を判断するには、何を基準、指針とすればよいのでしょうか?
    2016/08/26(金) 22:44:32 | URL | ななし #195Lvy4Y[ 編集]
    Re: タイトルなし
    ななしさん

     最高に良いご質問ありがとうございます。

     年内に必ず記事にしますので,お待ちください。
    2016/08/26(金) 22:46:18 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する