このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    択一式対策講座【理論編】会社法・商業登記法が開講しました!
    【新しい電子書籍】

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

     平成28年(2016年)11月6日17時45分までに,
     記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)をご購入いただいた皆さんへ


     記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)のPDFファイルの一部に文字消えがあることが発覚しました。
     つきましては,文字化けのないファイルをお送りさせていただきますので,ブログのコメント欄にて,メールアドレスをお教えください。
     コメントをいただく際には,注文番号も併せてお教えください。
     また,「管理者にだけ表示を許可する」にチェックをしてください。
     コメントをいただく記事は,どの記事でも良いです。
     【追記】 おそらくですが,再度ダウンロード作業をしていただき,ファイル名が「NkijutsukakomonS57-H9」であれば,文字消えのないファイルです。一度お試しいただければと思います。
     お手数ですが,よろしくお願いします。
     なお,現在は,文字消えのないファイルをダウンロードしていただけます。

    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     








     こんばんは@渋谷です。

     択一式対策講座【理論編】会社法・商業登記法が開講しました。

     受講生の皆さん,いつも受講していただき,ありがとうございます。

     無料体験していただいた皆さん,ありがとうございました。

     会社法・商業登記法は,択一式対策講座【理論編】で最高回数の全16回となっていますが,それでも全ての論点解説には厳しすぎる状況です。

     徹底的に論点解説をしていくので,どうか付いてきてください。






     今日から始める仕事。

     それが,記述式対策講座・不動産登記法【実践編】の改訂作業です。

     とカッコ良く言っているものの…。

     記述式対策講座【実践編】では,過去問の論点出題可能性のある論点の確認のために,論点別問題集を徹底的に演習する講座であり,毎年多くの合格者に利用していただいております。

     そのため,改訂作業といっても,中心となるのは,年数を+1することです。

     誰でもできそうな作業であり,僕も,誰でもできると思います。

     でも,問題は違うところにあって,それは…

     
     僕が,誰でも任せられない性格であること。


     …。


     もっと効率的に仕事ができればと思うのですが,性格なので…。

     そんなに几帳面な性格でもないのに…。


     でも,自分でやる分,作業は,丁寧に心を込めてやります。
     





     最初の話に戻って良いですか?


     この時期になると,体験受講していただく数も減ったりするのですが,今日はいつもより多いどころか,新たに上級本科生を受講していただいた方も数名いらっしゃいました。


     やはり,会社法・商業登記法は,受験生の方にとって鬼門なのでしょうか?

     
     皆さん,会社法・商業登記法について,どうお考えでしょうか?

     生の声をお聞かせください。

     即,企画化します。
      

     では,また。

     
     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!「やはり,会社法・商業登記法が苦手」という皆さん,クリックお願いします!!!たしかに,非常に重要な科目です。
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村 

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    会社法
    おはようございます。

    会社法は、覚えなければいけないことが多い
    のと、差異が細かいせいか、なかなか正確な知識の暗記が難しいと感じます。

    また、過去問知識だけで対応できない現状を
    考えると、(具体的に)何を、どれくらいの深さまで覚えるべきか、目安が知りたいです。

    それが条文の暗記なのであれば、重要な条文だけでも分かるとありがたいです。

    よろしくお願い致します。
    2016/11/13(日) 07:28:42 | URL | 海外旅行ユーザー #-[ 編集]
    会社法は、少しでも細かい知識を問われると、混乱して総崩れしやすい科目という印象でしょうか。

    直前期の複数の公開模試で全問正解だったものの、本試験では4問しか取れなかった年もあります。

    商登法は、よほど変則的な問題でない限り、安定した点を取れるという印象でしょうか。

    2016/11/13(日) 19:55:09 | URL | 卓 #/.zVZ3rk[ 編集]
    Re: 会社法
    海外旅行ユーザー さん

     たしかに,過去問が使えないとなると,知識の広さと深度が全然つかめないですね。

     非常に参考になる意見,ありがとうございます。

     
    2016/11/14(月) 00:08:26 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    卓さん

     細かさが総崩れを起こす。たしかにそうですよね。

     商業登記でも出題される分野はある程度深くやっているので大丈夫そうですが,会社法特有の分野だと細かい出題があると困ります。
    2016/11/14(月) 00:13:28 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    ありがとうございます。
    姫野先生

    コメントありがとうございます。

    過去問は使えないとはいえ、他の受検生の方も同じなので、
    まずは自分ができること、
    テキストで最低限、重要なポイントや条文は抑え、
    答練など過去問以外の問題をなるべく多く演習するな
    対策をしようかと思います。

    引き続き、よろしくお願い致しますね。
    ありがとうございました。
    2016/11/15(火) 07:14:19 | URL | 海外旅行ユーザー #-[ 編集]
    Re: ありがとうございます。
    海外旅行ユーザー さん

     テキストの知識は,答練等を含め一度も演習できないまま本試験で出題されることもありますから,演習なしでも解ける形で押さえていきましょう。
    2016/11/15(火) 17:16:17 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する