このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    表と裏
    【新しい電子書籍】

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

     平成28年(2016年)11月6日17時45分までに,
     記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)をご購入いただいた皆さんへ


     記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)のPDFファイルの一部に文字消えがあることが発覚しました。
     つきましては,文字化けのないファイルをお送りさせていただきますので,ブログのコメント欄にて,メールアドレスをお教えください。
     コメントをいただく際には,注文番号も併せてお教えください。
     また,「管理者にだけ表示を許可する」にチェックをしてください。
     コメントをいただく記事は,どの記事でも良いです。
     【追記】 おそらくですが,再度ダウンロード作業をしていただき,ファイル名が「NkijutsukakomonS57-H9」であれば,文字消えのないファイルです。一度お試しいただければと思います。
     お手数ですが,よろしくお願いします。
     なお,現在は,文字消えのないファイルをダウンロードしていただけます。

    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     




    【新春無料公開セミナー@関西】

     本試験の的中率が実証する択一式対策講座実践編&記述式対策講座「体験講義」

     1月8日(日) 14:00~15:30 TAC神戸校
     1月9日(月) 14:00~15:30 TAC梅田校 藤岡先生と一緒
     1月16日(月) 19:00~20:30 TACなんば校 中山先生と一緒





     
       
     
     こんばんは。

     今日は,TAC梅田校で,無料公開セミナーでした。

     ご参加いただいた皆さん,どうもありがとうございました!

     【新春無料公開セミナー@関西】も,残すは,TACなんば校だけになりました。


     TACなんば校においても,特別レジュメを用意…おっと今日もまた誰か来たようだ。

     
     



     今日も無料公開セミナー後,ある受験生の方の採点前開示答案を見せていただきました。

     限られた時間の中,精一杯書かれた商業登記法の記述式問題の答案でしたが,珍しいことが起きていたので,お願いして写真を撮らせていただき,ブログに掲載する許可をいただきました。


    omotehenshu.jpg

    urahenshu.jpg


     赤い枠の中をご覧ください。

     「第1欄」を二重線を引いて削除し,そこに「第2欄としてお願いします。」,「第2欄」を二重線を引いて削除し,そこに「第1欄としてお願いします。」と書かれています。

     これで,ちゃんと24点取れています。

     特定答案(誰が書いたかが特定できる答案)にならない限度で,「第○欄として採点して欲しい」旨を記載すれば,そのとおりに採点されたという例です。


     このような扱いがされるとは限りませんので,論点検討が終わり,答案作成を開始するに当たっては,くれぐれも,答案用紙の表と裏の取り違えには注意してください。

     でも,万が一,答案用紙への記載をある程度した段階で答案用紙の表と裏の取り違えに気付いた場合には,「非常手段」として,上記のように書いておくと良いと思います。

     上記の方法にもリスクはありますが,全部に二重線引いて削除し,最初から書き直すことに比べれば,そのリスクは低いです。


     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!応援クリックよろしくお願いします!!僕も皆さんを応援しています!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/01/10(火) 10:22:01 | | #[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/01/10(火) 15:18:43 | | #[ 編集]
    いきなりですが、質問です。

    ①25年6月15日を確定期日とする根抵当権があります。
    ②その根抵当権の債務者に相続が発生しました(24年12月26日)。
    ③指定債務者の合意をしました(25年6月1日)。
    ④登記申請しました(25年6月23日)。


    以上の事実関係で、債務者の相続による変更登記と指定債務者の合意の登記をすることができる…と問題集の解説に書いてましたが、ふと疑問に思いました。

    登記申請日には既に元本確定しているはずなのに、なぜ債務者の変更etcができるのでしょうか?

    教えて下さい!
    お願いいたします!
    2017/01/10(火) 21:20:10 | URL | メタルっ子 #-[ 編集]
    Re: ごあいさつ
    オオモトさん

     そうです,オオモトさんに対してです笑

     頑張って講義についてきてくださいね。
    2017/01/10(火) 22:33:49 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    昨年度の受講生さん

     明けましておめでとうございます。

     ご質問に対する直接の回答としては,ハイレベル問題集は答練をベースに作成されているので,実戦訓練になると思います。

     勉強のストレスが体に影響を与えてはいけないので,無理して勉強することには,僕がいうのも変ですが,反対です。

     僕の講義やブログは逃げませんので,まずは,お体を大切にしてください。
    2017/01/10(火) 22:36:28 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    メタルっ子さん

     合意の登記は,「相続開始後6か月以内に申請」というルールに服しますが,「元本の確定前に申請」というルールには服しません。そのような規定がないからです。

     また,その事例においては,合意の登記の申請を認めることにより,指定債務者が平成24年12月26日(=相続開始日)から平成25年6月15日(=元本確定期日)までに負担した債務を担保する実益があるため,登記の申請が認められています。
    2017/01/10(火) 22:42:54 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する