このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    美しすぎる出題実績(3)解答編
    【新しい電子書籍】


    □ 民法の重要判例(平成10年-平成28年)  NEW!!!
              DLmarketで購入

    □ 司法書士試験の過去問【平成28年度択一式試験】  NEW!!!
              DLmarketで購入

    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降) NEW!!!
    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降) NEW!!!
    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】 NEW!!!

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度) 
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。
     
    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     







     
     こんばんは。

     続きをやりましょう。

     「美しすぎる出題実績(3)」です。



     


     美しすぎる出題実績(1)問題編
     美しすぎる出題実績(1)解答編
     美しすぎる出題実績(1)検証編

     美しすぎる出題実績(2)問題編
     美しすぎる出題実績(2)解答編
     美しすぎる出題実績(2)検証編 





     
     まずは,その美しすぎる出題実績を確認しましょう。


    utsukushi3-2.jpg

    utsukushi3-4.jpg


     上記の画像のような出題実績の科目・論点は?

     
     司法書士の業務司法書士法人の業務です。

     もっと具体的に言いますと,司法書士法22条41条関係です。

     「やっぱその論点か~…。」と思った皆さん。


     安心してください。

     記事,揃ってますよ!



     と,その前に,クリックお願いします。その上で,以下で紹介する記事をがっつりお読みいただけると嬉しいです。
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村 


     まず,試験範囲が「司法書士法第3条第1項第1号から第5号までに規定する業務を行うのに必要な知識及び能力」であるにもかかわらず,簡裁訴訟代理等関係業務に関する知識が出題される点については,記事「本試験の司法書士法の問題は,司法書士法が規定する試験範囲を超えていない。」をご参照ください。
     

     次に,ややこしい司法書士法22条や41条を題材とする問題に対してどのように立ち向かえば良いのかについては,記事「司法書士法の対策」をご参照ください。


     



     美しすぎる出題実績(3)検証編は,平成29年度司法書士試験の実施後となります。

     息の長い企画ですが,丁寧に出題予想をした確度の高いものをご紹介しますので,ご自身の対策にお役立てください。

     ところで,皆さん,値頃感ならぬ「出頃感」だけでされた出題予想にはご注意ください。

     「出頃感」に基づく出題予想か否かを簡単に見分ける方法がありますが,知りたいですか?
     

     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!応援クリックもありがとうございます!!「出頃感」に基づく出題予想か否かを簡単に見分ける方法を知りたい皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村 

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/02/23(木) 11:50:26 | | #[ 編集]
    質問
    いつもお世話になっております。
    質問させて下さい!

    根抵当権者A、債務者BCの確定後の根抵当権について…
    債務者Bが債務全てを弁済した後に、債務者Cも債務全てを弁済した場合…にすべき登記は「〇番根抵当権抹消、年月日弁済」のみ(債務者をCのみとする変更登記は不要)…と考えますが正しいですか?

    よろしくご指導御願い致します!
    2017/02/23(木) 17:50:35 | URL | メタルっ子 #-[ 編集]
    その2
    さっきの質問の後に思ったのですが…

    (根)抵当権の抹消登記の前提として債務者の変更登記は省略すると思いますが、根抵当権の債務者の相続の後に抹消する場合は債務者の変更登記をすると思います。

    これ以外に「根抵当権の抹消の前提として債務者の変更登記をする」例外はありますか?

    よろしくお願いいたします!
    2017/02/23(木) 18:25:28 | URL | メタルっ子 #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    にこさん

     法定代理人に対して通知された未成年者のための登記識別情報は,他の登記識別情報と変わりません。

     したがって,ご指摘の場面でも使えます。
    2017/02/23(木) 23:57:49 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: 質問
    メタルっ子さん

    > 根抵当権者A、債務者BCの確定後の根抵当権について…
    > 債務者Bが債務全てを弁済した後に、債務者Cも債務全てを弁済した場合…にすべき登記は「〇番根抵当権抹消、年月日弁済」のみ(債務者をCのみとする変更登記は不要)…と考えますが正しいですか?

     弁済の日が異なる場合は,前提として債務者の変更の登記が必要と思います。
    2017/02/23(木) 23:59:41 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: その2
    メタルっ子 さん

     他に思いつきませんね。講義でも,「根抵当権の債務者の相続の後に抹消する場合」だけ注意するよう言っています。
    2017/02/24(金) 00:01:10 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/02/24(金) 09:28:33 | | #[ 編集]
    確認させて下さい。
    しつこくてすみません。

    初めの質問について…
    もし日付が同一だったら、債務者の変更登記は省略出来るという事でいいでしょうか?
    2017/02/24(金) 11:21:39 | URL | メタルっ子 #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    にこさん

     どういう登記を想定されていますか?

     例えば,AがBの親権者であるとして,ABがCから不動産を購入した旨の登記を,AがBを代理してCとともに申請する場合,Aに対しては,A自身の登記識別情報とBの分の登記識別情報が通知されます。「申請人」と書くか否かと登記識別情報の通知の相手方とは関係ありません。
    2017/02/24(金) 22:54:34 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: 確認させて下さい。
    メタルっ子さん

     省略できると思います。
    2017/02/24(金) 22:55:26 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/02/26(日) 02:41:34 | | #[ 編集]
    Re: タイトルなし
    にこさん

    保存行為として申請した場合は通知されませんが,法定代理人として申請した場合は通知されます。

    その問題集はどっちの場合ですか?
    2017/02/26(日) 03:06:02 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する