このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    登記申請の期限・時期
    【新しい電子書籍】

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

     平成28年(2016年)11月6日17時45分までに,
     記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)をご購入いただいた皆さんへ


     記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)のPDFファイルの一部に文字消えがあることが発覚しました。
     つきましては,文字化けのないファイルをお送りさせていただきますので,ブログのコメント欄にて,メールアドレスをお教えください。
     コメントをいただく際には,注文番号も併せてお教えください。
     また,「管理者にだけ表示を許可する」にチェックをしてください。
     コメントをいただく記事は,どの記事でも良いです。
     【追記】 おそらくですが,再度ダウンロード作業をしていただき,ファイル名が「NkijutsukakomonS57-H9」であれば,文字消えのないファイルです。一度お試しいただければと思います。
     お手数ですが,よろしくお願いします。
     なお,現在は,文字消えのないファイルをダウンロードしていただけます。

    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     







     
     
     こんばんは@渋谷です。

     今日は,3コマ9時間の講義でした。

     今回は,ベタすぎる論点ですが,実はまだやっていなかった整理をしましょう。


    【問題】

     以下の1から5までに掲げる登記を申請する場合の期限・時期を明らかにせよ。
     1 指定根抵当権又は指定債務者の合意の登記
     2 特別縁故者不存在確定を登記原因とする持分の移転の登記
     3 担保仮登記に基づく本登記
     4 受戻しを登記原因とする所有権の移転の登記又は仮登記の抹消
     5 清算結了の登記



     
     全て不動産登記法と商業登記法の基本的な知識ですから,この時期でも正解していただきたいです。

     「正解できなかったら?」

     大丈夫です。何の問題もありません。

     今覚えれば良いだけです。でも,今覚えないことは,大問題です。

     

    1 指定根抵当権又は指定債務者の合意の登記



     相続の開始後6か月以内(民法398条の8第4項)


    2 特別縁故者不存在確定を登記原因とする持分の移転の登記



     被相続人の死亡の日から13月の期間の経過後の日(平3.4.12民三2397号)


    3 担保仮登記に基づく本登記



     仮登記原因の日付として登記されている日(仮登記原因に始期が付されているときは,その始期の到来した日)から2か月の期間の経過後の日(昭54.4.21民三2592号)


    4 受戻しを登記原因とする所有権の移転の登記又は仮登記の抹消



    担保仮登記に基づく本登記の登記原因の日付から起算して5年以内の日(仮担法11条ただし書参照,昭54.4.21民三2592号)


    5 清算結了の登記



     清算人の就任日から債権者保護手続に要する2か月の期間が経過した日以後(昭33.3.18民事甲572号)






     いつも書いていることですが,僕は,こういう1問として出題されることはないが,知っておくべき基本的事項の横断的整理(異次元の比較)が大好物です。

     自分ですることどうかは別として,上記のような比較が好きな受験生の方は,短期合格します。

     これは,僕の講師経験に基づく傾向です。


     明日(厳密には今日)は,いつもの講義後にガイダンスがあります

     
     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!応援クリックよろしくお願いします!!異次元の比較」シリーズを希望する皆さん,クリックお願いします!!!そうしましょうっ!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    僕も去年は異次元の比較をやりまくっていました。
    個人的には去年もっとこの企画をブログでやってほしかったですが、仕方がないのでオリジナルをいっぱい作っていました。
    2016/12/17(土) 22:49:03 | URL | 元受講生 #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    元受講生 さん

     元受講生のオリジナルの異次元の比較,めっちゃ興味あります!
    2016/12/18(日) 23:21:21 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    例えば、民法387条の優先する同意の登記は、賃借権の設定について登記がされていることが同条の成立要件の一つですが(2016理論編民法Ⅰp257)、他に賃借権に登記が要求されるものとして、
    ・要役地の賃借人が地役権者になる場合
    (2016理論編不登法Ⅰp291~292)
    ・地上権などがある場合などにおける売主の担保責任
    (2016理論編民法Ⅱp155)
    があります。
    このように、各テキスト&ページ番号も書いて、何だったか思い出せないときはそのテキストやページに飛ぶということをしていました。
    これも「問題化してのテキストの読み込み」の一つです。

    ほかには、会社法でみなし決議(決議の省略が)できるものとして、
    ・取締役会決議
    ・創立総会決議
    ・株主総会決議
    ・清算人会決議
    がある。
    でも例えば監査役設置会社で、取締役会で監査役が異議を述べた場合には決議みなし不可ということを簡単に書き記しておくなど。

    こういったオリジナルなテキストの加工はたいへん面倒くさいですが、私はテキストを読み込めば受かると思っていましたから、直前期のためにこの作業をずっと続けていました。
    他にもいろいろありますが、挙げだすときりがありません(笑)。
    2016/12/19(月) 08:12:52 | URL | 元受講生 #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    元受講生 さん

     比較の内容をお教えいただき,ありがとうございます。ご自身でできたことが実力者の証ですね。
    2016/12/19(月) 21:54:13 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する