このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    乗っ取り屋と用心棒―AppleIDをめぐる攻防(2)
    【新しい電子書籍】

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

     平成28年(2016年)11月6日17時45分までに,
     記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)をご購入いただいた皆さんへ


     記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)のPDFファイルの一部に文字消えがあることが発覚しました。
     つきましては,文字化けのないファイルをお送りさせていただきますので,ブログのコメント欄にて,メールアドレスをお教えください。
     コメントをいただく際には,注文番号も併せてお教えください。
     また,「管理者にだけ表示を許可する」にチェックをしてください。
     コメントをいただく記事は,どの記事でも良いです。
     【追記】 おそらくですが,再度ダウンロード作業をしていただき,ファイル名が「NkijutsukakomonS57-H9」であれば,文字消えのないファイルです。一度お試しいただければと思います。
     お手数ですが,よろしくお願いします。
     なお,現在は,文字消えのないファイルをダウンロードしていただけます。

    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     




    【今年最後の遠征講義】

     史上最高の問題で商業登記法の記述式問題の解法を学ぶ
     12/11(日) 13:00~14:30 TAC金沢校

     




     
     こんばんは@渋谷です。

     いつもなら@自宅なのですが,明日(もう今日か)合格祝賀会があるので,まだ渋谷にいます。

     「乗っ取り屋と用心棒―AppleIDをめぐる攻防」の連載の続きです。
     
     乗っ取り屋と用心棒―AppleIDをめぐる攻防(1)

     全て,ノンフィクションです。





     
     Appleから返信に迅速に的確に返信したのですが,更に返信が来ることはありませんでした。

     午後5時半まで待って返信が来なかったので,もう一度,iTunesで不正購入の履歴を確認したりしつつ,電話によるサポートを申し込むことにしました。

     Appleの電話によるサポートは,こちら側から電話するのではなく,予約した時間に電話がかかってくるというものです。

     午後5時半の時点で,午後6時15分の枠が予約できたので,予約し,電話がかかってくるのを待ちました。

     電話があったのは,午後6時20分です。ただし,かけてきたのはAppleなのに,そこから15分ぐらい待たされました。

     電話に出たのは,女性の方で,おそらく日本人。もしかしたら,日系の外国人かもしれません。

     Appleの電話によるサポートを受けたことがある方なら分かると思いますが,とても丁寧に優しく対応してくれます。

     でも,もう解決した後だからいえますが,いまいち話が通じない感じ。

     不正購入に関する知識が薄いのか,何となく頼りない感じです(例えば,散々事情を話した後に,既に確認しているはずの本人確認を再度行ったり。)。

     まあ,それは,さておき,事情を聞く中で出てきた課題は,Appleから送信された領収書メールに僕のクレジット情報の一部(クレジットカードの番号の下4桁)が記載されているかどうかを確認することでした。

     「普通書いているだろう」と思うのですが,何通も送られてきた領収書メールには,本文に何も書かれていないものがあったりと結構適当で,クレジット情報についても本当は記載されているそうなんですが,1通を除き,書かれていませんでした。

     その唯一クレジット情報の一部が書かれていためメールにあったクレジット情報を読み上げると,Appleが把握しているものと一致したのですが,ここである事実が発覚しました。

     
     そのクレジット情報の一部(クレジットカードの番号の下4桁)は,見たことがないものでした。


     つまり,僕が持っている2枚のクレジットカードの情報と一致しませんでした。


     電話の女性に,「この番号は,僕のクレジットカードの情報と一致しない」と伝えると,「調べます」と言ったので,待っていたのですが,ここで,意外がことが起きました。


     電話が切れてしまったのです。


     僕が自分で切ったわけではありませんが,原因は不明です。

     
     皆さんならどうしますか?


     電話の女性からのかけ直しを待つか,まだ時間的に再度電話によるサポートの予約をし新しい担当者にまた一から事情を説明するのか,どちらを選びますか?
    (ちなみに,僕から電話をかけ直しても,通常のサポート窓口につながりますので,不正購入の話はできません。)


     途方に暮れました。


     (続く)


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!応援クリックよろしくお願いします!!乗っ取り屋と用心棒―AppleIDをめぐる攻防」の続きが気になる皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    次の行動を勝手に4択化
    ヒロユキの行動
    1.広い心で許してあげる
    2.Apple Storeに怒鳴り込みに行く ←
    3.相手のかけ直しを待つ
    4.再度サポート予約をする
    2016/11/27(日) 10:13:13 | URL | もりもり #-[ 編集]
    Re: 次の行動を勝手に4択化
    もりもりさん

     正解が…入ってます!
    2016/11/27(日) 23:26:38 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する