このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    最も効率的な憲法の判例趣旨問題対策(1)
    【新しい電子書籍】


    □ 民法の重要判例(平成10年-平成28年)  NEW!!!
              DLmarketで購入

    □ 司法書士試験の過去問【平成28年度択一式試験】  NEW!!!
              DLmarketで購入

    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降) NEW!!!
    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降) NEW!!!
    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】 NEW!!!

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度) 
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。
     
    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     








     【平成29年度司法書士試験 解答速報会】  
    2017kaitousokuhou.jpg
    * クリックすると,特設ページに移動します。





     
     こんばんは。

     あと1週間もないこの時期,正直,「憲法の勉強をする時間はない!」という受験生の方もいると思います。

     そういう方も,そうでない方も,今回書くことは,必ず実践してください。


     最も効率的な憲法の判例趣旨問題対策


     これは,圧倒的に少数である法令違憲判決を覚えておき,憲法の判例趣旨問題において,「~とする○○法の規定は,憲法○○条に違反する。」との設問の正誤を判断するというもの。

     「このような原始的な方法が使えるのか?」と思うかもしれませんが,ちゃんと使えますので,今すぐ,以下の法令違憲判決を覚えておいてください。


    1 尊属殺重罰規定違憲判決(最大判昭48.4.4)
     
    2 薬事法距離制限規定違憲判決(最大判昭50.4.30)

    3 衆議院定数配分規定違憲判決(最大判昭51.4.14)

    4 同上(最大判昭60.7.17)

    5 森林法共有林分割制限規定違憲判決(最大判昭62.4.22)

    6 郵便法免責規定違憲判決(最大判平14.9.11)

    7 在外国民選挙権制限違憲判決(最大判平17.9.14)

    8 国籍法規定違憲判決(最大判平20.6.4)

    9 非嫡出相続分規定違憲決定(最大決平25.9.4)

    10 再婚禁止期間規定違憲判決(最大判平27.12.16)




     まだ余裕がある方には,少し効率は落ちますが,正答率を上げる方法があります。

     皆さんには,どれぐらいの時間があるのでしょうか?


     では,また。 
     

     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!応援クリックよろしくお願いします!!もう一つの憲法の判例趣旨問題対策が知りたい皆さん,クリックお願いしますっ!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/06/27(火) 02:09:08 | | #[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/06/27(火) 11:20:28 | | #[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/06/27(火) 13:10:12 | | #[ 編集]
    Re: タイトルなし
    海里さん

     本試験でいかに戦うかということだけを考えて,残りの時間をお過ごしください。

     憲法については,推論はともかく,国会は何とかしておきたいですね。
    2017/06/27(火) 14:23:53 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: 不動産登記法について
    あまなすさん

    1 申請できると指導する予備校があるのを知っていますが,僕は申請できないと考えます。

    2 良いです。
    2017/06/27(火) 14:25:10 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    ななしさん

     分かりやすくいえば,ななしさんのいうとおり「所有権全部」ですが,共有なのに所有権というのはあまり良くなく,正確な表現にするために「A及びBの各持分」にしたのだと思います。
    2017/06/27(火) 14:26:50 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する