このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    「迷い」を捨てる。
    【新しい電子書籍】

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

     平成28年(2016年)11月6日17時45分までに,
     記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)をご購入いただいた皆さんへ


     記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)のPDFファイルの一部に文字消えがあることが発覚しました。
     つきましては,文字化けのないファイルをお送りさせていただきますので,ブログのコメント欄にて,メールアドレスをお教えください。
     コメントをいただく際には,注文番号も併せてお教えください。
     また,「管理者にだけ表示を許可する」にチェックをしてください。
     コメントをいただく記事は,どの記事でも良いです。
     【追記】 おそらくですが,再度ダウンロード作業をしていただき,ファイル名が「NkijutsukakomonS57-H9」であれば,文字消えのないファイルです。一度お試しいただければと思います。
     お手数ですが,よろしくお願いします。
     なお,現在は,文字消えのないファイルをダウンロードしていただけます。

    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     








     こんばんは@渋谷です。
     
     
     本当は,「サポートしません。」という記事のその後を書こうと思ったのですが,2日連続ネタはどうかと思ったので,最大限の振り幅で,現場における記述式問題の解答時の時間短縮について書きます。

     近年,普通に問題文を端から端まで読んで,答案用紙を端から端から書いても,1時間では処理するのが難しい記述式問題が出題されています。


     このような記述式問題を解答するに当たっては,「迷い」を捨てることが大切です。


     考え込んだら,終わりです。


     順調に解いても1時間かかるわけですから,迷ったら1時間以上かかってしまい,不動産登記法の記述式問題だったら商業登記法の記述式問題の解答時間が厳しくなり,商業登記法の記述式問題だったら時間切れになります。


     例えば,

     平成28年度の不動産登記法の記述式問題において,

     調停調書に基づいて財産分与を登記原因とする移転の登記の申請に先立って終わるように助言した手続の内容が分からなかったり,

     抵当権の登記の抹消と根抵当権の登記の抹消とを1つの申請情報によって申請することができるか否かが分からなかったり,


     平成28年度の商業登記法の記述式問題において,

     代表取締役の予選が登記をすることできない事項であるかが分からなかったり。


     これらは,悲しいことですが,現場で考えて,悩んで,迷って,結論が出るわけではありません

     思い出すことができる場合はあるかもしれませんが,思い出せるかできるかどうかは分かりませんが,思い出せたとしても,そのために何分かかるか分かりません。

     迷うぐらいなら,

     根抵当権に関する登記の部分や吸収分割に関する登記の部分を1文字でも多く書くべきです。


     現実的に考えてください。


     論点への対処は,事前に解決しておくべき問題です。

     記述式問題こそ,論点への条件反射が必要です。
     

     現場では,以下を徹底してください。

     ・ 迷わないこと。
     ・ 分かる部分・書ける部分に集中して,徹底的に解きぬけること。



     皆さんが,今後,答練や模試を通じて,今回書いたことを実践できますように。


     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!応援クリックよろしくお願いします!!論点への対処を学び,迷いを捨てる皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する