このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    不動産登記法の択一式問題における判例趣旨問題の位置付け(1)
    【新しい電子書籍】

    □ 法定相続情報証明制度の解説  
              DLmarketで購入
    □ 性犯罪規定に係る改正の解説
              DLmarketで購入 



    【記述式問題対策】

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度) 
              DLmarketで購入
     この電子書籍については,こちらの記事をご参照ください。
    □ 平成30年度司法書士試験対策 事実関係に関する補足・答案作成に当たっての注意事項集
              DLmarketで購入



    【無料公開セミナーの動画】

    1 憲法・刑法の攻略法
      動画: 憲法・刑法の攻略法 
     * 音声にご注意ください。

    2 択一式対策講座【理論編】民法第1回 無料公開講座
      動画: 択一式対策講座【理論編】民法第1回
      * 音声にご注意ください。

    3 秋から始める2018年本試験対策
      動画: 秋から始める2018年本試験対策
      * 音声にご注意ください。

    4 早稲田合格答練を活用した合格の戦略!
      動画: 早稲田合格答練を活用した合格の戦略!
      * 音声にご注意ください。

     
    【担当講座】

    1 上級総合本科生 / 上級総合パック

    2 択一式対策講座【理論編】

    3 パーフェクト講座 憲法・刑法

    4 記述式対策講座

    5 重要先例 総Check講座

    6 択一式対策講座【実践編】


     リンク先をお読みいただくほか,コメント欄にて,何でもご質問ください。




     
     
     おはようございます。

     書きたいことがいっぱいたまっているのですが,今回は,不動産登記法の択一式問題における判例趣旨問題の位置付けについてです。

    と,その前に。

     電話個別相談会の第2弾を実施させていただくこととなりました。

     詳しくは,以下の記事をお読みください。


     姫野の電話個別相談会




     
     
     皆さんご存知のように,民法だと半分以上,刑法だと全て,商法・会社法・民事訴訟法だと時々,問題文の導入部に「判例の趣旨に照らし」との文言が付された問題が出題されています。

     これに対して,不動産登記法では,問題文の導入部に「判例の趣旨に照らし」との文言が付された問題は,ほとんど出題されていません

     ただ,これが近年は違ってきていて,少しだけ増えている感じです。

     具体的には,平成26年度に2問平成29年度に2問,それぞれ出題されています。

     不動産登記法において,まだ判例が出題されるとの傾向はなく,また,そのような傾向が今後出るとも思えません。

     しかし,判例を題材とする設問が出題される可能性があるのであり,現に出題されており,また,そもそも判例を押さえるのにそれほど労力もかからないため,先回りして押さえておくのが良いと思います。

     ところで,また,民法や刑法以外の科目において,問題文の導入部に「判例の趣旨に照らし」との文言が付される問題には,ある特徴があります。
     

      民法や刑法以外の科目の判例趣旨問題が有する「ある特徴」は,以下のバナーをクリックすると,見ることができます。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
       290327kaitou.jpg

    スポンサーサイト