このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    遺言の文言通りでない登記【解答編】
    【新しい電子書籍】


    □ 民法の重要判例(平成10年-平成28年)  NEW!!!
              DLmarketで購入

    □ 司法書士試験の過去問【平成28年度択一式試験】  NEW!!!
              DLmarketで購入

    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降) NEW!!!
    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降) NEW!!!
    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】 NEW!!!

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度) 
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。
     
    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     








     こんばんは。

     先日の【解答編】です。

     遺言の文言通りでない登記【問題編】
     

     1 遺言の文言が「相続」であるにもかかわらず,登記原因が「遺贈」となる場合を1個挙げよ。
     2 遺言の文言が「遺贈」であるにもかかわらず,登記原因が「相続」となる場合を3個挙げよ。




     以下,分解して検討します。






    1 遺言の文言が「相続」であるにもかかわらず,登記原因が「遺贈」となる場合



     以下の実例が参考となります。

     被相続人の子が遺言書作成時及び相続開始時に生存している場合において,遺言書に「財産を孫に相続させる」という記載があるときの登記原因は,「遺贈」である(登記研究480号P131)。



     平成15年度午後の部第18問アに出題されています。






    2 遺言の文言が「遺贈」であるにもかかわらず,登記原因が「相続」となる場合



     3個あります。

     1個目は,以下の先例が参考となります。

     相続人の全員に相続財産の全部を包括遺贈した場合の登記原因は,「相続」である。



     平成23年度午後の部第27問平成4年度二次試験第16問2で出題されています。

     2個目は,以下の細かい実例が参考となります。これは,完全に択一式用ですね…。

     『甲土地をBに遺贈する。ただし,この遺言の効力発生時において前記受遺者が遺言者の相続人であるときは,「遺贈する」とあるのは「相続させる」と読み替えるものとする。』旨の被相続人Aの遺言がされた場合において,当該受遺者Bが遺言者Aの死亡時にその相続人となっているときは,当該遺言書及びBが遺言者の相続人であることを証する戸籍全部事項証明書等を提供して,甲土地につき相続を原因とするAからBへの所有権の移転の登記を申請することができる(登記研究739号P163)。



     3個目は…


     何と民法6回も出題されている論点です。


     正解は,バナーをクリックするとご覧いただけます。

    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    290327kaitou.jpg



     では,また明日。
     

     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!応援クリックよろしくお願いします!!不動産登記法の記述式問題対策ができた皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/03/27(月) 07:52:17 | | #[ 編集]
    Re: タイトルなし
    森田さん

     前段ですが,その株主総会の議事録には,新たに設けた互選の定めが記載されているので,別途定款の添付を要しないという解釈ではないでしょうか?つまり,定款を株主総会の議事録をもって援用しているイメージです。
    2017/03/27(月) 23:59:19 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/03/29(水) 21:03:34 | | #[ 編集]
    Re: タイトルなし
    森田さん

     はい,どちらでも正解と思います。
    2017/03/29(水) 22:44:50 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/03/30(木) 22:19:25 | | #[ 編集]
    いつもブログ楽しく拝見させてもらってますm(_ _)m
    ところでバナーをクリックしても正解が分からないのですが、何か登録とかしないと見れないのですか?
    2017/04/05(水) 00:00:51 | URL | マイケル スコフィールド #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    マイケル スコフィールドさん

     どの記事でしょうか?

     既に違う記事にある問題の解答に変わっている場合があります。
    2017/04/05(水) 02:05:52 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    遺言の文言通りにならない登記の記事です
    3つあるとの事なんですが
    1つは相続人全員に対する包括遺贈
    2つ目が遺贈と書かれている文言を相続する旨に読み換える
    3つめは民法で6回も出ているという
    大分前の記事なので、バナーをクリックしても正解が出なくて...
    3つ目は民法の994の事ですか?
    2017/04/05(水) 15:05:36 | URL | マイケル スコフィールド #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    マイケル スコフィールド さん

     さすが,マイケル!

     受遺者が遺言者よりも前に死亡した場合(民法994条1項)と受遺者が遺贈を放棄した場合(同法995条)です。

    2017/04/05(水) 17:38:57 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/04/06(木) 09:04:18 | | #[ 編集]
    Re: タイトルなし
    マイケル スコフィールドさん

     こちらこそ,コメントありがとうございます。

     はい,隙間時間にでも見てください。

     でも,見逃したらコメントしてくださいね。

     
    2017/04/07(金) 00:10:51 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する