このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    早稲田合格答練の解説講義を担当する講師として
    【新しい電子書籍】

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

     平成28年(2016年)11月6日17時45分までに,
     記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)をご購入いただいた皆さんへ


     記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)のPDFファイルの一部に文字消えがあることが発覚しました。
     つきましては,文字化けのないファイルをお送りさせていただきますので,ブログのコメント欄にて,メールアドレスをお教えください。
     コメントをいただく際には,注文番号も併せてお教えください。
     また,「管理者にだけ表示を許可する」にチェックをしてください。
     コメントをいただく記事は,どの記事でも良いです。
     【追記】 おそらくですが,再度ダウンロード作業をしていただき,ファイル名が「NkijutsukakomonS57-H9」であれば,文字消えのないファイルです。一度お試しいただければと思います。
     お手数ですが,よろしくお願いします。
     なお,現在は,文字消えのないファイルをダウンロードしていただけます。

    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     




    【新春無料公開セミナー@関西】

     本試験の的中率が実証する択一式対策講座実践編&記述式対策講座「体験講義」

     1月8日(日) 14:00~15:30 TAC神戸校
     1月9日(月) 14:00~15:30 TAC梅田校 藤岡先生と一緒
     1月16日(月) 19:00~20:30 TACなんば校 中山先生と一緒





     
     

     こんばんは。

     僕は,気付きました。

     早稲田合格答練の解説講義を担当する講師であるのに,あまり答練に関する記事を書いていない。

     僕が講師になって最初に担当したのが,平成15年度司法書士試験に向けての早稲田合格答練の解説講義ですから,僕の解説講義歴は,15年です。

     今期は,答練(早稲田合格答練に限りません。)に関する記事も増やしますので,答練ルートで合格を目指す皆さん,ご期待ください。

     今回は,まもなく開講するステップ答練について書きます。

     ステップ答練は,リニューアルされ,科目別・論点別の答練となりました
     
     僕は,既にステップ答練のほとんどの問題を解いて,解説講義の収録を始めていますが,上記リンク先にあるように,重要論点の網羅性はかなり高いです。

     まずは,ステップ答練で多くの重要論点をマスターし,その後,総合的な問題が出題される答練であるジャンプ答練に進みましょう。

     最後に,ここでは,ステップ答練の出題範囲を示しておきます。無断掲載ですが,怒られないはず汗。


    tourenhani.jpg
    ※ ステップ答練を受講される皆さんは,必ずパンフレットでご確認ください。

     
     昨年度実施された以下のガイダンスでもお話ししましたが,答練に予習は不可欠です。

     答練を活用した合格の戦略!~答練で最新の問題をいかに解くか?~
     ※ 音声にご注意ください。

     皆さんは,本試験という答練のために,約1年間予習をしているのです。

     週末の答練のために,約1週間予習をしましょう。

     厳しい言い方をしますが,
     週末の答練のためにした予習の成果が出せないようでは,
     本試験という答練のためにした約1年間の予習の成果を出すのは難しいです。

     答練は,終わった後に点数に拘る必要は,まったくありません。この思考が理解し難いかもしれませんが,真理です。

     でも,予習段階では,徹底的に出題される論点の習得に集中し,点数を狙いましょう。





     
     ライブクラスは,5日から講義再開です。

     全力で講義しますので,受講生の皆さん,よろしくお願いします!


     では,また。

     
     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!応援クリックよろしくお願いします!!答練に関する記事を希望する皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する