FC2ブログ
    このブログは,多くの受験生の方が司法書士試験に合格するために開設しました。
    「記述式対策講座」体験講義
     【令和2年度(2020年度)対策の電子書籍】

    □ 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度)[民法(債権関係・相続関係)改正対応版]
    * 関連記事: 記述式過去問集【不動産登記法】(昭和57年度~平成9年度) [民法(債権関係・相続関係)改正対応版]
    □ 2020目標 不動産登記法の記述式問題対策 答案作成上のポイント






    【秋から始める2020年度本試験対策】






     

     こんばんは。

     第2回奨学生選抜試験が実施されます。

     

     そして,その後14時からは,「記述式対策講座」体験講義が実施されます。

     「記述式対策講座」体験講義
     11/4(月・祝) 14:00~15:30



     今年度の記述式対策講座は,じっくりと論点と解法をマスターしていただくために,年内の択一式対策講座【理論編】の直後に実施することとしています。

     何度も何度も申し上げていることですが,一定時間で本試験サイズの問題を解き,その解説を聴くだけでは,十分な論点も解法もマスターすることができません

     記述式問題の解法は,過去問・答練・模試等の膨大な記述式問題の上に成り立つものです。

     そして,僕は,受験生の頃から膨大な記述式問題を演習,そして研究し,問題の形式を問わず対応できる解法を構築しました。

     記述式問題対策は,「暗記」です。

     ひらめきや思いつきに頼るものではありません。

     未体験の不安や焦りが襲いかかる本試験の現場においては,しっかり暗記された解法が皆様を救います。

     想像してみてください。

     皆様を苦しめる記述式問題を,目の前の情報に処理手順を機械的に当てはめるだけで,申請すべき登記が明らかになる状態を。


     ところで,「記述式対策講座」体験講義で使用する資料には,平成11年度の不動産登記法の記述式問題のほか,論点別問題が2問掲載されているのですが,平成31年度(2019年度)対策の「記述式対策講座」体験講義で使用した資料で取り上げた論点の一つが,平成31年度(2019年度)に出題された以下の論点でした。


     所有権の登記名義人Aが死亡し,Aの法定相続人がB及びCのみである場合において,Aの遺産の分割の協議がされないままBが死亡し,Bの法定相続人がCのみであるときは,CはAの遺産の分割をする余地はないことから,CがA及びBの死後にAの遺産である不動産の共有持分を直接全て相続し,取得したことを内容とするCが作成した書面は,登記原因証明情報としての適格性を欠く(平28.3.2民二154号)。


     
     参考: 平成31年度(2019年度)対策の「記述式対策講座」体験講義で使用した資料


     無料のセミナーに出席して,本試験で出題される論点の記述式問題を得ることができるなんて,お得だと思いませんか?


     もちろん,令和2年度(2020年度)の不動産登記法の記述式問題で出題される論点も,当てにいきます。


     お忙しいところ恐縮ですが,ぜひご参加ください。

     「記述式対策講座」体験講義の内容だけで,皆様の記述式問題の点数を上げてみせます。

     では,また。


     ↓ いつも最後までお読みいただき本当にありがとうございます!記述式対策講座が気になる皆様,クリックお願いします!!!
    にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト