FC2ブログ
    このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    個人番号カード(マイナンバーカード)の証明力


    【最新判例解説講座」始めました。







     
     こんばんは。

     今回は,個人番号カード(マイナンバーカード)の証明力について書きます。






     まず,個人番号カード(マイナンバーカード)が何かというと…

     以下をご参照ください。


       マイナンバーカード総合サイト/マイナンバーカードについて

     
     リンク先においては,「通知カード」との違いもご確認ください。

     簡単にいうと,

     皆さんの住所に勝手に送られてきたのが「通知カード」,それを役所に持っていって交付を受けたのが「個人番号カード」(マイナンバーカード)です。

     次に,個人番号カード(マイナンバーカード)の証明力です。


     1 登記官による本人確認調査の資料となるか? 

     2 資格者代理人による本人確認において,個人番号カードは,本人確認資料となるか?通知カードはどうか?

     3 商業登記において,本人確認証明書となるか?通知カードは,どうか?

     4 供託物払渡請求において,個人番号をカードを提示し,かつ,その写しを添付すれば,印鑑証明書の添付を省略することができます(供託規26条3項2号)。これに対して,通知カードの提示により,印鑑証明書の添付を省略することはできません(平27.12.22民商172号)。




     一つでも不安がある方は,この機会に覚えておいてください。


     では,また。


       「個人番号カード(マイナンバーカード)の証明力に関する設問の正誤」が知りたい皆さん,クリックお願いします(解答等がある場合,反映が遅れている場合があります。期間限定)。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
     スマホをお使いの方は,上記「司法書士試験」をタップし,「姫野寛之」をタップすると,「サイト紹介文」という項目があり,そこが解答等になります。
    2019-08-11.jpeg
    スポンサーサイト