このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    共同根抵当の解説~累積式共同根抵当を中心に~(1)
    【新しい電子書籍】

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

     平成28年(2016年)11月6日17時45分までに,
     記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)をご購入いただいた皆さんへ


     記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)のPDFファイルの一部に文字消えがあることが発覚しました。
     つきましては,文字化けのないファイルをお送りさせていただきますので,ブログのコメント欄にて,メールアドレスをお教えください。
     コメントをいただく際には,注文番号も併せてお教えください。
     また,「管理者にだけ表示を許可する」にチェックをしてください。
     コメントをいただく記事は,どの記事でも良いです。
     【追記】 おそらくですが,再度ダウンロード作業をしていただき,ファイル名が「NkijutsukakomonS57-H9」であれば,文字消えのないファイルです。一度お試しいただければと思います。
     お手数ですが,よろしくお願いします。
     なお,現在は,文字消えのないファイルをダウンロードしていただけます。

    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     








     
     こんばんは。

     予告どおり,累積式共同根抵当を解説したいと思います。

     ただし,純粋共同根抵当も少し登場しますので,共同根抵当全般の解説をすることになります。






     現在,演習問題を出題中です。

     以下の記事で,不動産登記法の記述式問題の「特殊な問い」への対策を行ってください。

     不動産登記法の記述式問題で出題される未出の問い(3)






     「累積式共同根抵当」という言葉を聞いたとき,皆さんはどう思いますか?

     おそらく,「例外の共同根抵当」と思うのではないでしょうか?

     すなわち,共同根抵当のうち,純粋共同根抵当が原則で,累積式共同根抵当は例外。

     この考え方は,間違ってはいません。

     なぜなら,出題の中心は純粋共同根抵当ですから,より「慣れている」純粋共同根抵当の方を原則と考えることは,自然なことだからです。

     しかし,累積式共同根抵当をしっかり理解するためには,累積式共同根抵当が原則で,純粋共同根抵当は例外と考える方が良いです。

     この部分は,次回説明しましょう。


     ところで,元本の確定前の根抵当権の最大の特徴が分かりますか?


     それは,債権に対する付従性の否定(=債権の独立性の肯定)です。

     被担保債権の発生・消滅に根抵当権が影響を受けません。

     被担保債権がなくても,根抵当権は成立します。

     そうすると,元本の確定前の根抵当権の場合,民法392条の「同一の債権を担保する」という概念を当てはめにくいです。

     そこで,何と!

     根抵当権については,共同根抵当なんか認める必要はないという見解が結構多くの人から支持されていました。

     もっとも,土地とその地上建物や同一の敷地内の数筆の土地のように,法律的には数個の不動産でも社会経済上は1個の不動産と評価されるものについて,それぞれに独立した別個の根抵当権を設定することは,不動産の適正な担保価値を把握することができない結果となったり,共同抵当制度の趣旨(目的不動産の価額の変動が生ずる危険を避ける)からすると,やはり,根抵当権についても共同根抵当を認めるべきです。

     そこで,民法は,根抵当権についても共同根抵当を認めています(同法398条の16~)。

     (続く。)






     この企画の最後には,理解を試す論点別記述式問題を出題する予定ですので,頑張って読んでくださいね。

     ちなみに,この企画,久し振りに蛯原友里子さんに担当してもらおうと思ったのですが,やめました笑

      参考: 蛯原友里子の部屋|


     では,また。
     

     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!応援クリックよろしくお願いします!!共同根抵当も気になるが,それよりも蛯原友里子さんが気になる皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村 

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016/11/21(月) 08:06:52 | | #[ 編集]
    Re: お忙しいところご無礼しますm(__)m
    阿部さん

     関西の祝賀会にお伺いできず,申し訳ありません。

     僕も,お祝いの言葉を直接お伝えしたかったです。
     
    2016/11/23(水) 23:34:40 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する