このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    株式会社の発起設立の登記の申請書に添付すべき会社法第34条第1項の規定による払込みがあったことを証する書面の一部として払込取扱機関における口座の預金通帳の写しを添付する場合における当該預金通帳の口座名義人の範囲について
    【新しい電子書籍】


    □ 民法の重要判例(平成10年-平成28年)  NEW!!!
              DLmarketで購入

    □ 司法書士試験の過去問【平成28年度択一式試験】  NEW!!!
              DLmarketで購入

    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降) NEW!!!
    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降) NEW!!!
    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】 NEW!!!

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度) 
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。
     
    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     







     
     
     こんばんは@渋谷です。

     今日は,択一式対策講座【実践編】商法・商業登記法第1回の講義でした。

     会社法,商法及び商業登記法を一問一答編5回でやるので,時間は足りないです…。


     



     今日の講義でも紹介した最新先例をここで紹介します。

     
     株式会社の発起設立の登記の申請書に添付すべき会社法第34条第1項の規定による払込みがあったことを証する書面の一部として払込取扱機関における口座の預金通帳の写しを添付する場合における当該預金通帳の口座名義人の範囲について(平29.3.17民商41号)


     以下,この先例の内容を引用しつつ,説明します。


    1 預金通帳の口座名義人として認められる者の範囲

     預金通帳の口座名義人は,発起人のほか,設立時取締役(設立時代表取締役である者を含む。以下同じ。)であっても差し支えない。
     払込みがあったことを証する書面として,設立時取締役が口座名義人である預金通帳の写しを合てつしたものが添付されている場合には,発起人が当該設立時取締役に対して払込金の受領権限を委任したことを明らかにする書面を併せて添付することを要する。



     この部分を「初めて知った!」という方は,もったいないです。 

     既に,登記研究708号P19小川等・通達準拠P66で明らかにされていた部分であり,平成25年度午後の部第29問ウで出題されているところです。


    平成25年度午後の部第29問3
    H25-pm29.jpg


     発起人である設立時代表取締役の名義の預金通帳の写しでなければならないとする補助者の解答は,誤りです。


    2 発起人及び設立時取締役の全員が日本国内に住所を有していない場合の特例

     登記の申請書の添付書面の記載から,発起人及び設立時取締役の全員が日本国内に住所を有していないことが明らかである場合には,預金通帳の口座名義人は,発起人及び設立時取締役以外の者であっても差し支えない。
     払込みがあったことを証する書面として,発起人及び設立時取締役以外の者が口座名義人である預金通帳の写しを合てつしたものが添付されている場合には,発起人が当該発起人及び設立時取締役以外の者に対して払込金の受領権限を委任したことを明らかにする書面を併せて添付することを要する。



     発起人及び設立時取締役以外の者の名義の預金通帳の写しでも良いのは,「発起人及び設立時取締役の全員が日本国内に住所を有していないことが明らかである場合」です。

     そして,委任状(正確には,「発起人が当該発起人及び設立時取締役以外の者に対して払込金の受領権限を委任したことを明らかにする書面」)が必要な点も注意しましょう。
     
     なお,日本国内に住所を有しない発起人や設立時取締役は,邦銀の海外支店に口座を有するなら,邦銀の海外支店における口座の預金通帳の写し又は取引明細表その他邦銀の海外支店が作成した書面のいずれかを合てつしたものをもって,払込みがあったことを証する書面とすることができます。

     この点については,「会社法第34条第1項の規定による払込みがあったことを証する書面について(平28.12.20民商179号)」という記事をお読みください。

     時期的に考えれば,こちらの先例の方が出題可能性はあると思います。


    3 発起人からの払込金の受領権限の委任

     1及び2の場合における発起人からの払込金の受領権限の委任については,発起人全員又は発起人の過半数で決する必要はなく,発起人のうち一人からの委任があれば足りる。



     発起人からの払込金の受領権限の委任は,発起人全員による委任である必要はなく,発起人のうちの一人からの委任があれば足りるとされています。


     以上です。

     では,また明日。
     

     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!応援クリックよろしくお願いします!!最新先例をチェックできた皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/03/25(土) 00:12:31 | | #[ 編集]
    Re: タイトルなし
    安い酒が一番うまいさん

     合格おめでとうございます!

     また,択一式対策講座【理論編】+記述式対策講座のご受講ありがとうございました。

     改善点,気になります!

     梅田校には8月頃にお伺いすることになると思います汗。
     
    2017/03/25(土) 23:53:44 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する