このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    続・「申請事項等」
    【新しい電子書籍】

     □ 法定相続情報証明制度の解説  NEW!!!
              DLmarketで購入 




    【夏のイベント】

    0 電話個別相談会

    【7月10日追記】
     枠が全て埋まりました。ご予約いただいた皆さん,どうもありがとうございます。
     お話しできるのを楽しみにしております。


     7/17(月・祝) 
     8/5(土) 
     8/18(金)  
     8/25(金)   

     

    1 2017年度本試験分析&2018年度本試験攻略法
     動画:  2017年度本試験分析会&2018年度本試験攻略法
     ※ 音声にご注意ください。

    2 平成29年度本試験分析と記述式問題の解法

      7/29(土) 11:00~12:30 TAC福岡校
      7/29(土) 16:00~17:30 TAC熊本校
      7/30(日) 13:00~14:30 TAC福山校  
      8/6(日) 13:30~15:00 TAC大分校
      8/9(水) 18:30~20:00 TAC名古屋校
      8/20(日) 13:00~14:30 TAC高松校
      9/3(日) 13:00~14:30 TAC金沢校



    3 中上級者のための合格の方法論
      8/5(土) 14:00~15:30 TAC渋谷校
      * 動画の配信をお待ちください。

    4 憲法・刑法の攻略法
      8/26(土) 17:30~18:30


    【担当講座】

    1 上級総合本科生 / 上級総合パック

    2 択一式対策講座【理論編】

    3 パーフェクト講座 憲法・刑法

    4 記述式対策講座

    5 重要先例 総Check講座

    6 択一式対策講座【実践編】


     リンク先をお読みいただくほか,コメント欄にて,何でもご質問ください。




       
     
     こんにちは。

     いつもお読みいただき,ありがとうございます。

     択一式試験の基準点も発表されましたし,改めて,今日から論点解説していきます。

     今回は,不動産登記法の記述式問題対策です。

     




     平成28年度司法書士試験の不動産登記法の記述式問題対策として,以下の記事を書きました。

     「申請事項等」(1)
     「申請事項等」(2)
     「申請事項等」(3・完)

     上記の記事は,必ずお読みいただきたいですが,内容をまとめると,次のとおりです。

     すなわち,平成28年度の不動産登記法の記述式問題によると,

     「申請事項等」とは,

     「登記記録の権利者その他の事項欄に記録される事項及び当該記録される事項に含まれない申請人

     をいいます。


     

    登記事項-登記の目的+申請人 = 申請事項等




     そのため,

     「債権者代位に関する事項」は,「申請事項等」として,答案用紙に記載しますが,「所有権の保存の登記を申請する場合における申請条項」や「登記識別情報を提供することができない理由」は,答案用紙に記載しないことになります。

     では,以上の点につき,平成29年度の不動産登記法の記述式問題ではどうだったでしょうか?


     「申請事項等」の定義は,平成28年度と同じです(問1参照)。

     しかし,「答案作成に当たっての注意事項」に,以下の記載があったため,「登記識別情報を提供することができない理由」は,答案用紙に記載する必要がありました。


    H29-pm36-chuui.jpg

     




     現代の司法書士試験は,申請すべき登記の判断が正確にできるだけでは,対応できません

     各記述式問題に用意されたルールに,徹底的に従う必要があります。

     平成29年度司法書士試験の不動産登記法の記述式問題においては,

     ・ 第1欄において遺産分割を登記原因とする持分の移転の登記を前提とする更正の登記をしたというミス,
     ・ 第2欄において住所変更を登記原因とする登記名義人の住所の変更の登記を省略したというミス

     のほか,

     「細かいミス」をしたという受験生の方が,例年よりも多いようです。

     僕も,正直,各記述式問題に用意されたルールに従う場面=答案作成作業というものを甘く考えていたかもしれません。

     2018年度における記述式問題対策を考えるに当たって,答案作成作業を重視した対策を行うこととしています。

     その第1弾として,夏の遠征講義においては,「答案作成上のポイント」をレジュメに掲載しています。


     では,また。 


     ↓ 2018年度司法書士試験の出題に影響がある論点解説に期待する皆さん,クリックお願いします!!!
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村


    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/08/09(水) 20:11:19 | | #[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/08/09(水) 21:29:06 | | #[ 編集]
    Re: 夏の遠征講義
    もりもりさん

     お呼びいただくのが,西日本ばかりでした…。

     ごめんなさい!
    2017/08/09(水) 23:39:11 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    Re: 受講講座のご相談
    記述式対策講座受講生さん

     ご相談ありがとうございます。

     実力があるので,あとは,フルサイズの問題演習で実戦訓練を繰り返してください。
    2017/08/09(水) 23:40:36 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/08/10(木) 00:07:06 | | #[ 編集]
    Re: お礼
    記述式対策講座受講生さん

     頑張りましょう!
    2017/08/10(木) 15:47:11 | URL | 姫野寛之 #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する