このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    記述式問題の解答についての採点の手順の概要
    【新しい電子書籍】

    □ 法定相続情報証明制度の解説  
              DLmarketで購入
    □ 性犯罪規定に係る改正の解説
              DLmarketで購入 



    【記述式問題対策】

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度) 
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。
    □ 平成30年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集



    【夏のイベント】

    0 電話個別相談会

     初めての試みでしたが,無事終了しました。
     第2回の実施も検討させていただきます!


    1 2017年度本試験分析&2018年度本試験攻略法
     動画:  2017年度本試験分析会&2018年度本試験攻略法
     ※ 音声にご注意ください。

    2 平成29年度本試験分析と記述式問題の解法

     今年も無事終了しました。
     ご参加いただいた全ての皆さんに感謝申し上げます。


    3 中上級者のための合格の方法論
      動画: 中上級者のための合格の方法論
     * 音声にご注意ください。

    4 憲法・刑法の攻略法
      動画: 憲法・刑法の攻略法 
     * 音声にご注意ください。

    5 択一式対策講座【理論編】民法第1回 無料公開講座
      動画: 択一式対策講座【理論編】民法第1回
      * 音声にご注意ください。

    6 秋から始める2018年本試験対策
      動画: 秋から始める2018年本試験対策
      * 音声にご注意ください。

    7 早稲田合格答練を活用した合格の戦略!
      動画: 早稲田合格答練を活用した合格の戦略!
      * 音声にご注意ください。

     
    【担当講座】

    1 上級総合本科生 / 上級総合パック

    2 択一式対策講座【理論編】

    3 パーフェクト講座 憲法・刑法

    4 記述式対策講座

    5 重要先例 総Check講座

    6 択一式対策講座【実践編】


     リンク先をお読みいただくほか,コメント欄にて,何でもご質問ください。





     
     こんばんは。    

     
     以下の記事において,記述式問題の解答についての採点の手順の概要を示すと約束したことを忘れてしまっていました。

     ごめんなさい。

     開示請求答案(記述)募集/平成29年度司法書士試験






     記述式問題の解答についての採点の手順の概要は,次のとおりです。
     
     ※ 真実です。


    (1)  受験者から提出された全ての記述式問題の解答用紙の中から,筆記試験の多肢択一式問題の成績が基準点に達し,記述式問題の解答につき採点の対象となった解答用紙を抽出する。

    (2)  前記(1)のとおり抽出した解答用紙につき,受験番号,氏名等が記載されている部分及び解答部分にそれぞれ同じ整理番号を付した上で,全体を複写する。

    (3)  前記(2)のとおり複写した解答用紙の写しにつき,受験番号,氏名等が記載されている部分と解答部分を裁断して分け,解答部分のみをもっては受験者個人を特定することができないようにした上で,上記の解答部分のみを,採点を行う司法書士試験委員(以下「試験委員」という。)に送付する(試験委員に送付された解答用紙の写し中の解答部分を,以下「採点用解答用紙」という。)。

    (4)  試験委員は,前記(3)のとおり送付された採点用解答用紙を基に採点を行い,各解答の点数を整理番号ごとに一覧化した表(以下「採点表」という。)を作成し,これを司法書士試験を所管する法務省民事局民事第二課(以下「民事第二課」という。)担当者に提出する。




     この後は,どうなるのでしょうか?


     この点,民事第二課は,試験委員から提出された採点表のみに基づいて各受験者の成績の集計等の同課において担任する事務に係る作業を行います。

     もっとも,試験委員が採点に使った「採点用解答用紙」は,民事第二課に回収されています。

     民事第二課は,それを見ることにより,採点基準等を知ることができそうです。

     しかし,民事第二課は,秘密保持のために,各試験委員から回収した「採点用解答用紙」を速やかに廃棄します。


     このため,法務省は,堂々と,以下のとおり言うわけです。


     記述式問題の答案の採点に当たっては,試験問題の作成に携わった試験委員が,自己の専門的知見に基づき,必要に応じて採点の過程において相互に密接に連絡を取り合うなどすることにより,公平性及び妥当性を確保しつつ,採点を行うことになっており,民事第二課の担当者は,採点に全く関与していない

     そもそも,司法書士試験を実施する法務大臣としては,合否を決定するに当たっては,受験者の得点を知れば足りるのであって,具体的な配点等については試験委員に委ねているのであるから,採点基準等を知る必要はなく,採点基準や配点等あるいは模範答案といった採点要領につき,組織として保有する必要もない




     最後に,僕の意見です。


     採点基準等は,法務省としては保有しておらず,試験委員が保有している (←言い切っています。)。


     ところで…

     司法書士試験の担当職員に確認したところ,特定国会議員事務所から説明要請があり,司法書士試験の問題の内容や採点結果等については,外部からの照会には応じていない旨回答したことは記憶しているが,説明要請及びその回答に関してファックスにてやり取りをしたかについては,記憶が定かではないとのことであった。

     
      
     これ知ってる?


     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!応援クリックもありがとうございます!!「姫野調べ」が面白い皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村 
     
    スポンサーサイト