このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    『「出頃感」に基づく出題予想』か否かを簡単に見分ける方法
    【新しい電子書籍】


    □ 民法の重要判例(平成10年-平成28年)  NEW!!!
              DLmarketで購入

    □ 司法書士試験の過去問【平成28年度択一式試験】  NEW!!!
              DLmarketで購入

    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降) NEW!!!
    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降) NEW!!!
    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】 NEW!!!

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度) 
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。
     
    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     








     こんばんは@渋谷です。

     今日は,8時間半講義しました。

     夜の講義は,択一式対策講座【実践編】不動産登記法第1回の講義でしたが,僕は,やはり,不動産登記法が大好きです。

     ちなみに,僕が不動産登記法の面白さに目覚めたのは,当時LECさんの蛭町先生(現在は伊藤塾さん)がその教材等においてよく引用されていた,以下の書籍を合格後に読んだときです。

     

     え!?

     この本が1,000円程度で購入できるなんて!!!

     何度も読んでボロボロ(正確には,バラバラ)なので,もう1冊注文しました。






     出題予想の話です。

     出題予想は,「出題間隔」に基づいて行われます。

     それ以外の要素としては,改正の影響ぐらいであり,他の要素は不要です。

     そのため,「値頃感」ならぬ「出頃感」に基づく出題予想であるか否かは,過去の出題実績を正確に捉えていないことにより判明します。


     出題予想の講義や無料公開講座を聴く際,過去の出題実績が正確に捉えられているかどうかに集中してください。


     ある論点は,何年間隔で出題されているのか?
     ある論点が,もう何年出題されていないのか?



     この点に誤りがあれば,その出題予想は,破綻します。


     なお,「出題間隔に基づく出題予想」といっても,いまいち受験生の方にはご理解・ご納得いただけないところです。

     そこで,僕は,以下の書籍において,出題予想の具体的手法を明らかにしています。





     こういった出題予想の具体的手法を示すことができない以上,『「出頃感」に基づく出題予想』といわれても仕方がないでしょう。

     …。

     ごめんなさい。言い過ぎました。

     …。


     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!応援クリックもありがとうございます!!姫野の出題予想の具体的手法が知りたい皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村 

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する