このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    史上最高の問題で商業登記法の記述式問題の解法を学ぶ
    【新しい電子書籍】

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

     平成28年(2016年)11月6日17時45分までに,
     記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)をご購入いただいた皆さんへ


     記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)のPDFファイルの一部に文字消えがあることが発覚しました。
     つきましては,文字化けのないファイルをお送りさせていただきますので,ブログのコメント欄にて,メールアドレスをお教えください。
     コメントをいただく際には,注文番号も併せてお教えください。
     また,「管理者にだけ表示を許可する」にチェックをしてください。
     コメントをいただく記事は,どの記事でも良いです。
     【追記】 おそらくですが,再度ダウンロード作業をしていただき,ファイル名が「NkijutsukakomonS57-H9」であれば,文字消えのないファイルです。一度お試しいただければと思います。
     お手数ですが,よろしくお願いします。
     なお,現在は,文字消えのないファイルをダウンロードしていただけます。

    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     







     
     こんばんは@いまだ緊急状態です。

     Appleさん,連絡が遅いっす…。

     気を取り直して,今日も更新です。

     ただし,お知らせです。


     史上最高の問題で商業登記法の記述式問題の解法を学ぶ


     このタイトルで,年内最後の遠征講義をさせていただくことになりました。


     場所は…


     TAC金沢校


     です。

     
    kanazawakokuchi.jpg


     「なぜ金沢校?」と思われるかもしれませんが,行き先について僕に決定権は一切なく,僕は,呼んでいただければ,どこの校舎でも,新しい内容で無料公開セミナーをさせていただいております。


     内容ですが,「史上最高の問題で商業登記法の記述式問題の解法を学ぶ」の通り,今までに数百問も商業登記法の記述式問題を解いてきた中で,最高と考える商業登記法の記述式問題を使用して,解法を学んでいただきます。


     遠征講義ネタですので,基本的に通常の講義やブログに書くことはありませんが,興味がある方は,クリックやコメントをお願いします。


     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!応援クリックよろしくお願いします!!昨日のトラブルが解決されるよう,応援クリックお願いします!!!無料公開セミナーに興味がある皆さんも,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村 

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016/11/22(火) 23:54:04 | | #[ 編集]
    会社法人等番号について
    乗っ取りのその後どうなりましたか?? 私はクレジットカードの不正使用の被害経験があります(爆) 翌日、銀行から連絡が入り直ちに停止したので全く被害無しで済みましたが……。話が変わりますが質問がございまして、標題にあります通り会社法人等番号についてです。商号譲渡ないし相続による変更登記に際して、新たに起こされる事となる譲受人等に関する登記簿に付される番号とは閉鎖される登記簿に記録されていた物と同じ番号なのでしょうか?? メチャメチャしょうもない質問で恐縮ですが宜しくお願いします。
    2016/11/23(水) 16:15:49 | URL | 梅 #-[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016/11/23(水) 21:33:49 | | #[ 編集]
    Re: タイトルなし
    TYさん

     アップルネタは,きっちり全部書くので,乗っ取り防止の方法を学んでください。

     校舎から事務局に企画が上がっていれば,たぶんお伺いできるので,まだ企画が出されていない可能性が高いです…。
    2016/11/23(水) 23:36:43 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: 会社法人等番号について
    梅さん

     クレジットカードの不正利用の被害経験ですか!?連絡してくれるなんて,親切な銀行ですね。

     会社法人等番号についてですが,譲受人又は相続人につき新たに登記記録を起こすことになりましたので,同じ会社法人等番号ではありません。
    2016/11/23(水) 23:41:08 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    海里さん

     やはり,興味ありますよね笑

     色々担当があるんですね。ガラが悪いアーティスト,昔は好きだったんですが…。

     ありがとうございます。とりあえず,仕事に専念できるようになりました!
    2016/11/23(水) 23:45:31 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する