このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    お疲れ様でした!
    【新しい電子書籍】


    □ 民法の重要判例(平成10年-平成28年)  NEW!!!
              DLmarketで購入

    □ 司法書士試験の過去問【平成28年度択一式試験】  NEW!!!
              DLmarketで購入

    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降) NEW!!!
    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降) NEW!!!
    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】 NEW!!!

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度) 
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。
     
    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     






     
     
     こんばんは。

     出張がなくなって2週間。

     休息の日々を送っています。


     嘘です。


     パソコンが壊れ,民法(債権法)改正が成立。


     バタバタです。

     
     それに加えて。


     仕事の内容は,平成30年度司法書士試験。
     想うは,平成29年度司法書士試験。


     そんな何か矛盾した毎日です。


     皆さん,1週間お疲れ様でした。


     (超)直前期だからといって,飛躍的に勉強時間が延びたり,圧倒的に勉強内容が充実したりすることがないことは,僕には分かります。
    ※ 勉強時間を延ばすことができ,また,勉強内容が充実することは,素晴らしいことです。


     そうです。

     「(超)直前期」に一番盛り上がるのは,予備校講師を含む予備校関係者です。


     日々のお仕事や家事・育児,学業等に何とか折り合いをつけて,設定した課題を淡々とこなしていきましょう。


     もし,設定した課題をこなすことに飽きたら…


     このブログを新しいものから読み返してみてください。


     僕が論点解説の記事を書く基準は,「講義相当」です。


     後で日付や内容の改ざんが可能であるため,「ブログ記事からの出題実績」を完全には示しませんが,結構出題されています。

     
     ブログの読み返しは,息抜きに見えますが,実は,出題可能性が高い論点等の確認です。

     ずっとブログの読み返しを続けていれば,次第に焦ってきて「勉強しないと!」と思えると思います。


     でも,大丈夫。


     ブログの読み返し自体が勉強です。


     では,また。

     来週も頑張りましょう!


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!応援クリックよろしくお願いします!!「ある作業」が楽しみな皆さん,クリックお願いします!!!ハ,ハードルを上げ過ぎたかもしれない…。
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/05/28(日) 17:19:05 | | #[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/05/28(日) 23:35:54 | | #[ 編集]
    Re: 別企業の模試を受けてみました。
    ななしさん

    >抵当権の披担保債権の減額更正の登記は、
    >所有権以外の権利の『消滅』についての仮処分に含まれるとあったのですが、
    >更正登記全般を消滅に含めて考えて大丈夫でしょうか?

     消滅含めて考えてはいけませんし,更正のうち何が消滅で,何が消滅でないかを考える必要はありません。
    2017/05/29(月) 12:43:41 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: やっと終わりました。
    ベテラン受験生さん

     スマホで使える暗記マーカー,便利みたいですね。

     はい,更新頑張りますので,ベテラン受験生さんも頑張ってください!
    2017/05/29(月) 12:46:13 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/05/29(月) 23:23:32 | | #[ 編集]
    Re: タイトルなし
    ななしさん

     例えば,所有権の保存の登記を更正して,登記名義人を追加する場合は,その更正は,「保存」に分類されるぐらいややこしい話ですので,深く考えないようにしましょう。
    2017/05/30(火) 00:34:21 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する