このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    記述式問題の解答順序(3・完)
    【新しい電子書籍】

    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     








     【お知らせ】 

    1 2016年度本試験分析セミナー
     以下のサイトで動画をご視聴いただけます。
     2016年度本試験分析セミナーの動画 *音声注意 


    2 平成28年度本試験分析と記述式問題の解法
     福岡,熊本,名古屋,徳島,高松及び金沢の受験生の皆さん,ご参加ありがとうございました!また,お伺いします!!


    3 中上級者のための合格の方法論
     以下のサイトで動画をご視聴いただけます。
     中上級者のための合格の方法論の動画 *音声注意


    4 択一式対策講座【理論編】民法
     以下のサイトで動画をご視聴いただけます。
     択一式対策講座【理論編】民法第1回の動画 *音声注意


    5 より深く知る!会社法&マイナー科目の学習のコツ!~苦手意識を克服しよう!
     以下のサイトで動画をご視聴いただけます。
     「より深く知る!会社法&マイナー科目の学習のコツ!~苦手科目を克服しよう!」の動画 *音声注意


    6 秋から始める2017年度本試験対策
     以下のサイトで動画をご視聴いただけます。
     秋から始める2017年度本試験対策の動画 *音声注意




        
     
     こんばんは。

     まだ全然まとまらないのですが,平成29年度における確実な合格を目指すに当たって,多くの受験生の方の関心事ですから,現在の到達点をまとめておきます。


     記述式問題の解答順序(1)
     記述式問題の解答順序(2)


     土屋先生と僕は,以下の順序で議論しました。


    1 第36問と第37問のいずれを先に解くかについての基準は?

    2 第36問と第37問の難易が判明した場合,難しい問題を先に解くのか,それとも,簡単な問題を先に解くのか?

    3 先に解き始めた方が1時間(一応の標準解答時間)以内に解き終わらない場合,その問題を続けるべきか,それともその問題を見切って他方の問題を解くべきか?




     以下,議論の結果です。

     

    1 第36問と第37問のいずれを先に解くかについての基準は?




     いずれを先に解くかについては,実際に解いてみないと分かりません

     その問題が難しいとの判断は,15分ぐらい解いてみないと分からず,せっかく15分も検討したなら,そのままその問題を解くべきです。

     また,記述式問題の難しさは,問題文の長短よりも,「情報の取り難さ」にあります。
     * 「情報の取り難さ」は,土屋先生の言葉であり,お伝えするのは,本当に難しいです。

     ただし,通常の設立,組織再編等の「申請書例を押さえていれば解答できる商業登記法の記述式問題」については,難易度は低いので,先に解き始めて良いです。


    ・ 第36問と第37問の難易が判明した場合,難しい問題を先に解くのか,それとも,簡単な問題を先に解くのか?



     簡単な問題を先に解く方が良さそうですが,難しい問題こそ先に解いて時間をかけるべきとも考えられます。

     あとは,他の合格者がどのような選択をしたのかも重要です。


    ・ 先に解き始めた方が1時間(一応の標準解答時間)以内に解き終わらない場合,その問題を続けるべきか,それともその問題を見切って他方の問題を解くべきか?



     この「見切り」が必要であることについては,土屋先生も僕も一致しています。

     見切るかどうかは,「解き終わらない程度」によります。

     例えば,あと10分程度で終わるなら,解き終えてから,他方の問題を解くべきです。


     



     以上が,土屋先生と僕の考えです。

     
     皆さんは,どのように考えますか?


     ご意見があれば,どんどんコメントしてください。
     

     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!まだ記述式問題の解答順序に悩む皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村 

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016/10/20(木) 05:05:26 | | #[ 編集]
    私は択一→不動産登記→商業登記の順で解いています。
    1と2については、姫野先生がおっしゃる通り難易度が判断できるくらいまで進んでいるならそのまま解くほうがいいと思います。
    でも今までそんなに簡単に(パッと見でできるくらいで)判断できたことはないので商業登記を先に解いたことはないです。
    3については、まず不動産登記の特殊な問いを飛ばして、それでも1時間以内に終わらなければ5~10分まで延長します。
    感覚的にどちらかは1時間以内で終わることが多いので、余った時間(余ったとはいえ10分もないです)で埋めていないところに取り掛かります。
    ですから択一で1時間10分かかるとかなり厳しいですね。
    2016/10/20(木) 09:34:27 | URL | KH #-[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016/10/20(木) 10:43:31 | | #[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016/10/20(木) 10:43:51 | | #[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016/10/20(木) 13:57:41 | | #[ 編集]
    Re: 記述式の不可解な採点
    pomo さん

     「不動産登記法を書かせたい」は鋭い考察だと思いました。配点は変えないで採点の厳しさを変えることもできますもんね。
    2016/10/24(月) 08:40:50 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    KH さん

     不登法の特殊な問いを飛ばすのは,良い戦略だと思います。そうですね,択一式1時間10分は,かなり厳しいです。何とか,あと10分短縮したいです。
    2016/10/24(月) 08:42:44 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: 解答の順序について
    てらさん さん

     合格おめでとうございます!こちらこそ,ありがとうございました。

     「10分で手強いと感じ」とありますが,問題文のどの部分を読んで,そう判断されたのでしょうか?気になります。

     これまでの経験を踏まえ,「苦手なものから解く」の姿勢は,今後受験生の方にお伝えしていきます。
    2016/10/24(月) 08:46:09 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: 記述式の解答順序
    Hiro さん

     合格おめでとうございます!また,講義の受講ありがとうございました。

     詳細なご報告,本当に参考になります。Hiroさんがおっしゃるとおり,判断力と爆発力に尽きると思います。すごいです。

     もう実務家ですね。また実務お教えください。
    2016/10/24(月) 08:50:44 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    ななし さん

     またまた多くの受験生の方が気になるご質問ありがとうございます笑。

     まとめて記事にして回答ということにさせてください。
    2016/10/24(月) 08:53:09 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する