このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    記述式問題の解答順序(2)
     【新しい電子書籍】

    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     








     【お知らせ】 

    1 2016年度本試験分析セミナー
     以下のサイトで動画をご視聴いただけます。
     2016年度本試験分析セミナーの動画 *音声注意 


    2 平成28年度本試験分析と記述式問題の解法
     福岡,熊本,名古屋,徳島,高松及び金沢の受験生の皆さん,ご参加ありがとうございました!また,お伺いします!!


    3 中上級者のための合格の方法論
     以下のサイトで動画をご視聴いただけます。
     中上級者のための合格の方法論の動画 *音声注意


    4 択一式対策講座【理論編】民法
     以下のサイトで動画をご視聴いただけます。
     択一式対策講座【理論編】民法第1回の動画 *音声注意


    5 より深く知る!会社法&マイナー科目の学習のコツ!~苦手意識を克服しよう!
     以下のサイトで動画をご視聴いただけます。
     「より深く知る!会社法&マイナー科目の学習のコツ!~苦手科目を克服しよう!」の動画 *音声注意




     

    【無料公開講座】
    択一式対策講座【理論編】不動産登記法 

    第1回 9月23日(金) 18:30~21:30 TAC渋谷校




    【無料公開セミナー】
    秋から始める2017本試験対策

     9月24日(土) 17:30~19:00 TAC渋谷校
     9月27日(火) 19:00~20:30 TAC梅田校 ※ 藤岡先生と一緒です。
     9月29日(木) 19:00~20:30 TACなんば校 ※ 中山先生と一緒です。






     
     こんばんは。

     続きをやりましょう。

     記述式問題の解答順序(1)

     でも,ゆっくりと。慎重に。

     



     
     TAC/Wセミナー(以下「TAC」といいます。)は,毎年,本試験当日に,解答速報会を実施しています。

     僕は,その解答速報会で商業登記法の記述式問題の解説を担当するため,毎年,本試験を受験しています@早稲田大学。


     本試験の午後の部では,まず,商業登記法の記述式問題を解き,次に,不動産登記法の記述式問題を解き,最後に択一式問題を解きます。

     僕は,本試験を受験しないで,後から「今年の問題は〜」等という講師にはなりたくないため,必ず,全問解答するようにしています。

     記述式問題の難易度は,午後の部の択一式問題の影響を受け,午後の部の択一式問題の難易度は,午前の部の問題の影響を受けます。

     つまり,司法書士試験の難易度は,全体で決まります。


     話を戻します。


     本試験が終わると,TACの車で,水道橋にある本試験戦略本部(そんな部署はない。)に行き,他の講師の方々と本試験問題の検討に入ります。


     そこで,僕は,僕が信頼を置く講師の一人である,土屋武大先生が問題を検討する様子をガン見して,その後色々と話をします。
     
     何をガン見しているのかというと,初見の記述式問題を,どのような順序で,問題文のどこにポイントを置いて読んでいるのか等です。

     そんな土屋先生と,本試験後,平成28年度の記述式問題を素材の一つとして,記述式問題の解答順序について議論しました。

     
     



     僕には,誰よりも記述式問題を研究し,誰よりも合理的な解法を提供させていただいているとの自負があります。
      
     でも,その解法は,まだ完全なものではありません。

     その時その時で最高のものを提供していますが,まだまだ完全なものではなく,多分一生完全なものにはならないのだと思います。

     だからこそ,完全なものに近付けるよう,研究しています。
     (研究した教材,お見せしましょうか?)

     
     土屋先生との議論では,本当に良い研究結果を得ることができました。


     優秀な先生の意見を取り入れることは,研究を加速させます。

     
     その成果は,次回以降に書いていきます。


     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!成果が気になる皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村


    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    姫野先生の研究した教材をぜひみたいです!
    おねがいします。
    2016/09/25(日) 23:36:14 | URL | 元受講生 #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    元受講生 さん

     最高の食いつきですね笑 他校の教材の話があるので,調整の時間をください。
    2016/09/26(月) 17:50:42 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する