このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    商業登記法の記述式問題の添付書面の攻略(1)
    【新しい電子書籍】


    □ 民法の重要判例(平成10年-平成28年)  NEW!!!
              DLmarketで購入

    □ 司法書士試験の過去問【平成28年度択一式試験】  NEW!!!
              DLmarketで購入

    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降) NEW!!!
    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降) NEW!!!
    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】 NEW!!!

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度) 
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。
     
    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     






     

     こんばんは。

     昨日予告したとおり商業登記法の記述式問題の添付書面の攻略について書きたいと思います。

     まず,確認させてください。

     「時間が足りなくなったら,まず添付書面欄を埋めよ。

     大人の事情であまり詳しく書くことができないのですが,これ,ですからね。

     次に,本題です。

     商業登記法の記述式問題の添付書面の攻略。

     前に簡単に書いたのですが,

     商業登記法の記述式問題の添付書面は,ほぼ問題文に書かれています
     
     ここで「書かれている」とは,当該添付書面を喚起する言葉が書かれているという意味です。

     まず,お馴染みの以下の添付書面は,問題文に書かれています。よく見る添付書面ですし,添付し忘れる(書き忘れる)こともないでしょうから(「定款」は,微妙かもしれません。),具体例は示しません。

     定款(商登規61条1項)
     株主全員の同意書(総株主の同意書)(商登法46条1項)
     株主総会の議事録(商登法46条2項)
     取締役会の議事録(商登法46条2項)
     取締役の一致を証する書面(商登法46条1項)


    ※ ここに「ある添付書面」が欠けていますが,それについては次回以降に書きます。

     次に,募集株式の発行による登記の添付書面についても,ほぼ問題文に書かれています。

    1 募集株式の引受けの申込みを証する書面(商登法56条1号)



     問題文には,以下のように書かれています。

    [平成27年度午後の部第37問の別紙10の6]

    6 募集株式の引受人であるE及びKは,平成27年6月30日に株式会社甲山商事に対して,別紙8のとおりの募集株式の引受けの申込みをした。同日,株式会社甲山商事は,E及びKに対して割当ての通知をした。


     

    2 金銭を出資の目的とするときは,会社法208条1項の規定による払込みがあったことを証する書面(商登法56条2号)

     

     問題文には,以下のように書かれています。

    [平成27年度午後の部第37問の別紙10の7]

    7 Eは,平成27年7月1日に,引き受けた株式につき払込金額の全額を払込取扱金融機関に払い込み,株式会社甲山商事の当該払込取扱金融機関の預金通帳には,当該払込みの事実が記載されているが,同月2日が経過するまでに,Kからは同人が引き受けた株式についての払込みがなされなかった。




    3 資本金の額が会社法及び計算規則の規定に従って計上されたことを証する書面(商登規61条9項)



     問題文には,以下のように書かれています。

    平成27年度午後の部第37問の別紙8の第2号議案の(4)]

    (4) 増加する資本金及び資本準備金の額
       払込金額の2分の1を資本金とし,その他を資本準備金とする。



     
     更に,特殊な添付書面も見てみましょう。


    4 株主名簿管理人との間の契約を証する書面



     問題文には,以下のように書かれています。

    平成20年度午後の部第37問の別紙4の5]

    5 株式会社山田フードとABC信託銀行株式会社との間において,平成20年5月21日付けでABC信託銀行株式会社を株主名簿管理人とする株式事務代行委託契約が締結された。




    5 分配可能額が存在することを証する書面



     問題文には,以下のように書かれています。ただ,これは対価が「金銭」の事例であったため,登記事項にはなりませんでした。

     でも,対価が「新株予約権」や「新株予約権付社債」の事例でも,こんな感じで示されると思います。

    平成21年度午後の部第37問の別紙5の2の(1)]

    2(1) (略) なお,交付された現金については,株式会社さくら商事の分配可能額の範囲内であった。








     このように,問題文には,添付書面は,ほぼ問題文に書かれていますから,問題文を読みながら,添付書面となり得るものについては,四角で囲むとか(僕はこの方法です。),ラインマーカーで線を引く等して,答案作成作業時のために,何からの作業をしておくことをお勧めします。



     ところで,皆さんお気付きでしょうか?



     問題文には,「ほぼ書かれている」のであって,問題文を血眼になって探しても,絶対見つからない添付書面や,今回登場した添付書面を問題文から消失させる出題手法も存在します。


     その添付書面や出題手法が知りたい皆さん,クリックお願いします!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村


     では,また。

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/06/03(土) 17:04:37 | | #[ 編集]
    不動産登記法記述 ダウンロード 平成元年の問題につきまして
    姫野講師

    初めまして。
    いつもブログを拝見させて頂いております。
    また、この度、昭和57年~平成9年までの不動産登記法記述問題をダウンロード致しました。

    平成元年の問題を先ほど解いたのですが、1点解説に疑問がございます。

    3.抵当権に関する登記の申請書
    イ 登記原因につき、
    姫野講師の解説には、「平成29年7月6日順位変更」とありますが、日付は6月30日の間違いではないでしょうか?
    また、通常順位変更では、「年月日合意」のはずですが、こちらも間違いではないでしょうか?

    当方の勘違いでしたら申し訳ございません。

    お忙し中お手数ですが、ご回答願います。

    伊藤
    2017/06/03(土) 19:14:55 | URL | 伊藤 #-[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/06/03(土) 23:11:18 | | #[ 編集]
    Re: タイトルなし
    森田さん

     お話を聴く限り,「決断」の部分を変える必要があると思います。結局,記述式で時間を消費するのは,その部分であるからです。

     不登法の記述式問題であれば,あの「最後に検討する論点」を検討すれば,ビクビクする結果にはならないはずですから,残りの期間では,思いっきり問題を解く訓練をしてみてください。
    2017/06/04(日) 00:33:26 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: 不動産登記法記述 ダウンロード 平成元年の問題につきまして
    伊藤さん

     ご指摘.ありがとうございます。

     ご指摘の件ですが,順位の変更の日が「平成29年6月30日」,承諾の日が「平成29年7月6日」というのが正確でして,解答の登記原因及びその日付は,「平成29年7月6日合意」となります。
    2017/06/04(日) 00:36:33 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: TAC模試第2回を受けて
    YYさん

     手形訴訟で認められる訴えの中での変更は,許されると思います。
    2017/06/04(日) 00:38:37 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/06/04(日) 00:50:46 | | #[ 編集]
    不動産登記法記述 ダウンロード 平成元年の問題につきまして
    姫野講師

    お世話になっております。
    早速のご返答ありがとうございます。

    度々で申し訳ないのですが、資料を確認しますと、別紙4で(根)抵当権順位変更契約が平成29年6月25日にされ、別紙5で承諾が平成29年6月30日となっております。

    7月6日がどこに掲載されているか教えて頂ければ幸いでございます。

    お忙しい中お手数ですが、宜しくお願い致します。
    2017/06/04(日) 06:18:11 | URL | 伊藤 #-[ 編集]
    Re: 不動産登記法記述 ダウンロード 平成元年の問題につきまして
    伊藤さん

    前回の僕の回答どおりに問題文をご修正いただければと思います。

    分かりにくくてごめんなさい。
    2017/06/04(日) 16:15:05 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する