このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    続々・申請順序情報に関する一考察(1)
    【新しい電子書籍】

    □ 株主リスト関係改正の解説
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。




     【お知らせ】 

    1 2016年度本試験分析セミナー
     7月18日(月・祝) 14:00~16:00 TAC渋谷校

     以下のサイトで動画をご視聴いただけます。
    honshikenbunsekisemina2.jpg
    * 画像をクリックすると,動画が配信されるサイトへ移動します。音声注意です。


    2 平成28年度本試験分析と記述式問題の解法
     7月30日(土) 11:00~12:30 TAC福岡校
     7月30日(土) 16:00~17:30 TAC熊本校
     8月21日(日) 14:00~15:30 TAC名古屋校
     8月28日(日) 12:00~13:30 TAC徳島校
     8月28日(日) 16:00~17:30 TAC高松校
     9月4日(日)  14:00~15:30 TAC金沢校


    3 中上級者のための合格の方法論
     8月12日(金) 18:30~20:00 TAC梅田校 藤岡先生+姫野
     8月13日(土) 14:00~15:00 TAC渋谷校 姫野 

     以下のサイトで動画をご視聴いただけます。
    chujoukyuhouhouron.jpg
    * 画像をクリックすると,動画が配信されるサイトへ移動します。音声注意です。


    4 択一式対策講座【理論編】民法
     TAC渋谷校
     第1回 8月19日(金) 18:30~21:30 
     以下のサイトで動画をご視聴いただけます。

    takuitsurironminpou.jpg
    * 画像をクリックすると,動画が配信されるサイトへ移動します。音声注意です。


    5 より深く知る!会社法&マイナー科目の学習のコツ!~苦手意識を克服しよう!
      8月27日(土) 18:00~19:00 TAC渋谷校 9月3日動画配信開始






     
     こんばんは。

     現代の不動産登記法の記述式問題を考える上で,外せない論点が,「登記の申請の順序」です。

     僕は,何年もかけて,登記の申請の順序に関する情報(以下「申請順序情報」という。)を分析し,記事を書いてきました。


     申請順序情報に関する一考察(1)
     申請順序情報に関する一考察(2)
     申請順序情報に関する一考察(3)
     申請順序情報に関する一考察(4)
     申請順序情報に関する一考察(5)・完
     続・申請順序情報に関する一考察(1)
     続・申請順序情報に関する一考察(2)・完




     この度,このシリーズの続編を書くことにしました。

     分析の対象となるのは,平成27年度と平成28年度の申請順序情報です。


    【平成27年度の申請順序情報】

     司法書士法務花子は,複数の登記の申請をする場合には,登記原因の日付の古い順に登記を申請し,当該複数の登記の申請のうち登記原因の日付が同一であり,かつ,申請の前後を問わないものがあるときには,登録免許税額が高額となるものから順に申請するものとする。



    【平成28年度の申請順序情報】 

     司法書士法務直子は,複数の登記の申請をする場合であり,かつ,登記を申請する順序を問わない場合において,登記記録中甲区に関する登記及び乙区に関する登記の双方を申請するときは,先に甲区に関する登記を申請し,登記記録中同一の区に関する登記を申請するときは,登記原因の日付の古い順に登記を申請し,当該複数の登記の申請のうち登記原因の日付が同一であり,かつ,申請の前後を問わないものがあるときは,登録免許税が高額となるものから順に申請したものとする。




     今回は,平成27年度の申請順序情報を分析します。


     というつもりだったのですが,僕は,悩みました。


     「受験生の皆さんに,平成27年度の申請順序情報の分析を理解していただくためだけに,平成27年度の問題を解いていただいて良いのか?


     ふと思い出しました。


     僕は,平成27年度の申請順序情報に関する記事を書いたことがある。


     なぜ,このような細かいことを思い出したのかというと,実は,平成27年度の申請順序情報は,初登場であるにもかかわらず,フェイクであったからです。


     このことについて,詳細に書いたのが,以下の記事です。

     ※ リンク先の記事の内容に入ると,もう戻って来れないかもしれないので,先にクリックお願いします。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村


     平成27年度の問題を解くことなく,平成27年度の申請順序情報の分析が理解できるようになっております。

     ぜひお読みください。


     平成27年度司法書士試験(14)-不動産登記法の記述式問題(なぜ譲渡する根抵当権の極度額を増額したのか?)
     

     



     いつも申し上げることですが,記述式問題の解答力を得るために,問題演習は欠かせません。

     でも,問題を解いて,解説を読むだけでは,本試験で必要となる「初見の問題を安定的に処理する」という解答力を得ることはできません。

     どうやって,このような解答力を得るのか?

     まずは,初見の問題から,初見でない部分を判断することができるように,過去問を分析しましょう。

     自分で過去問の分析ができない方は,ここの記事をお読みいただければと思います。


     では,また。 
     

     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!平成28年度本試験において申請順序に迷った皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    記述が苦手な人は、きっと皆 申請順序に恐怖を感じていると思いますので、これからも今回のような記事を書いてくださるとありがたいです。
    僕は数年間択一基準点を突破しているのにいつも記述でやられているので、いろんな先生たちが「問題を集めてやっても…」と言ってる事は承知していますが、割と余裕のあるこの時期にいろんな予備校の記述の問題を解きまくってみたら、少しずつ見えてきた感じがあって、初見でもけっこう正解出来るようになってきました。
    でも本試験は年一度しかないので絶対失敗したくないので、これからも練習+研究するつもりです。
    その目的のためにとても有意義なので是非ともこの先も記述に役立つ情報提供をお願いいたします。
    最後に…僕はラウドネスよりもイングヴェイの方が好きなメタルっ子です。
    2016/08/31(水) 01:20:13 | URL | メタルっ子 #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    メタルっ子 さん

     記述式問題を解きまくった結果,メタルっ子の解法が確立されているのだと思います。僕も,しっかりとした記事を書きますので,ぜひお役立てください。

     僕は,ラウドネス派ですね(笑) でも,イングヴェイ→インペリテリ→アングラ(キコ・ルーレイロ)のクラシカルなラインは一応押さえていましたよ!
    2016/08/31(水) 23:10:38 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する