FC2ブログ
    このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    賃料債権と賃料債務
    【令和2年度(2020年度)対策の電子書籍】

    ・ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)[民法(債権関係・相続関係)改正対応版]
    * 関連記事: 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度) [民法(債権関係・相続関係)改正対応版]




    【秋から始める2020年度本試験対策】







     
     こんにちは。

     先日,多数当事者間の債権及び債務に関する記事を書きました。


     ソーセージマン


     今回も,多数当事者間の債権及び債務について書きます。

     いきなり問題を出すのも面白くないので,先に重要判例の解説を行いましょう。

     解説するのは,共同相続に係る不動産から生ずる賃料債権の帰属と後にされた遺産分割の効力に関する最判平17.9.8です。

     この判例においては,相続人が数人ある場合に,相続開始から遺産分割までの間に遺産である賃貸不動産から生ずる賃料債権が誰に帰属するかが問題となりました。

     判例は,遺産は,相続人が数人あるときは,相続開始から遺産分割までの間,共同相続人の共有に属するものであるから,この間に遺産である賃貸不動産を使用管理した結果生ずる金銭債権たる賃料債権は,遺産とは別個の財産というべきであって,各共同相続人がその相続分に応じて分割単独債権として確定的に取得するとしています(最判平17.9.8)。

     そして,遺産分割は,相続開始の時にさかのぼってその効力を生ずるものであるが,各共同相続人がその相続分に応じて分割単独債権として確定的に取得した上記賃料債権の帰属は,後にされた遺産分割の影響を受けないとしています。

     賃貸人が死亡した場合の賃料債権は,共同相続人の分割債権

     これをしっかり覚えておきましょう。

     平成30年度午前の部第22問ウ,平成25年度午前の部第9問エ,平成21年度午前の部第23問オに出題されています。

     ここで,問題です。

    【問題】

     以下の賃料債権及び賃料債務の性質を考えてください。
    1 A及びBがCに不動産を賃貸している場合における,A及びBの賃料債権
    2 AがDに不動産を賃貸している場合において,Aが死亡し,B及びCがAを相続したときにおける,B及びCの賃料債権
    3 AがB及びCに不動産を賃貸している場合における,B及びCの賃料債務
    4 AがBに不動産を賃貸していた場合において,Bが死亡し,C及びDがBを相続したときにおける,C及びDの賃料債務





       『【問題】の解答』は,以下のバナーをクリックすると,見ることができます(反映が遅れている場合があります。)。
     にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村

    2019-08-11.jpeg
    スポンサーサイト