このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    累積式共同根抵当
    【新しい電子書籍】

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

     平成28年(2016年)11月6日17時45分までに,
     記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)をご購入いただいた皆さんへ


     記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)のPDFファイルの一部に文字消えがあることが発覚しました。
     つきましては,文字化けのないファイルをお送りさせていただきますので,ブログのコメント欄にて,メールアドレスをお教えください。
     コメントをいただく際には,注文番号も併せてお教えください。
     また,「管理者にだけ表示を許可する」にチェックをしてください。
     コメントをいただく記事は,どの記事でも良いです。
     【追記】 おそらくですが,再度ダウンロード作業をしていただき,ファイル名が「NkijutsukakomonS57-H9」であれば,文字消えのないファイルです。一度お試しいただければと思います。
     お手数ですが,よろしくお願いします。
     なお,現在は,文字消えのないファイルをダウンロードしていただけます。

    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     








     こんばんは@自宅です。

     東京から帰ってきて,色々と仕事をしていたら,この時間になってしまいました。

     急激な眠気に襲われております。

     今日は,択一式対策講座【理論編】会社法・商業登記法第5回・第6回の講義でした。

     株券喪失登録についても,きっちり説明しました。

     株券喪失登録は,平成14年の商法改正により創設された制度ですが,まだ出題実績がありません。

     したがって,いつ出題されてもおかしくない状態であり(姫野予想),丁寧に説明させていただきました。

     



     現在,演習問題を出題中です。

     ぜひ解いてみてください。

     不動産登記法の記述式問題で出題される未出の問い(3)






     ネタはいっぱいあるのに,なかなかがっつりとした記事が書けません。

     今日は,本当は,「累積式共同根抵当って何やねん?」という記事を書く予定でした。

     というのも,たぶん多くの受験生の方が累積式共同根抵当についてよく分からっておらず,断片的に覚えている(1申請情報申請不可という知識等)と思ったからです。

     どうですか?



     ↑ この鬼のように高い根抵当権本に基づいて解説しましょうか?


     でも,今日は,もう寝ます…。

     おやすみなさい。


     では,また。
     

     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!足跡としてクリックよろしくお願いします!!累積式根抵当がよく分かっていない皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村 

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    質問します。

    単有の抵当権者に合併が生じた後に抵当権者が抵当権を放棄した場合
    →①合併を原因とする抵当権移転②放棄を原因とする抵当権抹消…の2件を申請する。

    単有の抵当権者に会社分割が生じた後に抵当権者が抵当権を放棄した場合
    →①放棄を原因とする抵当権抹消…のみ申請する。

    この結論で正しいのでしょうか?
    また、もし正しいとした場合、どうしてこのような差異が生じるのですか?

    もし本登記で会社分割のパターンが記述式で問われたら今の僕では自信を持って解答出来ません。
    なので、どうか僕を自信家にして下さい。
    よろしくお願いいたします。
    2016/11/20(日) 11:39:33 | URL | メタルっ子 #-[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016/11/20(日) 15:12:33 | | #[ 編集]
    Re: タイトルなし
    メタルっ子さん

     抵当権が会社分割により承継される財産の中にその抵当権は含まれていますか?

     含まれていないなら,承継会社又は設立会社に抵当権は承継されませんから,抵当権者であった分割会社と設定者が共同して放棄を原因とする当該抵当権の登記の抹消を申請することになります。

     これに対して,含まれているなら,承継会社又は設立会社に抵当権は承継されるため,会社分割を原因とする当該抵当権の移転の登記を申請した後に,放棄を原因とする当該抵当権の登記の抹消を申請することになります。
    2016/11/20(日) 21:57:25 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: 営業活動しました。
    海里 さん

     ご報告ありがとうございます。

     また,営業活動もありがとうございます。絶対海里さんのお力です。身近な人の意見は参考になるものですので。

     ぜひ教室にお越しください。席は…何とかなります(狭い教室でごめんなさい。)。

     ライブPAの会社ですが,結構なアーティストの協力をしているとWikiに書いていますよ!?
     あっ,その中でもガラの悪そうなアーティスト限定ですか笑?

     累積式共同根抵当,しっかり解説させていただきます。

    2016/11/20(日) 22:08:52 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する