このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    試験委員Xの憂鬱(2)
    【お知らせ】


    0 電話個別相談会

    【7月10日追記】
     枠が全て埋まりました。ご予約いただいた皆さん,どうもありがとうございます。
     お話しできるのを楽しみにしております。


     7/17(月・祝) → 枠がなくなりました。
     8/5(土) → 枠がなくなりました。
     8/18(金) → 枠がなくなりました。 
     8/25(金) → 枠がなくなりました。  

     

    1 2017年度本試験分析&2018年度本試験攻略法
      7/17(月・祝) 14:00~16:00 TAC渋谷校 
      7/19(水) 18:30~20:30 TAC梅田校

    2 平成29年度本試験分析と記述式問題の解法
      7/29(土) 11:00~12:30 TAC福岡校
      7/29(土) 16:00~17:30 TAC熊本校
      7/30(日) 13:00~14:30 TAC福山校  初めてTAC福山校にお邪魔します。
      8/6(日) 13:30~15:00 TAC大分校  初めてTAC大分校にお邪魔します。
      8/9(水) 18:30~20:00 TAC名古屋校
      8/20(日) 13:00~14:30 TAC高松校
      9/3(日) 13:00~14:30 TAC金沢校

    3 中上級者のための合格の方法論
      8/5(土) 14:00~15:30 TAC渋谷校

    4 憲法・刑法の攻略法
      8/26(土) 17:30~18:30





     
     こんばんは。

     いつもお読みいただき,ありがとうございます。






     この物語は,フィクションです。

     試験委員Xの憂鬱(1)


     *****


     Xは,昼間にしたYとの会話を思い出した。

     たしかに,Yのいう通りだった。

     Yは,優秀な後輩とはいえない。でも,自分は,明らかにYに遠慮している。

     これが,Yの潜在的な能力を考慮してのことなのか,今は分からない。

     相続登記を出題できない理由。

     それは,X自身が気付くべきものであった。

     ある制度が,相続登記の出題を阻害する。

     迂闊に口走った言葉が,自分を苦しめる。


     「制度と試験は関係ない。」


     Yは,一瞬の動揺を隠さず,即座に反応した。

     
     「せ,先輩は,自分たちが作った制度を否定するのですか?」


     否定したつもりはない。

     でも,試験と関係ないわけがない。

     私は,どうすれば良いのだろう。


     ↓ 続きが気になる皆さん,クリックお願いします!!!「何だこれ!?」と思った皆さんも,クリックお願いします!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/07/16(日) 11:37:27 | | #[ 編集]
    「何だこれ!?」また続きか~い!もうこなったらどれだけ引っ張れるか限界に挑戦しよう!!ある意味小説みたいで好き。XとYの背景が気になるし、 「制度と試験は関係ない。」葛藤を感じるXの今後の展開にワクワク!
    2017/07/16(日) 11:55:32 | URL | mogmog #8kSX63fM[ 編集]
    Re: 答え予想
    もりもりさん

     秘密です。
    2017/07/16(日) 22:36:15 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: タイトルなし
    mogmogさん

     続きをお楽しみに!
    2017/07/16(日) 22:36:43 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する