このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    続・午後の部の解答順序(2)
    【新しい電子書籍】


    □ 民法の重要判例(平成10年-平成28年)  NEW!!!
              DLmarketで購入

    □ 司法書士試験の過去問【平成28年度択一式試験】  NEW!!!
              DLmarketで購入

    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降) NEW!!!
    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降) NEW!!!
    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】 NEW!!!

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度) 
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。
     
    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     






     

     こんばんは。

     続きをやりましょう。

     と,その前に。

     思い出してしまいました!

     前に,「午後の部の解答順序」というシリーズを書いたことを…。

     そこで,今回のシリーズを「続・午後の部の解答順序」とさせていただきます。


     午後の部の解答順序(1)
     午後の部の解答順序(2)
     午後の部の解答順序(3・完)

     続・午後の部の解答順序(1)


     では,今回の内容を始めましょう。

     僕が考える理想の解答順序は,次のとおりです。


     択一式問題(第1問から第35問),不動産登記法の記述式問題(第36問),商業登記法の記述式問題(第37問)




     つまり,問題番号のとおりです。


     以下,解説します。

     僕は,常々,「合格者の多数派」につくべきだと考えています。

     そして,上記の順序が,合格者の多数派の順序ですから,上記の順序が最も良いと考えられます。

     ただし,前回書いたとおり,いかに良い解答順序であっても,慣れには勝てませんから,既に解答順序を決定している受験生の方は,解答順序を変えないでください

     僕自身,午後の部の解答は,受験生の頃からずっと記述式問題から解答しています。

     次に,記述式問題の解答順序ですが,僕の経験,そして他の講師の意見,更に合格者の意見を総合すると,ある結論に達しました。


     その結論は,以下のバナーをクリックすると,見ることができます。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
       290327kaitou.jpg






     皆さん,元気ですか? 調子はどうですか?

     何か不安なことがあったら,遠慮なくコメントしてくださいね。

     僕は,最近は,講義もないので,基本書や判例集を読んで勉強したり,資料を作成したりしています。

     あと,講義が全くないくせに,止まらない咳と戦っています。

     …。

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/06/13(火) 12:22:10 | | #[ 編集]
    直前期の勉強方法
    いつもブログ楽しみに拝見してます。
    残り三週間弱。仕事をしながらの勉強であまり勉強量も増えず、毎日TACの択一の実践編を繰り返してる日々です。
    民法総則で代理をどこまで拾うか、など睡眠時間との戦いに明け暮れています。
    そんな中で、記述式をどう対応するかを悩んでます。フルサイズ問題を見直すのは厳しく、ひな形集だけで済ますか、過去問の論点を見直すか、答練の論点まで手を広げるか。
    この時期、どこまでやるべきかをご教示下さい。
    2017/06/13(火) 12:48:29 | URL | もりもり #-[ 編集]
    Re: 試験日までの勉強について
    江田さん

     実践編のテキストでお願いします。
    2017/06/13(火) 21:43:34 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: 直前期の勉強方法
    もりもりさん

     記述式問題については,1日1問とは言わないまでも,論点検討作業だけは定期的に行うようにしてください。

     素材は,記述実践,答練・模試等何でも良いです。記述理論で注意事項や論点のチェックもお忘れなく。
    2017/06/13(火) 21:45:11 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/06/13(火) 23:21:42 | | #[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/06/14(水) 13:04:12 | | #[ 編集]
    Re: 記述について
    YYさん

     もう少し記述式問題の時間をかけても良いと思います。

     その去年手が回らなかった問題は,論点検討作業までやることにすれば,回せるのではないでしょうか?
    2017/06/14(水) 23:04:29 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/06/15(木) 13:53:05 | | #[ 編集]
    Re: 記述について
    YYさん

     頑張りましょう!
    2017/06/15(木) 23:35:55 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する