このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    平成30年度司法書士試験(2)-商業登記法の記述式問題(登記不可事項)
    <夏のイベント等>

    【本試験分析セミナー】
    7/1(日) 本試験当日
    TAC水道橋校 17:30~19:00 

    動画公開: 平成30年度 本試験解答解説会

    【本試験分析セミナー 2018年度本試験分析&2019年度本試験攻略法】
    7/8(日) TAC渋谷校 10:30~12:30 
    7/19(木) TAC梅田校 18:30~20:30 
    ※ご出席の際は,平成30年度(2018年度)司法書士試験問題冊子を各自ご用意ください。

    【姫野の電話個別相談会】
    7/16(月・祝) 16:30~,16:50~,17:10~,17:30~,17:50~,18:10~,18:30~,18:50~,19:10~ (枠がなくなりました。ごめんなさい。)
    8/17(金) 15:00~,15:20~,15:40~,16:00~,16:20~,16:40~
    8/18(土) 17:30~,17:50~,18:10~,18:30~,18:50~,19:10~
    8/24(金) 15:00~,15:20~,15:40~,16:00~,16:20~,16:40~
    8/31(金) 15:00~,15:20~,15:40~,16:00~,16:20~,16:40~
    * Web予約受付期間 7/1(日)17:00~各実施日前日の正午(12時)まで
     → Web予約システム(8月をご選択ください。)

    【姫野寛之 全国出張セミナー 「平成30年度本試験分析と記述式問題の解法」】
    7/28(土) TAC福岡校 11:00~12:30
    7/28(土) TAC熊本校 16:00~17:30
    7/29(日) TAC福山校 13:00~14:30
    8/5(日) TAC大分校 13:00~14:30
    8/19(日) TAC高松校 13:00~14:30
    9/2(日) TAC金沢校 13:00~14:30

    【近未来の改正法の概要等】
    7/16(月・祝) TAC渋谷校 14:00~15:30

    【中上級者のための合格の方法論】
    TAC渋谷校 8/4(土)14:00~15:30 (姫野寛之講師)

    【憲法・刑法の攻略法】
    8/25(土) TAC渋谷校 17:30~18:30


    【新しい電子書籍】

    □ 異なる方法で代表取締役が選定された場合における代表取締役の地位の変動
              DLmarketで購入

    □ 答案作成上のポイント
              DLmarketで購入

    □ 名変登記の処理手順【セット】
              DLmarketで購入

    □ 司法書士試験の過去問【平成29年度択一式試験】
              DLmarketで購入

    □ 司法書士試験の過去問【平成11年度から平成28年度までの択一式試験】
             DLmarketで購入
     この電子書籍については,「【電子書籍】司法書士試験の過去問【平成11年度から平成28年度までの択一式試験】」をご参照ください。

    □ 民法の重要判例(平成10年-平成29年)
              DLmarketで購入
    □ 法定相続情報証明制度の解説  
              DLmarketで購入
    □ 性犯罪規定に係る改正の解説
              DLmarketで購入 




    【無料公開セミナーの動画】
    1 憲法・刑法の攻略法
      動画: 憲法・刑法の攻略法 
     * 音声にご注意ください。

    2 択一式対策講座【理論編】民法第1回 無料公開講座
      動画: 択一式対策講座【理論編】民法第1回
      * 音声にご注意ください。

    3 秋から始める2018年本試験対策
      動画: 秋から始める2018年本試験対策
      * 音声にご注意ください。

    4 早稲田合格答練を活用した合格の戦略!
      動画: 早稲田合格答練を活用した合格の戦略!
      * 音声にご注意ください。

     
    【担当講座】
    1 上級総合本科生 / 上級総合パック

    2 択一式対策講座【理論編】

    3 パーフェクト講座 憲法・刑法

    4 記述式対策講座

    5 重要先例 総Check講座

    6 択一式対策講座【実践編】


    7 択一予想論点マスター講座

    8 予想論点ファイナルチェック



    【本試験分析セミナー 2018年度本試験分析&2019年度本試験攻略法】
    honshikenbunsekiseminar.jpg
    * クリックすると,TAC/WセミナーのHPに移動します。





     
     こんにちは。

     今回は,商業登記法の記述式問題について書かせてください。

     と,その前に。

     夏のイベント等を書かせていただきました。

     直近のイベントとしては,以下のセミナーですが,ご予約いただく必要がある電話相談会もありますので,ぜひ上記<夏のイベント等>をご確認ください。


    【本試験分析セミナー 2018年度本試験分析&2019年度本試験攻略法】
    honshikenbunsekiseminar.jpg
    * クリックすると,TAC/WセミナーのHPに移動します。






     平成30年度 本試験解答解説会でもお話しましたが,今年度の登記不可事項は,株式の譲渡制限に関する規定の廃止であり,その理由は,発行可能株式総数が発行済株式の総数の4倍を超えることでした。

     基本的な平成26年会社法改正の論点ですが,当日の受験生の方のご報告によると,気付けなかった方が多いです。

     その原因として考えられるのは,そもそもこの論点を忘れてしまっていたことのほか,社外性の判断の不正確さや,公開会社化を可能と考えたことにより権利義務役員の退任の登記不可事項と考えてしまったことが挙げられます。

     不動産登記法の記述式問題が内容的にもボリューム的にも落ち着いていて,多くの受験生の方が安定的に得点すると考えられるため,勝負は,商業登記法の記述式問題になると思われます。

     そして,その商業登記法の記述式問題においては,1)株式の譲渡制限に関する規定の廃止を登記不可事項とできた方よりも,2)監査役会設置会社の定めの設定を登記不可事項としてしまった方,3)権利義務役員の退任の登記を登記不可事項としてしまった方,4)登記不可事項に気付けなかった方の方が多いと思われるので,株式の譲渡制限に関する規定の廃止を登記不可事項とできなかったことはそこまで大きなミスではないと思います。

     逆に,株式の譲渡制限に関する規定の廃止を登記不可事項とできた方は,有利です。


     さて。

     ここからは,僕の教材をご確認いただこうと思います。

     まずは,記述式対策講座・商業登記法【理論編】です。

     別紙1の申請会社情報の読み取りパターンを紹介するページです。

     いつも申し上げていますし,また書きますが,記述式問題対策は,暗記です。

     およそ出題されるパターンを覚えておけば良いだけです。

     覚えておかないということは,その場その場のひらめきや思いつきといった不確定なものに頼ることになります。


    kijuturiron72.jpg


     厳しい言い方をさせていただくと,発行可能株式総数が発行済株式の総数の4倍を超えているかを確認できたかどうかで勝負は決まるということです。

     あとは,論点を知るだけです。


    kijuturiron176.jpg


     「講義受けてないしな~」って思った皆さん。

     ブログで,「平成26年会社法改正と登記不可事項」という電子書籍を配信したことがあります。


    H26kaisei-1.jpg


     そこにもちゃんと掲載されています。

     1個目に紹介しています。


    H26kaisei-2.jpg


     平成30年度の商業登記法の記述式問題は,社外性の判断も含め,平成26年会社法改正の論点が中心でした。

     このことは択一式問題でも同じで,午前の部第30問の教授の第2質問午前の部第34問イ午後の部第32問イで平成26年会社法改正が出題されています。

     僕は,今後も平成26年会社法改正の論点が出題されると考えています。

     まだ出題されていない論点も多い,重要な改正だからです。


     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!「平成26年会社法改正と登記不可事項」の配信を希望する皆さん,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    スポンサーサイト