このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    平成29年度司法書士試験の試験委員の分析
    【新しい電子書籍】

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

     平成28年(2016年)11月6日17時45分までに,
     記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)をご購入いただいた皆さんへ


     記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)のPDFファイルの一部に文字消えがあることが発覚しました。
     つきましては,文字化けのないファイルをお送りさせていただきますので,ブログのコメント欄にて,メールアドレスをお教えください。
     コメントをいただく際には,注文番号も併せてお教えください。
     また,「管理者にだけ表示を許可する」にチェックをしてください。
     コメントをいただく記事は,どの記事でも良いです。
     【追記】 おそらくですが,再度ダウンロード作業をしていただき,ファイル名が「NkijutsukakomonS57-H9」であれば,文字消えのないファイルです。一度お試しいただければと思います。
     お手数ですが,よろしくお願いします。
     なお,現在は,文字消えのないファイルをダウンロードしていただけます。

    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     




    【新春無料公開セミナー@関西】

     本試験の的中率が実証する択一式対策講座実践編&記述式対策講座「体験講義」

     1月8日(日) 14:00~15:30 TAC神戸校
     1月9日(月) 14:00~15:30 TAC梅田校 藤岡先生と一緒
     1月16日(月) 19:00~20:30 TACなんば校 中山先生と一緒





     
       
     
     こんばんは。

     今回は,試験委員を分析しようと思います。

     分析する試験委員は,法務省の試験委員で,かつ,著書がある先生です。

     前回も書きましたが,僕は,基本的に,「試験委員」の観点に基づく出題予想はしておらず,「出題間隔」の観点からの出題予想をしています。

     が,試験委員の先生の著書は,一応読み直してしまいます。チキンだから。


     



    1 坂本三郎先生

     坂本先生といえば,平成26年会社法改正のリーダーでした。

     僕は,平成28年度司法書士試験の試験委員の分析の記事で,以下のように書きました。

     平成27年度よりも,平成28年度対策として,しっかり平成26年会社法改正への対策をすべきだと考えています。
     坂本先生が試験委員になったということは,そういうことです(と思いたい。)。



     平成29年度司法書士試験においても,平成26年会社法改正は,重要と考えます。

     著書としては,以下のものがあります。

     






    2 野口宣大先生

     著書としては,以下のものがあります。
     


     一般社団・財団法人は,商業登記法の択一式問題で出題されるため,僕は,以下の本の方をよく読みます。



     著者である江原健志先生は,平成26年度司法書士試験まで試験委員でした。
      
     平成28年度司法書士試験においては,一般社団・財団法人に関する登記の出題が復活しましたから,平成29年度司法書士試験においても出題されると考えるべきです。






    3 辻雄介先生

     辻雄介先生については,「辻雄介といふ男(敬称略)」という記事を書かせていただきました。

     株主リストが出題される可能性は,高いとしかえいません。





     
    4 筒井健夫先生

     筒井先生といえば,僕の中で,平成15年の民法・民事執行法の改正と平成16年の民法改正です。

     著書としては,以下の本があり,いずれも分かりやすく,何度も読ませていただいております。



     平成15年の民事執行法の改正は,結構難しいので,きっちりやるようにしましょう。






    5 松井信憲先生


     あの松井先生です。

     著著は,あの本です。



     押さえておいていただきたいのは,以下の記事です。

     教えて!松井先生!(2・完)






    6 村松秀樹先生

     著書としては,以下のものがあります。




     平成28年度司法書士試験においては,信託に関する登記が出題されませんでしたので,平成29年度司法書士試験においては注意が必要です。






     以上により,「試験委員」の観点に基づく出題予想によると,平成29年度司法書士試験では,以下の論点が出題される可能性が高いという,「出題間隔」の観点からの出題予想でも導けるようなことが,導かれました。


     …。


    平成26年会社法改正
    一般社団・財団法人法
    平成15年民法改正
    平成15年民事執行法改正
    信託に関する登記




     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!応援クリックよろしくお願いします!!僕も皆さんを応援しています!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する