このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    相続分の譲渡があった場合の登記手続
    【新しい電子書籍】


    □ 民法の重要判例(平成10年-平成28年)  NEW!!!
              DLmarketで購入

    □ 司法書士試験の過去問【平成28年度択一式試験】  NEW!!!
              DLmarketで購入

    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【会社法及び商法】(平成18年度以降) NEW!!!
    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【商業登記法】(平成18年度以降) NEW!!!
    □  平成29年度対策 司法書士試験の過去問【憲法】 NEW!!!

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度) 
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。
     
    □ 平成29年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。

    □ 株主リスト関係改正の解説 Ver.2.0
              DLmarketで購入
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正を完全解説。法務省発表の書式例・記載例も収録。Ver.2.0においては,平28.6.23民商99号にも対応させ,更に,申請書への記載方法を示しています。
     Ver.1.0をご購入いただいた皆さん,株主リスト関係改正の解説【補足】をダウンロードしていただき,併せてお使いください。

    □ 株主リスト関係通達完全対応問題集
              DLmarketで購入 
     株主リスト及び附属書類に関する商業登記規則の改正についての登記先例をベースに一問一答問題集化。
     








     【平成29年度司法書士試験 解答速報会】  
    2017kaitousokuhou.jpg
    * クリックすると,特設ページに移動します。




     
     
     こんばんは。

     昨日夢を見ました。

     平成29年度の不動産登記法の記述式問題で,「相続分の譲渡」の論点が出題されていました。

     朝起きたら,本当に微妙な気持ちになりました…。

     正夢になるかは分かりませんが,「相続分の譲渡」の論点は,択一式問題で平成15年度以来出題されていませんので,出題可能性は高いと考えます。

     では,超々直前期の論点解説です。


     「相続分の譲渡があった場合の登記手続


     注意点を二つ挙げておきます。


     まず,一つ目の注意点。

     登記原因は,無償の場合は「相続分の贈与」,有償の場合は「相続分の売買」です(登記研究506号P148)。

     相続分の「譲渡」ではないので,ご注意ください。

     参考: 「譲渡」が含まれる登記原因


     次に,二つ目の注意点。

     僕は,「相続分の譲渡」の論点が出題される場合には,相続登記「」に,「第三者」に対して相続分の譲渡がされ,「遺産分割」が行われると考えています。

     おそらく,ほとんどの予備校関係者も同じだと思います。

     そこで,登記手続のポイント。

     上記の出題パターンにおいて,遺産分割の結果,「第三者」が取得した場合,登記の申請件数は,次の「3件」です。起こったことを,いちいち登記にすれば良いです。


     1/3 相続登記
     2/3 相続分譲渡登記
     3/3 遺産分割登記




     これに対して,上記の出題パターンにおいて,遺産分割の結果,「相続人」が取得した場合,登記の申請件数は,次の「1件」です。
     
     1/1 相続登記
     ※ 相続分の譲渡や遺産分割の事実は,登記原因証明情報の内容で証明します。


     以上です。
     
     
     ところで,不動産登記法の添付情報に関する鉄板ルール,知りたくない?


     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!応援クリックよろしくお願いします!!不動産登記法の添付情報に関する鉄板ルールが知りたい皆さん,クリックお願いしますっ!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

     
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/06/30(金) 11:26:08 | | #[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/06/30(金) 12:28:10 | | #[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/06/30(金) 14:26:59 | | #[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/06/30(金) 14:29:05 | | #[ 編集]
    Re: ここへきて
    まままさん

     頑張り過ぎて,体が弱っていたかもしれませんね。

     今は,とにかく体力の回復に努めてください。勉強は禁止です。

     お気遣いありがとうございます。僕は元気ですので,とにかく安静にしてください!
    2017/06/30(金) 22:13:04 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    長崎人さん

     異なる相続人間の相続分の譲渡は,平成15年度の択一式問題にも出題されていましたが,厄介ですね。

     「共同相続人間」は,各相続についての判断ですね。
    2017/06/30(金) 22:14:20 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    名無しさん

     悩ましいですが,明確な先例等がない以上,4/1,000ですね。

     まあ,僕なら,わざと20/1,000で計算したものを消して,4/1,000で計算したものを残しますが笑
    2017/06/30(金) 22:18:29 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する