このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    続々々・申請順序情報に関する一考察(2)
    【新しい電子書籍】

    □ 法定相続情報証明制度の解説  
              DLmarketで購入
    □ 性犯罪規定に係る改正の解説
              DLmarketで購入 



    【記述式問題対策】

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度) 
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。
    □ 平成30年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集



    【夏のイベント】

    0 電話個別相談会

     初めての試みでしたが,無事終了しました。
     第2回の実施も検討させていただきます!


    1 2017年度本試験分析&2018年度本試験攻略法
     動画:  2017年度本試験分析会&2018年度本試験攻略法
     ※ 音声にご注意ください。

    2 平成29年度本試験分析と記述式問題の解法

     今年も無事終了しました。
     ご参加いただいた全ての皆さんに感謝申し上げます。


    3 中上級者のための合格の方法論
      動画: 中上級者のための合格の方法論
     * 音声にご注意ください。

    4 憲法・刑法の攻略法
      動画: 憲法・刑法の攻略法 
     * 音声にご注意ください。

    5 択一式対策講座【理論編】民法第1回 無料公開講座
      動画: 択一式対策講座【理論編】民法第1回
      * 音声にご注意ください。

    6 秋から始める2018年本試験対策
      動画: 秋から始める2018年本試験対策
      * 音声にご注意ください。

    7 早稲田合格答練を活用した合格の戦略!
      動画: 早稲田合格答練を活用した合格の戦略!
      * 音声にご注意ください。

     
    【担当講座】

    1 上級総合本科生 / 上級総合パック

    2 択一式対策講座【理論編】

    3 パーフェクト講座 憲法・刑法

    4 記述式対策講座

    5 重要先例 総Check講座

    6 択一式対策講座【実践編】


     リンク先をお読みいただくほか,コメント欄にて,何でもご質問ください。




     

     こんばんは。

     続きをやりましょう。


     続々々・申請順序情報に関する一考察(1)


     前回紹介した,平成29年度司法書士試験の申請順序情報には,いくつかの問題があります。

     今回は,その一つを取り上げます。
     

    【平成29年度】

    〔事実関係に関する補足〕
    3 司法書士法務直子は,複数の登記の申請をする場合には,権利部(甲区)に関する登記を申請し,その後に権利部(乙区)に関する登記を申請する。また,司法書士法務直子は,複数の登記を申請する場合には,申請件数及び登録免許税の額が最も少なくなるように登記を申請するものとする。
    4 司法書士法務直子は,権利部(甲区)又は権利部(乙区)の各区において,複数の登記の申請をする場合には,登記原因の日付の古い順に登記を申請し,当該複数の登記の申請のうち登記原因の日付の先後が不明であり,かつ,申請の前後を問わないものがあるときには,申請人の数が少ないものから順に申請するものとする。




     取り上げるのは,「司法書士法務直子は,複数の登記を申請する場合には,申請件数及び登録免許税の額が最も少なくなるように登記を申請するものとする。」という部分。

     もうおなじみの〔事実関係に関する補足〕ですね。


     「それは,申請順序情報ではないのでは?


     …。


     たしかに…。

     でも,今晩のネタは,これでいきます。

     テーマは,答案用紙に,住所移転を登記原因とする根抵当権の変更の登記を申請情報を記載するのかです。

     抵当権は,根抵当権を含む概念であり(そのため,択一式問題では,「抵当権(根抵当権を除く。)」等と表現されます。),また,は,2番根抵当権者である株式会社わかば銀行が依頼者であることから,答案用紙に住所移転を登記原因とする根抵当権の変更の登記の申請情報を書くかどうか迷った方や書いてしまった方がいらっしゃいました。

     書いたことがどのように点数に影響を与えるのかについては,松ちゃんの分析待ちですが(松ちゃん分かりそう?),法務省が上記の根抵当権の変更の登記を正解としていないことは,「平成29年度司法書士試験筆記試験(記述式問題)の出題の趣旨」からも明らかです。
    ※ 法務省が発表する記述式問題の出題の趣旨には,解答例はないものの,「申請する登記」(=答案用紙に記載すべき登記)は全て掲げられています。

     ということで,答案用紙に,住所移転を登記原因とする根抵当権の変更の登記を申請情報を記載するのかに対する解答は,です。

     そして,皆さんがこのことから学ぶべきことがあります。

     今まで解いた記述式問題,これから本試験まで解く記述式問題は,全て皆さんが平成30年度司法書士試験の現場で記述式問題で良い点数を取るためだけに存在しています。

     言い方は悪いですが,全ての記述式問題は,平成30年度司法書士試験の記述式問題の踏み台に過ぎません。

     では,皆さんが上記から学ぶべきことは何でしょうか?
     

      その「学ぶべきこと」は,以下のバナーをクリックすると,見ることができます。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
       290327kaitou.jpg




    スポンサーサイト